<スポンサーリンク>

刑事ゆがみ最終話の予告動画

刑事ゆがみ動画最終話のあらすじ

 
弓神(浅野忠信)は、ヒズミ(山本美月)が
意識不明のまま収容された病院に現れたのを最後に、
羽生(神木隆之介)たちの前から姿を消す。
うきよ署では、ドライブレコーダーの映像などから、
資産家の元医師・薮田恒夫(渡辺哲)を殺害したのは、
死んでいるはずの作家・横島不二実(オダギリジョー)であると断定し、
捜査を開始する。
横島は、7年前に自らの小説『ロイコ』になぞられた殺人事件を自演し、
河合武(渋川清彦)・伊代(酒井美紀)夫妻を殺害していた。
そのときに生き残ったひとり娘がヒズミだった。
横島は、逮捕される直前に焼身自殺したはずだったが、
その死は、弓神によって偽装された可能性が高かった。
それから数日後、ヒズミが突然病院からいなくなる。
筆談用のボードには「もう元気になりました」という文字と、
ロイコ事件で殺害現場に残されていたものと
同じカタツムリのマークが描かれていた。
同じころ、漫画喫茶にいた弓神は、『ロイコの部屋』サイトで、
「空飛ぶサンタを見たい人募集。豪傑で強靭な男性優遇」
という募集告知を見つける。
横島が書いた小説『聖なる夜空にサンタが舞う』の中にも、
「豪傑で強靭な男たちがやってきて、その刑事を襲った」
という描写があった。
弓神の行方を追っていた羽生は、漫画喫茶でようやく彼の身柄を拘束する。
そこで弓神は、横島がまだ犯行を続ける気でいることを羽生に告げた。

<スポンサーリンク>

刑事ゆがみの再放送情報は?

最終話の再放送情報はありませんでした。

フジテレビのオンデマンドサイト(FOD)で簡単に見ることができますよ

無料トライアルを使って見逃してしまったドラマを見る方法があります。

最終話をどうしても無料で今すぐ見たい方はこちら!

↓↓↓

刑事ゆがみの動画(12月14日放送)を無料で見る方法

フジテレビオンデマンドで刑事ゆがみの見逃し配信を見る

見逃し配信は番組制作がフジテレビなので

フジテレビオンデマンド(FOD)で見ることができます。

フジテレビオンデマンドは有料です。

※といっても1話200円です。

 

ある事をするだけで無料で見ることができます。

 

それは、フジテレビオンデマンドに登録するだけです!

月額888円のサービスになりますが

1ヶ月無料のキャンペーン中なので、この期間中は無料でご覧になれます!

1ヶ月は見逃しても安心です。

 
 

→刑事ゆがみをフジテレビオンデマンドで見る(無料)
 
  
フジテレビの番組はすべてカバーするので、この秋のドラマ

・月9で篠原涼子さんが主演の民衆の敵

・井上真央さんが主演の明日の約束

そして、この刑事ゆがみ

過去のドラマも見ることができます。

下記のドラマに関しては無料で見放題となります!

フジテレビの月9や過去のドラマ全部見放題です!

→刑事ゆがみをフジテレビオンデマンドで見る(無料)

 

刑事ゆがみの動画最終話の放送日と時間

最終話の放送日は、12月14日の木曜日 夜10時です。

刑事ゆがみの動画(12月14日放送)の視聴者のアンケート

刑事ゆがみの最終話 の調査をしました!

最終話で視聴者は何を思って見ているのか?

40代
男性

最終回ですがすべての謎が解明されるのかが気になります。
自作へ持ち越しなんてならないようにしっかり処理してほしいです。
一番は命が狙われる理由を知りたいですも

40代
女性

なぜ弓神が横島の焼身自殺を偽装したと思われるのか

40代
女性

なぜどちらかが狙われるのか。犯行はまだ続くのか。

50代
男性

弓神は姿を消して、事件解決の為に
何をしようとしたのかが明らかになる

30代
女性

作家の横島は実は焼身自殺してなくて、
ゆがみ自身なのでは?戸籍乗っ取り?とか。

70代
女性

どっちの命を狙うのか。手に汗を握る最終回。

刑事ゆがみの動画(12月14日放送)の感想

自殺したと思っていた横島不二実(オダギリジョー氏)が
実は生きていて、しかもその偽装に弓神適当(浅野忠信氏)が
深く関与していた事には大いに驚かされすが、
そこは弓神氏なりの思惑からそうしたであろうと推察出来ますし、
当時幼かった氷川和美(通称ヒズミ:山本美月氏)の事を
何かしら守る為の配慮だと思います。
横島氏の次なるターゲットが刑事であると
彼の書いた小説が物語っており、
弓神氏は自分か羽生虎夫(神木龍之介氏)の
どちらかが狙われると言っていますが、
過去の事件の絡みを考えればそこはやはり
弓神氏の方なのではと思わずにはいられません。
病院から勝手に脱け出し、
まんまと横島氏と接触してしまうヒズミ氏を
弓神氏がどう守りきれるのか期待が膨らみます。

刑事ゆがみのドラマ批評

どこか飄々としながら、鋭い洞察力で
事件を解決に導いて来た弓神適当(浅野忠信氏)が、
過去に不当な行為を行っていたと聞いても
何処かで「この人なら遣りかねない」と
つい思ってしまう自分がいます。
しかもそれは何か自分の不正を誤魔化す為ではなく、
誰かを守らんが為の行動なのだろうと、
どうしても好意的に考えてしまうのです。
出世や権威に無縁の刑事に甘んじているのもその為だとすれば、
ある意味男らしいのかもしれませんし、
ルールを破る事は決して許されませんが、
私事でないとすれば果たして全てイケないと
言い切ってしまうのも世知辛い気がして
非常に判断が難しい所です。

この記事を書いた人

刑事ゆがみ
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング