このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

刑事ゆがみネタバレ7話のあらすじ

弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らは、菅能(稲森いずみ)の親友・近江絵里子(りょう)が服毒死した事件を捜査する。 前夜、大学時代の同窓会に出席した菅能は、そこで久しぶりに絵里子と再会していた。現在の彼女は一流デザイン会社の管理職で、来年にも年下のイケメン実業家と結婚する予定だという。SNSにアップされた幸せそうな写真を見せられた菅能は、「裏切り者。若い男になびきやがって」と言いながらも、彼女を祝福したばかりだった。

そんな絵里子が自宅マンションで死亡したのは菅能と別れた直後のことで、発見者は警察官だった。実は絵里子は、1ヵ月ほど前に300万円をひったくられており、その件で確認に来たのだという。死因は青酸カリによる服毒死と思われた。
絵里子が自殺するはずはないと考えた菅能は、弓神たちに交友関係を徹底的に洗うよう指示した。すると、絵里子は左遷されたことがきっかけで、3ヵ月も前に会社を辞めていたことが判明する。

やがて、最近絵里子と親密だった三枝優里(早見あかり)に辿り着く。すると、絵里子には誰にも言えなかった秘密があることが発覚し…

<スポンサーリンク>

刑事ゆがみネタバレ7話

ソープランドで上手くいかなかった羽生に対して、弓神はオトナ高校入学してこいよと言い、羽生は「チェリートじゃないし」と言います。また、羽生のインスタには巡査部長と書いてあり、弓神は童貞と書いとけよと言い、羽生は大声でバカ野郎と言います。

事件もなく、暇な1日に過ごす中、菅能は大学時代の同窓会へと出かけます。弓神は「女刑事で、警部補で、注目を浴びてテンションMAXになるが、楽しいのは最初のうちだけ。話はすぐに結婚生活へと変わり、やがて子どもの自慢合戦。場所を失い、疎外感を感じ、結局1人でたばこを吸う」と、予想をします。菅能は弓神の予想通りで、そんな中、親友の絵里子と再会をし、独身の仲間がいてくれてよかったと言いますが、デザイン会社の管理職として働く絵里子は10歳年下のイケメン実業家と結婚予定だったのです。2次会をやめ、2人で飲みに行き、幸せそうな姿を見て、菅能は「裏切り者、若い男になびいて」と冗談で言います。絵里子は「これでよかったのかなと思う事、たまにあるよ。別の生き方があったのかな」と言い、菅能は「そう思うなら今からでも別の生き方をすればいい」と言うと、変わらないねと言います。絵里子がなにか言いかけた所で、仕事の連絡が入り、その場を後にする菅能。

同窓会で前夜に会ったばかりなのに、菅能の親友の近江絵里子が服毒死した状態で発見され、捜査を開始します。確認に訪れた警察官が第一発見者で、絵里子は一か月前に300万円ひったくられており、警察官はその確認のためにきていました。口からは泡をふいており、かすかにアンモニア臭があり、青酸カリの服毒死、自殺と考えられました。死亡推定時刻は22時~23時ごろの間とされ、その時間に一緒にいたのは菅能だったのです。

弓神は「お前が殺したのだろう。唯一の独身の友達が結婚するのが嫌で、嫉妬で殺した、違うか」と言います。菅能にキレられ、冗談ですと謝る弓神。「絵里子は自殺なんかしない。結婚だって決まっていた、それにまた会う約束もした」と言いますが、他の刑事は「でも自殺ですよね…」と言います。菅能は絵里子に恨みを持っている人がいないか、徹底的に調べてと指示します。

職場に行くと、社員には「よくわからない、ほとんど話したことがない」と言われてしまい、さらには3か月前に左遷されて、辞職した事を聞きます。弓神は月に1度会社の後輩と飲みに行ってた事を話題にしますが、知らないと言われ、インスタにのっていた人たちは1人も社員じゃなかった事が分かります。管理職として働いていたのは3年前までの事で、インスタの内容も嘘だったのです。持病の線維筋痛症が悪化し休職をしており、復職の際に元の管理職を希望していたが、無理して働かせると労基問題になるからと言われたそうでした。さらには結婚するという話も誰も知らず、それもおそらく嘘であるとされました。幸せの絶頂とは真逆の、不幸のどん底だったことが分かります。そんな現実に嫌気がさし、自殺したのではないかと推測します。菅能はインスタに映っている人物の特定と、防犯カメラの確認を指示します。弓神はリア充代行サービスを体験し、インスタを始めて、写真をアップし、絵里子の写真もリア充代行サービスの人達である事が分かります。絵里子が結婚すると言っていた相手も、ここのバイトの人であり、インスタ上で偽りの自分を見せていたことが分かります。

弓神の言う通り、科捜研に調べてもらうと、絵里子の爪が切りたてであり、これから死ぬという人がやたらと爪が深く切られていたので、不自然に思ったからでした。部屋には切った爪の痕跡がなく、犯人が持ち去ったのではないかと、考えられました。犯人は絵里子と争った際に引っかかれ、絵里子の爪に犯人の皮膚が付着し、それを慌てて切って逃げたとされました。ということは今犯人はケガをしているのではないかと、羽生が推測します。それらを踏まえ、リア充代行サービスの社員の三枝優里が怪しいとされ、事情聴取を行います。絵里子は三枝とかなりの頻度で会っており、3か月に23回もあっていました。三枝は「勘違いしていた。自分の事をが本当の部下だと思いこみ、説教された。こっちはバイトだから会っているだけなのに」と話します。絵里子は三枝に、「可愛いと思うから苦労した事ないと思うけど、そろそろ自分の道見つけて、頑張った方がいいと思うよ。私なんでもするからいつでも相談乗るよ」などと言っていて、三枝は「偉そうに先輩面して、お前が私の何を知っているんだよ。黙っていたら、ぺらぺらと色々話してくるようになった」と話します。菅能はそれはあなたの事を思ってからこそではと言いますが、三枝は「頼んでない。バイト代とは別に、話を聞くだけでお小遣いくれたからいいけど。正直本当にうざかった、自殺でしょう?相手にするのも面倒だったし」と言います。三枝はアリバイがあり、22~23時は代行サービスでバイトをしていたのです。そのため、三枝に犯行は不可能とされました。防犯カメラの映像から、絵里子が1人で帰宅する様子が見られました。他の刑事らは、「正直今回の菅能のやり方は間違っていると思う。無理やり、誤認逮捕でもしたら大問題になる。俺たちには他の捜査があるし、正直付き合いきれない」と言い、それを菅能は聞いてしまいます。

弓神はリア充代行サービスの会社を訪れ、三枝について聞き、元アイドルで支持率も高く、VIP待遇にしている事を知ります。その時、ハッカーの和美から、裏アカウントを見つけたと連絡が入ります。リア充の仕事じゃ、20万円しか稼げないのに、1か月前からブランド物を身につけだした様子がSNSから分かります。1か月前といえば、絵里子がひったくりにあった時期であり、絵里子は10月20日に預金を下ろした帰りにひったくりにあっていて、タイミングが良すぎると弓神は思います。羽生は、三枝が犯人なら絵里子は気付くのではと言い、弓神は共犯者がいたとしたら別だと言います。もしひったくり犯と三枝がグルで、絵里子が口封じのために殺されたとしたらと考え、弓神は2人の接点さえ見つかればその可能性はあると言います。弓神は三枝を指名した客のリストを見せ、客の中に防犯カメラの男と似ている人物がいるか、調べる事になります。その時、菅能は、私も手伝うと言い、3人で手分けして探す事に。そして、弓神が防犯カメラの男と似た男を発見します。

それはひきたという人物で、弓神は1か月前に絵里子にひったくりをしていないか聞き、男が黙り込むので、誰かに頼まれたのか聞きます。何回ぐらい三枝を指名した事あるのと聞くと、男は48回と答え、三枝がリア充時代からのファンかと聞くと、「彼女は女神でした。マイクを置いた瞬間、伝説が始まったんです」と言います。弓神が「レジェンドに頼まれたら、悪事だって手伝っちゃうよね?」と聞くと、沈黙する男。

司法解剖の結果、青酸カリの服毒による中毒死とされ、青酸カリの購入ルートは3か月前に絵里子自身、闇サイトで購入している事が分かります。菅能は、「状況証拠からして絵里子は自殺と断定、捜査を直ちに打ち切る。皆をつきあわせて申し訳ない」と刑事たちに告げます。司法解剖の結果、アクリル樹脂が付着していたと分かった弓神は、ハッカーの和美に詳しい成分を調べてもらいます。

刑事たちはなにやらじゃんけんをし、菅能の為と言いながら、負けた刑事にある錠剤を飲んでもらっています。タクシー会社に行ってリストを見せてもらったり、羽生は三枝とリア充体験をしています。また、リストから気になる部分の車載カメラを見せてもらうなどしています。羽生たちがリア充体験の最後の1枚を撮ろうとしたとき、私も入れてくれると言いながら、菅能と他の刑事たちが現れます。

菅能は「1か月前のひったくり事件で、裏で手をひいていたのはあなただよね?親切心を利用し、お金を用意させた。自分にほれ込んでいるファンを利用し、お金を奪わせた」と言います。三枝は「奪ってしまえば返す必要もない。こんなの頼めるのあなたしかいない」と言い、ファンを利用したのです。ここまでは計画通り、しかし疋田は決定的なミスを犯したのです。絵里子は疋田のかぶっている帽子のロゴを見た時に、三枝と疋田の関係に気づいたのです。すごい妄想力と三枝は言いますが、菅能は「妄想じゃない、疋田が自供しただけ」と言います。それでも、三枝は「うそだよ、私は関係ない。あの人、お金がないからじゃないの」と言い、「お金がないのはあなたにつぎ込んでいるからでしょう?これが公になったら大変な事になる。だから絵里子を殺害した。違う?」と菅能は言います。三枝は何言っているのと言い、羽生が死因は服毒死でしたと言うと、だから自殺でしょうと三枝は言います。羽生は「あなた、絵里子さんが闇サイトで青酸カリを購入していた事を知っていたのでは?日々、持病の薬を飲まなければならなかった。それを知っていた三枝は薬のカプセルに、青酸カリを入れ、薬とすり替えた。思惑通り、そのカプセルを絵里子さんは飲んだ」と言います。すると、三枝は「だからそんな事私にできるわけない。あの人が死んだ時間、私はバイトだった」と言い、羽生は「やっとわかったんですよ、使ったトリックが」と言います。「絵里子さんの体内から、カプセルと微量のアクリル樹脂の成分が発見された。アクリル樹脂はニスなどに使われていて、君ならよく知っているよね?」と言いながら、写真撮影の時に使うニスでコーティングされた、イミテーションケーキを見せます。ニスでコーティングしたカプセルにより、すぐに溶けるのを防いだ事、溶けるのを防げる時間は約5時間である事、それを既に検証済みである事を話します。菅能は、「つまり、絵里子さんがカプセルを飲んだのは死亡推定時刻の23時の5時間前、18時ごろ。18時ごろ、どこで誰と会った?」と聞くと、自宅でバイトの準備をしていたと、答える三枝。

バイト先で頻繁にタクシーを利用していると聞いたよと言いながら、車載カメラの写真を見せ、そこには三枝の姿が。絵里子さんの自宅付近を走っているタクシーがいないか調べ、それで手に入れたのがこの画像と、言います。不思議な事に、深夜1時くらいに絵里子さんの自宅付近を行っていたよねと聞き、黙り込む三枝。「なんで絵里子の家に行ったの?薬を飲ませる時に手をひっかかれた事に気づいたからでは?絵里子の爪に自分の皮膚が付着しているのを恐れ、爪を切りに行った。」と菅能が言うと、三枝は「言いたい放題だけど、証拠はあるの?」と聞きます。菅能は絵里子の爪切りが見つかり、それには犯人の指紋が付着しているはずと言い、しかし絵里子の自宅からは爪切りが見つからなかったと言います。そこに弓神が待たせたねと言いながら現れ、爪切りを見せます。三枝の部屋を勝手に入り、見つかったのでした。部屋の捜索をするために、羽生にリア充体験に行ってもらい、三枝にバイトをさせたのでした。中の爪は絵里子さん、しかし爪切りにはあなたの指紋が付着していたと弓神が言い、菅能がまだ言い逃れしたいと三枝に聞きます。三枝は「別にいいじゃん、死のうとしていた人間、殺して何が悪いの?死にたくなかったら、青酸カリなんて買うなよ」と言い、弓神は「死のうなんて思ってなかったんじゃないの?あなたがいたから」と言います。三枝は「そういうのがきもいの」と言い、菅能は「可哀そうだね、売れないアイドルだったんでしょう?売れれば楽しいと言うけど、そうじゃない人は大変と言うよね。でも代行サービスだと、人気者だったんでしょう?人気者の自分を演じていた時だけは、特別に感じられた。心地よかったんでしょう、辛い現実から目を背けられて」と言うと、三枝は「それって、死んだあの女の事も侮辱してない?」と言います。菅能は「違う、絵里子は現実と向き合おうとしていた」と言い、三枝はあの女には無理だよと言います。そして、三枝優里を絵里子の殺人容疑で逮捕するのでした。

今回はあんたに助けられたと菅能が弓神に言い、弓神から絵里子の裏アカウントのURLが送られてきて、そこには「私は家庭で得られる幸せより仕事で得られる幸せを選んだつもりだった」、「家庭を持つ事だけが女の幸せじゃない」、「目の前が真っ暗になった、今の私にはなにもない」、「私の生き方が間違っていたのか」、「今日、例の物が家に届いた、これでいつでも死ねる、だからもう少しだけ生きてみよう」、「面白いサービスを見つけた、ここでなら理想の自分になれる、寂しい人間なんかじゃないと思える、それに可愛い後輩ができた」、「私と同じ過ちを犯さないよう、色々教えてあげよう」、「嘘だとわかっているのにまだ信じようとしている、本当にばかだよね」、「今日、同窓会で久しぶりにりかに会った。りかに言われちゃった、今からでも別の生き方すればいい。女の人生は87歳まであるんだからって。そうだよね、まだやり直せる」、「今度会った時にりかに本当の事話そう、それから老後のシェアハウス計画を一緒にたてよう」と書かれていて、菅能は泣いてしまいます。

刑事ゆがみネタバレ7話の感想

菅能の親友の服毒死した事件という事で、どのような内容になるかなと思っていましたが、意外な展開で、友情を感じさせるシーンにはうるっときました。辛い現実から目を背けたくて、リア充代行サービスを活用するのも今どきだなと思いました。ラストの絵里子の裏アカウントのシーンでは絵里子がやり直そうと思っていたり、菅能に本当の事を話そうとしていた様子が見え、切なくもありました。

刑事ゆがみの7話の相関図

刑事歪み相関図

刑事ゆがみはどんなドラマ?

10月12日(木)よる10時スタートの木曜10時ドラマは「犯罪者の心を読める天才偏屈刑事」と「正義感と上昇志向が強い腹黒刑事」の凸凹バディが難事件を解決する刑事ドラマ『刑事ゆがみ』に決定!

10月12日(木)よる10時スタートのフジテレビ木曜10時ドラマは、全ての人が信じている人・物事だろうと信じない、先入観ゼロで人の心の奥底に潜む闇を鋭く観察し、真実解明のためには違法捜査もいとわず事件を解決していく弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)と、成績優秀で真面目、強い正義感ゆえにふりまわされてしまう後輩の刑事・羽生虎夫(はにゅう・とらお)という凸凹バディがさまざまな事件を解決していく刑事ドラマ『刑事ゆがみ』をお送りします。

正義があまりに主観的で、真実がどこまでも曖昧な社会の中で、刑事・弓神はただひたすらに事実を追い、真実へとたどり着こうとします。弓神にとっては相手が国会議員であろうが、地元の人全員に慕われる教師であろうが、はたまたコソ泥であろうが、前科10犯の凶悪犯だろうが、関係ありません。全て同じ人間である以上、全員容疑者。弓神は軽いフラットな雰囲気で、人々の話を引き出し、そこに潜むわずかなゆがみを見逃しません。彼が求めるのは真実。そのためにはルールを守ったり、空気を呼んだりする事に意味はありません。違法捜査も日常茶飯事。独特な推理力を持つヒーローです。

そして、弓神の相棒を務めるのは真面目で正義感にあふれていますが、腹黒ムッツリな新米刑事・羽生。バンバン犯人を捕まえて点数を上げたい羽生にとって、違法捜査だらけの弓神はとんでもなく邪魔な存在。そんなかみ合わない凸凹コンビがバディが真実を見抜いていきます。
引用元:公式サイト

 

刑事ゆがみのキャスト

弓神適当…浅野忠信
羽生虎夫…神木隆之介
氷川和美…山本美月
多々木挙男…仁科貴
町尾 守…橋本淳
菅能理香…稲森いずみ

 

この記事を書いた人

刑事ゆがみ
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング