このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

刑事ゆがみネタバレ8話のあらすじ

好きだった競走馬の引退を知って落ち込む弓神(浅野忠信)は、憂さ晴らしに羽生(神木隆之介)を連れてキャバクラに行く。馬の話ばかりして呆れられる弓神とは対照的に、キャバクラ嬢のキララ(久松郁実)たちからおだてられ、調子に乗って酒を飲む羽生。そこに猿渡愛実(市川由衣)がやってくる。弓神は、かつて愛実を窃盗容疑で逮捕したことがあった。愛実は、すっかり犯罪からは足を洗い、児童養護施設にいるひとり息子の実(吉沢太陽)と一緒に暮らすことを夢見て、キャバクラ嬢をしながら昼の仕事を探しているという。

それから数日後、愛実が高級マンションの敷地内で死体となって発見される。その手には180万円もの現金が握られていた。愛実は、このマンションでひとり暮らしをしている元銀行員の資産家・沼田徹(小林隆)の部屋から現金を盗み、逃げようとした際にベランダから転落した可能性が高かった。ただ、現金が戻り、沼田も被害届は出さないと言っているため、今回の一件は事故扱いになるという。
しかし弓神は、愛実が誰にも気づかれずに少額を盗むことから“透明人間”という異名を持っていたことや、彼女が弓神に窃盗に手を染めないと誓った様子から、彼女の死に不審を抱く。
そんな中、うきよ署強行犯係は、県警本部の須崎警視が指揮を執る高齢者を狙った詐欺事件の捜査に協力することになった。が、おとり捜査の最中、現金の受け子として現場に現れたのは…。

<スポンサーリンク>

刑事ゆがみネタバレ8話

好きだった競走馬の引退を知り、落ち込む弓神。憂さ晴らしとして羽生を連れて、キャバクラへと行きます。馬の話ばかりしてキャバ嬢に引かれる弓神とは違い、羽生はキャバ嬢のキララらに超かわいいと言われ、調子に乗っています。そこで弓神は猿渡愛美と偶然再会をし、弓神はかつて愛美を窃盗容疑で逮捕した事があったのです。久しぶりと言いながら、話す2人。愛美には息子がいて、息子は児童養護施設にいて、一緒に住む事を目標に頑張って働いていたのでした。愛美はキャバ嬢をしながら、昼の仕事を探し中だったのです。弓神に愛美は「抜け出してみせる、色々ありがとう」と言い、別れるのでした。

しかし、愛美はマンションの敷地内で死体となり発見され、死亡推定時刻は午前3時ごろとされました。愛美の手には現金180万円がにぎられており、405号室に侵入し盗み出し、ベランダから逃げようとした際に足を滑らせて転落したと推測されました。被害者の元銀行員の資産家の沼田徹は現金が無事なので、被害届は出さないそうで、つまり事故扱いになります。羽生は被害者に話を聞き、沼田は1人暮らしで、昨夜はずっと自宅にいて物音なども特にしなかったと話します。沼田の家はとても広々としていて、沼田は退職金で資産運用をし、お金を貯めたようでした。また、金庫には2000万円もの、お金が入っていたのです。マンションの防犯カメラを確認すると愛美の姿はなく、羽生は窓から侵入したと考えますが、防犯カメラには沼田の姿が。

菅能は猿渡の事件について報告書を出してと言いますが、弓神は「嫌だ、だってこれおかしいと思わないか」と答えます。どうやら、猿渡は誰にも気づかれずに少額の現金を盗み出す事から、透明人間と呼ばれていたのです。わずか5年の間に盗んだ額は1000万円とされました。猿渡は少額しか盗まないのに、今回は180万円なので、弓神は怪しいと考えます。菅能は、被害届は出されていないので、捜査をしても無駄と、弓神に言います。

弓神は愛美の息子がいる、うきよ児童ホームを訪れます。弓神が愛美の息子と会うと、母親がなくなった事を知っており、息子は「罰でも当たったのでは。人の家のベランダから落ちるなんて。どうせまた泥棒したに決まっている」と話し、弓神はそうは決まってないと言います。人間そう簡単に変われないと言う息子に対し、弓神はそうとは限らないと答えます。弓神は「お母さん、お前を迎えに行くために、一生懸命金を貯めていた」と言い、息子は「そんなの知らないし、死んだのだから関係ないでしょう。もう帰ってもらえますか、あの人の事忘れたいので」と言います。
一方、他の刑事たちは「あいつ、責任を感じているのかも。弓神が猿渡を逮捕した時、猿渡は窃盗からとっくに足を洗っていて、子供が生まれてまっとうに生きようとしていた。でも、弓神に過去の犯罪を暴かれて逮捕された。それで子どもとは離れ離れに」と話します。当時、猿渡は「6歳の子どもがいる事から見逃してほしい。息子が生まれてからはやってない。まっとうに真面目に生きなきゃって」と頼みますが、弓神は受け入れませんでした。

沼田の行動を観察し、弓神は猿渡との接点を探そうとします。弓神は「調べたら、事件の夜、沼田さんの隣は留守だった。金目的なら普通、そっちを狙うはず」と言い、羽生は「という事は、猿渡はあえて沼田さんの方を盗みに入ったということ?」と言います。弓神は「なにか理由があるはずなんだよ。沼田さんみたいな金持ちと、猿渡みたいなビンボー人はどうしたら交わるのか」と言います。
羽生と弓神はこの間行ったキャバクラへと向かい、キャバ嬢に沼田の写真を見せ、知っているか聞きます。キャバ嬢の1人は「見ちゃったんだよね、相当金に困っていたみたい。給料の前払いを店長に頭下げて頼んでいた」と言い、別のキャバ嬢は「うちのお店ではそれはできない。だから盗みに入ったんでしょう」と言います。猿渡の口座を見ると、わずか200円程度しかお金は入っておらず、明細を確認すると、86万円ものお金をヒガシクミコと言う人物に振り込んでいる事が分かります。ハッカーの和美にヒガシクミコの身元を調べる様、頼みます。

菅能は署長命令で、近頃増えている高齢者を狙った詐欺事件を手伝う事になったと告げます。羽生は弓神を探しに行き、弓神は猿渡の自宅を訪れていました。ポストには息子に手紙を送ったものの、返送された手紙が入っていて。また、部屋の中にも、返送された手紙が沢山あり、棚には幼い頃の息子とのツーショット写真も飾られていました。さらに最愛の息子へのプレゼントも置かれていて、誕生日に渡しに行こうとしていた事が分かります。

県警本部からきた須崎の指揮のもと、高齢者を狙った詐欺事件について捜査を行う事に。高齢者は投資の話を持ち掛けられ、その額は800万円で、高額の為に警察に通報してきたというものでした。被害者にはそのまま騙されているふりをしてもらい、金の受け渡し現場を確認でき次第、逮捕するというおとり捜査を行う事に。現金の受け渡し現場は港の見える丘公園になります。
皆が目立たない格好をする中、弓神は高齢者の格好をし、被害者の近くにスタンバイしています。現金の受け渡し現場には若い女性が現れ、なんとそこにはキャバ嬢のキララの姿が。キャバ嬢のキララは羽生と親し気に話し、羽生のお気に入りの子でもありました。キャバ嬢のきららを追いかける羽生。きららがバイクに乗った何者かに現金を渡そうとしているところを突き飛ばし、パトカーがバイクの男を追いかけます。

キララは何も知らないと言いますが、羽生は「紙袋を運ぶだけで3万円って怪しい仕事だと思わなかったの?」と聞き、キララは「思うわけない。ラッキーって感じ」と答えます。罪の意識は全くない様子です。声を掛けてきたのはどんな人と聞くと、キララは「ザ・もやしって感じの男。30くらいの人。仕事帰りに声を掛けられ、猿渡さんも一緒だった。2人でいいバイト見つけたねと話した」と答えます。猿渡もキララと同様、受け子のバイトをしていたようで、調べからは亡くなる前、詐欺グループと頻繁に連絡を取り合っていた事が分かります。それに施設から子供を早く引き取りたいと、焦っている状況だったのです。羽生は目先のお金欲しさにドンドンと罪を重ねていってしまったのではと、話します。どうだかと答える弓神に、いい加減目を覚ましてくださいと羽生は言い、弓神は「目を覚ますのはお前だろう。猿渡が窃盗の前科持ちじゃなければ、どうなんだよ。ただの母親だったら。こんなに簡単に決めつけないで、捜査をしているだろう」と言います。そんな時、ハッカーの和美から、ヒガシクミコの正体が分かったと、写真付きで送られてきます。弓神はヒガシクミコの元を訪れ、愛美の写真を見せながら86万円受け取らなかったか聞き、ヒガシは「返してもらいました。少し前、詐欺にあったんです。その時、お金を渡したのが彼女で、でも彼女もそれが詐欺と知らなかったようで。しばらくして謝りにきてくれたんです。残りのお金も必ず返すからと、だからどうか許してくださいと。あまりに必死だったので被害届は取り下げたんです。被害にあった総額は180万円です」と話します。

羽生の元に、おとり捜査に協力してくれ、詐欺にあいそうであった被害者が訪ねてきます。お礼に加茂ダンススクールのチケットを渡され、加茂ダンススクールは沼田さんが通っているところだと気付きます。

マンションの付近で聞き込みを行う羽生。弓神もそこへ訪れ、献花し、猿渡の事件の捜査をします。「猿も木から落ちると言うけれど、あいつがそんなミスするとは思えない」と、弓神は言います。羽生はなぜそこまでこだわるのかと聞くと、「あいつも辛いだろうから、息子に勘違いされたままでは。実は猿渡も母子家庭で育ち、ただこいつの母親はどうしようもない母親で、猿渡が16歳の時、男を作って蒸発した。猿渡はその日生きる金もないから、仕方なく盗みを始めたんだ。けど、息子ができて自分と同じ思いをさせてはだめと思ったんだろうな。それからは必死に働きだした。盗みをやめて、正しく生きようと思ったんだろうな。息子の為に」と話します。
もう1度防犯カメラを見て、沼田の不審な動きを見つけ出す2人。

高齢者詐欺事件の捜査の助っ人を頼まれる弓神。現金を受け渡した後、受け子を追跡しますが、その女性はおとりで、別の女性がまた現金を運んで行ったのでした。再び受け子を追跡し、現金を受け取る人物を捕まえようとしますが、弓神は失敗してしまいます。

現金の受け取りに現れたのはなんと沼田で、そこに「あれ、人の物、持ってどこに行くんですか」と言いながら、弓神が現れます。袋の中にはお金ではなく、なんと弓神の馬券が入っていて。沼田は慌てて返しますが、現金を運んだ人物がバイクのヘルメットをとると、なんとそこには羽生の姿が。羽生がおとりとなっていて、本物の現金の運び屋は警察に連行されていたのです。わざと運び屋を逃がし、羽生は待機していたポイントで男を確保し、沼田とどこで現金の受け渡しをするのか白状させ、羽生が入れ替わっていたのです。何より、ここに沼田が来たことが動かぬ証拠と言う羽生。弓神は被害者の写真を見せ、沼田は同じ社交ダンスに通っている人だと答えます。先程詐欺にあった事を告げると、沼田はお気の毒と言い、弓神は「お気の毒なんて言えるものなんですね。お金を取ろうとした張本人が。目には目を、詐欺には詐欺をということで、罠をしかけた。まずは被害者を社交ダンスの体験入会に行かせて、あなた好みの餌をまいた。金持ちで家族と疎遠、独身という条件はあなたにぴったりなターゲットでしょう。そしたら、あなたはまんまと罠に引っかかった。あなたが被害者から聞いた番号は、我々が用意した携帯の番号。この番号を教えたのは。あなた1人なんですよ。なのに、被害者が詐欺にあったという事はあなたが詐欺グループである証拠。もう言い逃れできませんよ」と話します。

弓神が「なぜ詐欺なんてしたんだ?1人で生きていくには充分な金があったでしょう」と聞くと、沼田は「38年、仕事だけが生きがいだった。家族もいないし、それなのに突然奪われたんですよ。定年というだけで。どうしても目が覚めてしまう、働いて起きている時間に。でもやる事なんてない。1人だと時間がちっとも進まない。朝起きて食べて寝て、死ぬまでそれを繰り返すだけ」と話します。弓神は「他に色々な趣味があるじゃないですか、老後を楽しむ方法なんて」と言うと、沼田は「そんなのない。何をしたってつまらなかった。趣味なんて何の達成感もありませんから。詐欺は別に楽しくてやっていたわけではない。必要とされたから。私が老人に声をかければ警戒されない、だから手伝ってほしいと。ずっと鳴らなかった電話が鳴り始めたんです。嬉しかったな、仕事していた時の充実感、一気に思い出しましたよ」と語ります。弓神は「やっと手に入れた仕事を奪われるのがこわかったのでは?だから殺したんでしょう」と聞くと、沼田は何の話ですかと言います。弓神は「あなたが詐欺をしている事に警察よりも先に気づいた人がいるんですよ。猿渡さんを殺したのはあなたですね?」と聞くと、沼田は何を言ってるんですかと言います。「彼女はバイトで始めた仕事が詐欺の受け子であると気付いた。犯罪から足を洗った彼女は、どうしても自分が詐欺に加担していた事が許せなかった。だから、被害者にお金を返すために、あなたの金庫から180万円奪った。それでベランダから逃げようとした。そこをあなたが突き落とした。違いますか?」と弓神が聞くと、沼田は証拠はあるんですかと聞きます。羽生が入ってきて、証拠ならありますよと言い、自分に取り調べさせてもらってもいいですかと弓神に聞き、交代します。「猿も木から落ちるということわざがありますが、はじめはそれだと思ったんですよ。でも違いました。あなた自身がそれを教えてくれたんですよ。ここ最近雨は降っていなかった、なのに防犯カメラのあなたは、傘を持っていた。5分後戻ってきたときには、傘は消えていた。処分したんですよね、猿渡さんを殺した凶器を。彼女の身体に残ってましたよ、あなたを裏付ける証拠が。始めは見落としていたが、生け垣の上に落ちた彼女の損傷が激しかったもので。でも詳しく調べてみたら、彼女の腰のあたりに豆粒大の内出血がありました。大きさと傷口からして傘の先端による、刺し傷だと。間違いありませんでした。あなたが突き落としたんですよね、ベランダから逃げようとしている彼女を。これは殺人ですよ」と羽生は話します。沼田の金庫にあったお金を持ち主に返そうとした猿渡を許せなかった、沼田。ベランダから逃げようとした猿渡を、傘で突き、転落させたのでした。

沼田は「あの女が悪いんです。もう二度と仕事を奪われたくなかった」と言い、羽生は「ただの詐欺だろう。あんたは必死で生きようとしていた女性の人生を奪ったんだぞ」と言います。沼田は「1つ聞いてもいいですか?刑務所でも働けますか?」と聞き、羽生が働けますよと言うと、「それはよかった」と言う沼田。羽生が「暗い一室で凶悪犯とともに寝る事になりますが」と言い、沼田は「それも悪くない、もう1人は飽きたので」と答えます。

弓神は猿渡の息子の元を訪れ、手紙とプレゼントを渡し、弓神は「泥棒じゃなかった。逆だった、金をだまし取られた人のために、犯人から全額取り戻そうとしていたんだよ。胸張って迎えにいくために、正しく生きようとしていたんだよ」と話します。手紙には「ようやく一緒に暮らせる準備ができそうです。誕生日に迎えに行くからね。また、一緒にボールを蹴れる日を楽しみにしています」と書かれており、プレゼントには小さめのサッカーボールが入っていました。息子は、どこまでバカなんだよとつぶやきます。

刑事ゆがみネタバレ8話の感想

かつて犯罪を犯した女性が犯罪から足を洗い、自分なりに正しく生きて、息子を迎えに行こうとしていた、切ないお話でした。弓神が彼女を信じ、犯人を突き止めるのはとてもかっこよく、途中から羽生も考えを改め、捜査に協力している姿もよかったです。

刑事ゆがみの8話の相関図

刑事歪み相関図

刑事ゆがみはどんなドラマ?

10月12日(木)よる10時スタートの木曜10時ドラマは「犯罪者の心を読める天才偏屈刑事」と「正義感と上昇志向が強い腹黒刑事」の凸凹バディが難事件を解決する刑事ドラマ『刑事ゆがみ』に決定!

10月12日(木)よる10時スタートのフジテレビ木曜10時ドラマは、全ての人が信じている人・物事だろうと信じない、先入観ゼロで人の心の奥底に潜む闇を鋭く観察し、真実解明のためには違法捜査もいとわず事件を解決していく弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)と、成績優秀で真面目、強い正義感ゆえにふりまわされてしまう後輩の刑事・羽生虎夫(はにゅう・とらお)という凸凹バディがさまざまな事件を解決していく刑事ドラマ『刑事ゆがみ』をお送りします。

正義があまりに主観的で、真実がどこまでも曖昧な社会の中で、刑事・弓神はただひたすらに事実を追い、真実へとたどり着こうとします。弓神にとっては相手が国会議員であろうが、地元の人全員に慕われる教師であろうが、はたまたコソ泥であろうが、前科10犯の凶悪犯だろうが、関係ありません。全て同じ人間である以上、全員容疑者。弓神は軽いフラットな雰囲気で、人々の話を引き出し、そこに潜むわずかなゆがみを見逃しません。彼が求めるのは真実。そのためにはルールを守ったり、空気を呼んだりする事に意味はありません。違法捜査も日常茶飯事。独特な推理力を持つヒーローです。

そして、弓神の相棒を務めるのは真面目で正義感にあふれていますが、腹黒ムッツリな新米刑事・羽生。バンバン犯人を捕まえて点数を上げたい羽生にとって、違法捜査だらけの弓神はとんでもなく邪魔な存在。そんなかみ合わない凸凹コンビがバディが真実を見抜いていきます。
引用元:公式サイト

 

刑事ゆがみのキャスト

弓神適当…浅野忠信
羽生虎夫…神木隆之介
氷川和美…山本美月
多々木挙男…仁科貴
町尾 守…橋本淳
菅能理香…稲森いずみ

 

この記事を書いた人

刑事ゆがみ
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング