このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

コウノドリのシーズン2も10話まできました。

コウノドリ ネタバレ10話はこちらです。


<スポンサーリンク>

コウノドリはどんなドラマ?

あの“奇跡”のヒューマン医療ドラマが帰ってくる──
講談社「モーニング」で人気連載中の鈴ノ木ユウ・原作
金曜ドラマ『コウノドリ』
テーマは“生まれること、そして生きること”

命が「生まれる」という“奇跡”とは…
その命を育て、「生きること」とは…

生まれてきた全ての人へ捧ぐ
いとおしい「命」の物語がふたたび─

コウノドリ ネタバレ10話のあらすじ

別のクリニックで出生前診断を受け、21トリソミー陽性と検査結果が出た妊婦の高山透子(初音映莉子)と夫・光弘(石田卓也)がサクラ(綾野 剛)の元を訪れる。
透子と光弘に確定検査である羊水検査について説明するサクラは、お腹の中の赤ちゃんについて「二人で向き合い、決めていくことになる」と告げるが、動揺する透子と光弘に「これからのことを一緒に考えよう」と寄り添い支える。
一方で、サクラと今橋(大森南朋)は、出生前診断を受けたもう一組の夫婦、明代(りょう)と夫・信英(近藤公園)のカウンセリングを行う。こちらの夫婦は羊水検査でダウン症候群との診断を受けていたのだ。サクラと今橋を前に明代は“ある決意”を告げる。
2組の夫婦の選択に、サクラはどう向き合い、どう寄り添っていくのか。
命について、思い悩むペルソナメンバーたちに、サクラは自らの“ある想い”を告げる──。

<スポンサーリンク>

コウノドリ ネタバレ10話

出生前診断後の選択

高山透子(初音映莉子)はNIPT(新型出生前診断)の結果、21トリソミー(ダウン症候群)が陽性と診断された。検査を受けたクリニックでは詳しく対応してもらえず、透子と夫の光弘(石田卓也)はサクラ(綾野剛)の元を訪れた。透子は胎児の疾患をはっきりさせるため羊水検査を受けることになった。サクラは疾患が分かったらどのように受け止めるか、赤ちゃんを諦めることも含め2人で現実に向き合って決めていく必要があることを伝えた。そして「僕たちはどんな決断になっても高山さんを支えていきます。」と言った。

一方、辻明代(りょう)もまた、羊水検査の結果、胎児が21トリソミーであることが分かった。明代は出生前診断を受けようとした時から、赤ちゃんに何らかの疾患が見つかったら中絶することを希望していた。しかし、辻夫婦は今後について何度話し合ってもまだ迷うと話した。明代は産みたい気持ちはあるけど「私たちには育てられないと思います。」と言った。今橋(大森南朋)は「疾患のあるお子さんを育てられる自信が最初からあるご家族なんていないと思います。人がそれぞれ違うようにダウン症のあるお子さんも1人ひとり個性があります。育ててらっしゃるご家族にもそれぞれの思いがあるでしょう。」と言った。しかし、辻夫婦は弁当屋を営んでおり、疾患のある子どもの世話にかかりきりになったら生活が成り立たなくなるから育てるのは無理だと思っていた。

今橋と白川(坂口健太郎)は病院玄関で木村弓枝(奥山佳恵)と会った。息子の壮真(山田楽士)はダウン症だ。弓枝はたくさんの人の協力を得て仕事復帰をした。色んな人のお世話になるについて考えることもあるが、今橋に「ママさんが、ママさんらしく生きることを諦めるのは壮真君だって望んでない」と言われ、弓枝は笑顔で去って行った。

四宮(星野源)の妹・夏実(相楽樹)が四宮に会いに来た。肺がんの四宮の父・晃志郎は最近調子が良いようだ。夏実は晃志郎に頼まれて、四宮の「へその緒」を渡した。

高山夫婦は羊水検査に訪れた。高山夫婦はまだ実感がなく心の準備ができていなかった。サクラは出生前診断は赤ちゃんの情報を知り向き合う検査だと話し、助産師の小松(吉田羊)は「時間がない中で受け止めるの難しいのわかるよ。けどしっかり向き合っていこうね。」と言った。

医局では新型出生前診断について話していた。倉崎(松本若菜)は新型出生前診断に罪悪感や嫌悪感を抱く人が多いが、親になる前にわが子の情報を集めることは悪い事か?疾患があるとわかって中絶することについてなぜ批判的な人が多いのか?生まれてくるわが子の情報を知る権利について理解して欲しい。と言った。四宮は、赤ちゃんの情報を知った後どうするかを決めずに、気楽に出生前診断を受けるのは無責任だと言った。サクラは神妙な面持ちだった。

羊水検査の結果、高山夫婦の赤ちゃんは「21トリソミー ダウン症候群」と診断された。高山夫婦の両親は今回は諦めた方がいいのでは?と言った。

弓枝は今橋の元を訪れていた。友人が出生前診断を受けるか悩んでいると相談した。弓枝は、一部の染色体疾患だけがわかる出生前診断で、なぜ壮太のようなダウン症だけはじかれることに疑問を持っていた。このまま検査が当たり前になったらダウン症の子どもがいなくなってしまうのでは?と愛おしそうに壮真を抱きしめて複雑な思いを口にした。

決断

辻夫婦は何度も話し合い、中絶を決心していた。「本当にいいのか?」と聞く夫・信英(近藤公園)に明代は、自分たちがいなくなった後に長女・愛莉に全部任せることなんてできない。と言った。

小松は同期の助産師・武田京子(須藤理彩)の家を訪れていた。妊娠中の武田になぜ出生前診断を受けなかったのか聞くと、武田は「悩むのが怖いから。どんな子どもでも受け入れる!自分の子どもなんだから。口で言うのは簡単なんだけどね。」と言った。そして、出生前診断で疾患があったお母さんたちには、その選択に助産師としてただ寄り添うだけだと言った。

明代は中絶することをサクラに伝えた。中期中絶は薬を使って人工的に陣痛を誘発する。人工死産は体への負担だけでなく、お母さんの心にも負担がかかる。「私のことはいいんです」と言う明代に、小松は「辻さんの体も大事だよ」と伝えた。

四宮は父親から渡されたへその緒を見つめていた。小松はへその緒は「お守り」だと話し、「お父さんの気持ちだね。しのりんを守ってくれますようにっていう。」と言った。

透子は迷っていた。透子は3年間の不妊治療の末に授かった赤ちゃんを諦めきれずにいた。同時にダウン症児を育てることにも不安を感じていた。サクラは「どんな選択をしても後悔はあると思います。その後悔を減らすためには、しっかり悩んで決断してその決断の中で赤ちゃんに何をしてあげられるかを考えることです。」と言い、夫婦で向き合って答えを見つけてと伝えた。

明代は胎動を感じた。後日、明代は誘発剤で陣痛をおこし、人工死産をした。明代は最後に赤ちゃんを抱きたいと希望した。中絶を終えた明代は、抱っこした赤ちゃんはすごく小さくて、でも温かかったと泣いた。

透子は光弘にダウン症のことを知って欲しいと伝え、どんな結論になってもいいから夫婦2人で考えようと言った。

白川はNICUに入院中のめいちゃんの様子を見て、もっとお母さんが来てくれたらいいのにと思っていた。今橋は、医学の進歩で昔は救えなかった命が救えるようになったこと喜ぶべきことだが、それに苦悩する家族もいる。命を救うってどういうことなんだろう。と話した。白川は「NICUの卒業生やご家族を見ていると俺も頑張らなきゃと思う。卒業することがゴールじゃない。その後に続く赤ちゃんとご家族の人生に寄り添うことが俺たちの仕事だと今橋先生が教えてくれた。」と言った。白川は小児循環器科の面接を受けた。そして、尊敬する今橋先生のようになりたいと思い、別の知識や技術を身に着けて1つでも多くの命を救えるようになりたいと言った。

明代は中絶した我が子の棺を抱え退院した。サクラは「産科医として避けられないこと。ご家族が幸せになるための選択だと自分に言い聞かせている。でもさ…僕は赤ちゃんが好きだから。」と淋しそうに本音を吐露した。「あぁ。」と四宮はサクラに寄り添った。

高山夫婦は今回は赤ちゃんを諦めることにしたと伝えた。透子は最後にエコーを見ることを希望した。そして、2人でしっかり見ようと光弘に言った。

カンファレンス前、透子が中絶を希望しているのに最後に赤ちゃんを抱きたいと思っていることを知った研修医の吾郎(宮沢氷魚)は疑問を持った。出生前診断の結果でなぜ命の選別をするのだろう?出生前診断が当たり前になった時医師としてどう向き合えばいいのだろう…。と。サクラは「その答えはわからない。」と言った。そして、「命は尊い。赤ちゃんが生まれることは奇跡。平等であるはずの命を線引きしてはいけない。でも命の選別という言葉にとらわれ、家族の事情には目が向けられていない。育てていくのは家族。出生前診断の結果中絶を選択する家族もいる。心が重くなる。いつまでも慣れることはない。でも悩みに悩んでその選択をして僕たちに助けを求めている。その手を払いのけることはできない。中絶を決めたお母さんが赤ちゃんを最後に抱きたいと願う、確かに矛盾しているかもしれない。だけどその葛藤に僕たちが寄り添わないで誰が寄り添う?検査を受けた人、受けなかった人、赤ちゃんを産んだ人、産まなかった人、どの選択も間違っていない。いや、間違ってなかったと思えるように家族と一緒に命に向き合っていく。それが僕たちにできることなんだと信じてここにいる。」と話した。

透子は中絶のため入院した。光弘は「ごめんな」と言った。出生前診断を受けた時、自分たちには関係のないことだと思っていた、でも子どもを持つと決めた時から考えなくてはいけないことだったと。そして今回諦めることは2人で出した結論だから、透子だけが背負う問題じゃないと伝えた。透子は複雑な顔をした。

四宮に夏実から晃志郎の訃報の連絡が入った。四宮は緊急オペに向かった。

処置室に向かった透子は「産みたい。でも自信がない。でも…」と泣き崩れた。透子の母親は透子を抱きしめ「大丈夫。アンタがへばっても母さんが一緒に育てる。」と言った。光弘は透子に寄り添った。

緊急オペを終えた四宮は「ペルソナのこと頼むぞ」と言い、父親の元へ向かった。

コウノドリ2ネタバレ10話の感想

出生前診断、私は完全に竹田タイプで「悩むのが怖い」から受けませんでした。だって、選択できないもん。自分の中でちゃんと生きている命。病気があるってわかった時、中絶するって選択ができるかわからない。でも育てていけるか不安。でも中絶したら一生それを背負って生きていくことになる。でも病気って知ってて産むのもやっぱり怖い…。だったらやっぱり知りたくない。それが私の考えでした。出生前診断はすごく素晴らしい技術だと思います。でも、四宮先生の言う通り、お手軽に検査するのは良くないと思います。なんとなく受けとこーっと、って検査するのではなく、検査のその先のこともよく考えて受けるべきですね!

奥山佳恵さんの演技、いや、演技なのか本心なのかわからないけれど、なんだか心が温まりました。壮太が愛おしい」って抱きしめる奥山さん。本当に愛おしそうで印象的でした!以前テレビで奥山さんがダウン症のお子さんを育てている姿を観ましたが、ご家族みんなとても幸せそうでした。

産むと決めた透子も、諦めた明代も、それぞれ悩みに悩んだ選択。サクラが「選択が間違ってなかったと思えるように家族と一緒に命に向き合っていく」と言っていました。こんな先生がいたら、選択を後悔することも少なくて済むのかなと思いました。

来週はいよいよ最終回!四宮先生の動向も気になるし、予告で武田が大変なことになってた!?あと、小松さんが言いかけた「ずっと考えてたこと」も気になる。

コウノドリ2の10話の見逃し配信の情報

コウノドリ2の10話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

コウノドリ2の相関図

コウノドリ2 相関図

コウノドリ2のキャスト

鴻鳥サクラ 綾野 剛

下屋加江   松岡茉優
小松留美子 吉田 羊
白川 領   坂口健太郎

大澤政信   浅野和之
向井祥子   江口のりこ

四宮春樹   星野 源

今橋貴之  大森南朋

この記事を書いた人

コウノドリ2
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング