このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

コウノドリはどんなドラマ?

あの“奇跡”のヒューマン医療ドラマが帰ってくる──
講談社「モーニング」で人気連載中の鈴ノ木ユウ・原作
金曜ドラマ『コウノドリ』
テーマは“生まれること、そして生きること”

命が「生まれる」という“奇跡”とは…
その命を育て、「生きること」とは…

生まれてきた全ての人へ捧ぐ
いとおしい「命」の物語がふたたび─

コウノドリ ネタバレ8話のあらすじ

ペルソナで、吸引分娩での出産を控えている風間真帆(芦名 星)。サクラ(綾野剛)や小松(吉田羊)と共に、新生児科医として白川(坂口健太郎)が寄り添っていた。
最近、新生児科医として経験が増えてきている白川は、同期の下屋(松岡茉優)に、全ての赤ちゃんを救うためにも、医者としてもっと上を目指すべきだと熱く語る。
しかし、そんな白川の最近の様子を見て今橋(大森南朋)は、自信がつき始めたことで周りが見えなくなってしまわないかと心配をしていた。
そんな矢先に、白川に重大な出来事が起こる。
ある日、四宮(星野 源)の妹の夏実(相楽 樹)から四宮の実家がある石川県の能登の町で、唯一の産科医として働いている四宮の父(塩見三省)が倒れたという連絡が来る。
急遽地元に帰ることになる四宮だが─。

<スポンサーリンク>

コウノドリ ネタバレ8話

進むべき道はどこ?

四宮(星野源)はBABYのライブに来ていた。そしてBABYの正体がサクラ(綾野剛)だということにも気付いていた。四宮は大学の胎盤早期剥離の研究を手伝っていると言った。サクラは知っていた。四宮は早剥が原因で命を失ったつぼみちゃんの一件があってから研究を続けていたのだ。そして、研究に専念しないかと誘われていた。サクラは「いいと思う」と四宮を応援した。その時、四宮の妹から「父親が倒れた」と連絡が入った。

白川(坂口健太郎)は下屋(松岡茉優)に武勇伝を語っていた。学会や研究会に出席し、ペルソナのNICUはまだまだだと感じていた白川。そして最先端の医療に携わり、技術を身に着け、ワンランク上の新生児科医になりたいと語った。

四宮は石川県能登の実家へ帰った。倒れて検査入院するはずの父親(塩見三省)だったが、「自分の体は自分が1番よくわかっている。」と言い、普段通り働いていた。

過信

風間真帆(芦名星)は羊水混濁もあり、お産の進みがあまり良くなかった。胎児の心拍が戻らず吸引分娩になった。白川と研修医の吾郎(宮沢氷魚)も駆け付け、赤ちゃんは無事生まれたが、仮死状態だった。NICUに運ばれた赤ちゃんは呼吸が上手くできず人工呼吸器を付けたが、全身に酸素が行き渡らず、恐らく新生児遷延性肺高血圧症だと思われると白川は説明した。お産のストレスで肺に血液が流れづらい状態が続き低酸素になっていて、今は一酸化窒素吸入療法という肺に血液が流れやすくなる強力な治療をしていると聞き、不安になる真帆と夫の陽介(高橋努)。「治るんですよね?」と聞く陽介に「順調にいけば3.4日で回復します。この治療に関して言えば、僕はこの病院で一番経験がありますし、学会発表などもして詳しい治療ですので安心して下さい。」と胸を張って答える白川。真帆は不安な顔で赤ちゃんを見つめていた。

今橋(大森南朋)に真帆の赤ちゃんについて説明したサクラ。今橋は、最近の白川についてどう思うかサクラに尋ねた。サクラは、頼りになるけど少し心配な時期だと思っていた。今橋も「自信がついてくると自分の考えに固執してしまうからね。」と言い、白川を心配した。

一方、実家に帰っている四宮は、父親に「なんで治療に専念しないんだ。」と言った。父親の病院の院長から父親が肺がんのステージ4だと聞かされた四宮は産科医を引退して治療に専念することを勧めた。しかし、父親は「この町を子どもが産めない町にはさせない」と考え、この町の妊婦たちのために引退する気はなかった。しかし四宮は「だったら生きろよ!」と言った。

陽介はNICUに赤ちゃんの様子を見に来た。しかし、赤ちゃんの回復は遅かった。「この治療をすれば良くなるんですよね?」と心配する陽介に、白川は「大丈夫です。」と答えた。吾郎は一酸化窒素治療の効果が見られないことに疑問を感じていた。

真帆は赤ちゃんが病気になったのは自分のせいだと責めていた。サクラは、「今度声を掛けてあげる時はこう声を掛けてあげて下さい。『すごいね、がんばってるね。』って。赤ちゃんに繋がれているたくさんの管は赤ちゃんが今一生懸命頑張っている証です。お母さんが引け目に思うことは何1つないし、頑張り屋さんの赤ちゃんを誇りに思って下さい。」と伝えた。真帆は涙を流し「はい。」と言った。

しかし、状態がよくならない赤ちゃん。吾郎は他の病気も疑った方がいいのでは?と言った。看護師が今橋先生に相談した方がいいのでは?と提案したが、白川は「その必要はない。」と強く断った。

四宮の父親は「この町のお産を守ることが使命だと思っている。だから最期までやらせてくれ」と言った。「勝手にするといいよ。」と四宮は言った。

誤診

真帆の赤ちゃんはのレントゲンを撮ると、肺が白く写った。赤ちゃんを心配した看護師が今橋に相談をしていた。今橋はエコーで再診した。そして肺の疾患ではなく、生まれつきの心臓病・総肺静脈還流異常症で大至急手術が必要だと判明した。呆然とする白川。風間夫婦に病状を説明する白川。陽介は「それって医療ミスですよね?」不快感を露わにした。言葉に詰まる白川。風間夫婦の赤ちゃんは講談医大に搬送されることになった。白川は風間夫婦は自分が付き添うことを嫌がるだろうと思い、他の医師に付き添いを頼もうとした。しかし、今橋は「責任持って最後まで見届けない!君は過ちを犯した。自分の実力を過信して赤ちゃんの命を危険にさらした。自分の過ちから逃げるんじゃない。」とそれを許さなかった。搬送中、真帆は「かおる」と名付けた赤ちゃんに「すごいね。頑張ってるね。」と一生懸命声を掛けた。搬送先の病院では「もうこっちでやるから帰っていいよ。」と白川は早々に帰るよう促された。自分の情けなさを思い知る白川。風間夫婦にも声を掛けることができず立ち去った。そこで以前ペルソナのNICUで一緒に働いていた新井(山口紗弥加)と再会した。新井は講談医大の小児科でバイトをしているのだ。白川は新井に今回の過ちの話をした。「俺が悪いんです。俺の責任です。」と言う白川に、新井はすかさず「もちろんそうよ、アンタが悪いに決まってるでしょ。…って言われたいんでしょ?」と言った。新井にも同じ経験があった。その時新井はとてもみじめになり、悔しくてもっと経験積んで勉強して無敵の新生児科医になると決意したのだ。新井は結局バーンアウトしたが、やっぱり子どもが好きで、どんな子どもにも未来や可能性があるから自分ができることを精一杯してあげたいと思っていると笑顔で語った。鉄仮面だと思っていた新井の笑顔を見て驚く白川。「ペルソナの赤ちゃんたちがアンタのこと待ってるよ。」と新井に言われ、白川はペルソナに戻った。新井はサクラに電話した。サクラに白川に話をするようにお願いされていたようだ。四宮も実家から戻ってきた。白川は今まで通り仕事をこなしていた。白川は退院する真帆にすれ違った。そして「力及ばず、申し訳ありませんでした。」と謝罪した。真帆は「お世話になりました。」と言って立ち去った。

成長するために進むべき道

白川は「悔しいです。」と泣いていた。今橋は「その気持ち、忘れないでね。」と言った。白川は下屋と屋上で話した。そしてペルソナを辞めると言った。今回のことで自分がペーペーだと痛感した白川は小児循環器科に行き「先を目指す」と決めた白川。そして「最強の新生児科医になる」と宣言した。

人員不足は深刻だが、今橋は「医師として進むべき道を見つけて成長したいと願っている大切な後輩の背中を押してあげたい」と言った。四宮は神妙な面持ちでその話を聞言っていた。サクラは四宮を見つめた。

四宮の妹から父親が病院に搬送されたと連絡が来た。父親は大丈夫だろうか…

コウノドリ2ネタバレ8話の感想

白川先生~いなくなっちゃうのかぁ。四宮先生もどこかに行ってしまいそう…。ずっと同じ場所に留まってたら成長できないのもわかるけど、やっぱり淋しい。白川先生は全シリーズから生意気で自信家でお坊ちゃまって感じだったけど、今シリーズでは周りからも信頼されるようになって、ちょっと過信しすぎちゃいましたね。慣れてきて自身がついてきた頃に大きな失敗をしてしまうのは医者に限ったことじゃなく、誰でもあることなんじゃないかな?私もあります!今思い出すと、恥ずかしいし申し訳ないし、白川先生の気持ちがよ~くわかります。完璧な人間なんていないです。みんな失敗して、そこからどう立ち上がるかが重要だと、今橋先生は教えてくれたんじゃないかなと思います。今橋先生、いきなり大きい声出すからびっくりしたわ!!いつも優しい人が怒ると絶大な効果がありますよね。私なんていつも怒ってばっかりだから全然効果ない~(笑)

四宮先生はもしかして能登に帰ってしまうのだろうか。お父様の「この町のお産を守ることが使命だと思っている。」という思いを継いで帰ってしまう気がする。帰る前に、しのりんの「お嫁サンバ」が聞きたいです…!

コウノドリ2の8話の見逃し配信の情報

コウノドリ2の8話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

コウノドリ2の相関図

コウノドリ2 相関図

コウノドリ2のキャスト

鴻鳥サクラ 綾野 剛

下屋加江   松岡茉優
小松留美子 吉田 羊
白川 領   坂口健太郎

大澤政信   浅野和之
向井祥子   江口のりこ

四宮春樹   星野 源

今橋貴之  大森南朋

 

この記事を書いた人

コウノドリ2
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング