<スポンサーリンク>

刑事ゆがみ5話の予告動画

刑事ゆがみ動画5話のあらすじ

 
弓神(浅野忠信)と羽生(神木隆之介)は、
花道署からの要請で誘拐事件の捜査に協力する。
誘拐されたのは、前花道市長を父に持つ宇津巻京子(板谷由夏)と、
婿で市会議員の誠治(丸山智己)のひとり娘・真利奈(後藤由依良)。
弓神に協力要請があったのは、誘拐現場にカタツムリのマークが
残されていたからだった。

カタツムリのマーク――
それは、7年前、花道署管内で起きた異質な殺人事件に関係する。

ある夫婦が殺害され、生き残ったのは幼いひとり娘のみ。
事件が異質だったのは、事件内容が小説に酷似していたためで、
小説『ロイコ』の名前を取って、ロイコ事件と呼ばれた。
ロイコとは、『ロイコクロリディウム』の略で、
カタツムリに寄生し、脳まで支配する寄生虫のこと。
『ロイコ』は、主人公が殺人鬼に寄生されて心を操られ、
殺人を犯していくという物語だった。
そして、現場にはカタツムリのマークが残されていた。
事件が起きたことで『ロイコ』はベストセラーになった。
が、実は犯人は作者の横島不二実だった。
横島は逮捕前に焼身自殺してしまったが、彼を追い詰めたのが弓神だった。

弓神は、喫茶店にいるヒズミ(山本美月)を麻薬の密売人だと偽り、
羽生にマークさせると、単身宇津巻邸へと向かった。
そこで花道署の刑事・久松(木下ほうか)と合流した弓神は、
『ロイコ』の発禁運動で先頭に立ったのが、前市長の宇津巻喜平だと知る。
同じころ、喫茶店のテレビを見ていたヒズミは、
誘拐事件の報道でカタツムリの絵を見た途端に動揺し、店を飛び出す。
そんな中、誘拐犯から、京子と誠治に
身代金を持って指定の場所に来るよう連絡が入り…。

<スポンサーリンク>

刑事ゆがみの再放送情報は?

5話の再放送情報はありませんでした。

フジテレビのオンデマンドサイト(FOD)で簡単に見ることができますよ

無料トライアルを使って見逃してしまったドラマを見る方法があります。

5話をどうしても無料で今すぐ見たい方はこちら!

↓↓↓

刑事ゆがみの動画(11月9日放送)を無料で見る方法

フジテレビオンデマンドで刑事ゆがみの見逃し配信を見る

無料トライアル期間が1ヶ月もありますので

たっぷり映画やコミック、アニメやドラマを見ることができますよ!

詳しくまとめました!↓↓

刑事ゆがみの動画5話の放送日と時間

5話の放送日は、11月9日の月曜日 夜10時です。

刑事ゆがみの動画(11月9日放送)の視聴者のアンケート

刑事ゆがみの5話の調査をしました!

5話で視聴者は何を思って見ているのか?

40代
男性

事件をどのように解決していくのかが楽しみ

30代
女性

ゆがみが犯人にどうたどり着くか楽しみです

50代
女性

今回は弓神の過去の事件が出てくるのですね。
事件に対しては真面目で、でも二人のやり取りは軽妙で、
そこが面白いです。

刑事ゆがみの動画(11月9日放送)の感想

これまではどちらかというと羽生刑事の
過去に関わりのある事件が多かったですが、
今回は彼ではなく弓神刑事の過去が関わってくるようです。
あれだけ鋭い観察眼を持っていて、
難解な事件を次々と解決に導いているのに全然出世できない弓神刑事。
本人にその気がないのが一番の理由かと思いますが、
昔からそんな感じのだったのかは気になりますね。
今回の事件と関係があるらしい7年前の誘拐事件――
その捜査にあたる弓神刑事は
今と変わらず飄々としていたのでしょうか? 
それに弓神が影でコソコソ捜査を手伝わせている謎の少女、ヒズミ。
彼女の事も未だにきちんとした説明がありません。
その辺りもこの第5話で語られるのではないかと楽しみにしています。

刑事ゆがみのドラマ批評

色々な事件を経ても弓神と羽生の凸凹コンビは相変わらず揉めてばかり。
まあ基本的に弓神の方から羽生をからかったり利用したりして
言い争いが始まるのですが、羽生は羽生でそれに反抗し続ける。
そこが面白いですね。
真面目に事件を捜査して犯人を追い詰めていく部分と、
主役の二人がおバカな言い争いをしている部分の
バランスがちょうどいいです。
この二人には変に落ち着いたり丸くなったりせずに
最後までこの調子でいてほしいですね。
最終回でも元気にケンカをしていてほしいです。

 

この記事を書いた人

刑事ゆがみ
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング