このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

刑事ゆがみはどんなドラマ?

10月12日(木)よる10時スタートの木曜10時ドラマは「犯罪者の心を読める天才偏屈刑事」と「正義感と上昇志向が強い腹黒刑事」の凸凹バディが難事件を解決する刑事ドラマ『刑事ゆがみ』に決定!

10月12日(木)よる10時スタートのフジテレビ木曜10時ドラマは、全ての人が信じている人・物事だろうと信じない、先入観ゼロで人の心の奥底に潜む闇を鋭く観察し、真実解明のためには違法捜査もいとわず事件を解決していく弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)と、成績優秀で真面目、強い正義感ゆえにふりまわされてしまう後輩の刑事・羽生虎夫(はにゅう・とらお)という凸凹バディがさまざまな事件を解決していく刑事ドラマ『刑事ゆがみ』をお送りします。

正義があまりに主観的で、真実がどこまでも曖昧な社会の中で、刑事・弓神はただひたすらに事実を追い、真実へとたどり着こうとします。弓神にとっては相手が国会議員であろうが、地元の人全員に慕われる教師であろうが、はたまたコソ泥であろうが、前科10犯の凶悪犯だろうが、関係ありません。全て同じ人間である以上、全員容疑者。弓神は軽いフラットな雰囲気で、人々の話を引き出し、そこに潜むわずかなゆがみを見逃しません。彼が求めるのは真実。そのためにはルールを守ったり、空気を呼んだりする事に意味はありません。違法捜査も日常茶飯事。独特な推理力を持つヒーローです。

そして、弓神の相棒を務めるのは真面目で正義感にあふれていますが、腹黒ムッツリな新米刑事・羽生。バンバン犯人を捕まえて点数を上げたい羽生にとって、違法捜査だらけの弓神はとんでもなく邪魔な存在。そんなかみ合わない凸凹コンビがバディが真実を見抜いていきます。
引用元:公式サイト

 

刑事ゆがみネタバレ6話のあらすじ

弓神(浅野忠信)や羽生(神木隆之介)らは、総資産300億円を誇る若きIT企業家・貝取勝平(新田真剣佑)を狙った傷害事件を捜査する。事件は、貝取が来週オープンさせる予定だったプラネタリウムで起きた。貝取をプラネタリウムまで送り届けた運転手が、指示された通り深夜0時に迎えに行くと、彼が血を流して倒れていたという。貝取は、サプライズ企画の準備でプラネタリムを訪れることをSNSに投稿していた。
弓神と羽生は、意識を取り戻した貝取に会いに行く。だが貝取は、イヤホンで音楽を聴いていて振り向いたらいきなり刺されたため、犯人の顔は見ていないという。
強引な企業買収を繰り返す貝取は、多くの人間から恨みを買っていた。そのひとりが、望遠鏡メーカー『スタームーン』の創業者・星月亘(辻萬長)だ。事件現場のプラネタリウムもこの会社が携わっていたが、貝取が出資話を白紙に戻したせいで倒産し、社長だった星月の息子・晃介は借金苦で自殺していた。

弓神たちが星月から話を聞くと、事件発生時刻は酒を飲んで寝ていたという。孫娘の光希(新井美羽)の証言も同じだった。その際羽生は、モンスターを集めて遊ぶゲームアプリ『モンコレ』がきっかけで光希と仲良くなる。
そんな中、弓神たちは、貝取が『モンコレ』人気で急成長した『テンドーカンパニー』の買収も目論んでいたと知り、社長の天堂英里(MEGUMI)に会いに行くが…。

<スポンサーリンク>

刑事ゆがみネタバレ6話

来週貝取がオープン予定のプラネタリウムで、総資産300億円を誇る若きIT企業家・貝取勝平を狙った事件が起き、何者かに腹部を鋭利な刃物で刺されて貝取は病院に搬送され、まだ意識が戻っていません。動画配信アプリを作り、また他の企業を詐欺まがいに買収していて、有名な青年実業家として知られ、妬みや恨みを多く持っているのではと、弓神は感じます。第一発見者は運転手で、21時ごろプラネタリウムまで彼を送り届け、そして指定された0時に迎えに行くと、彼が血を流して倒れているのを発見したのです。菅能は深夜0時まで貝取は何をしていたのか気になりますが、他の刑事から貝取がサプライズ企画の準備をするためにプラネタリウムを訪れたと、SNSに投稿していたのです。そのツイートを見て、犯人は襲いに来たのかと、羽生は考えます。指紋も足跡も複数あり、特定は困難とされました。また、貝取は正面から刺されているので、犯人の顔を見ているのではと捉えます。そんな時、貝取が意識を取り戻したと連絡があり、羽生と弓神は病院へと向かいます。

貝取はイヤホンで音楽を聴いていていきなり刺されたので、犯人の顔を見ていないし、犯人の心当たりもありすぎて分からないと言います。貝取は時間の無駄、役立たずなど2人に向かって言い、病室を出てから、羽生は「あいつは何なんだ」とキレます。一方、2人が病室を出た後、貝取は誰かに連絡をし、例の件急いでもらえますかと言っています。

怨恨を持つ人物から犯人を見つけ出す事にしますが、リストアップされた資料には多くの名前が載っています。これまで買収した会社は20社以上で、どれも無理やり株を買い占め、経営権を奪っていました。その中でも1番怪しい人物は望遠鏡メーカー「スタームーン」の創業者・星月亘で、事件現場のプラネタリウムもこの会社が関わっていたが、貝取が出資話を白紙に戻したせいで倒産し、星月の息子は多額の負債を抱え、借金苦で自殺をしていたのです。また、貝取はスタームーンの資産を不当
に買収していたのです。そのため、動機は充分とされました。

星月の元を訪れると、息子は長年夢だったプラネタリウムの企画を褒められ、うかれてしまったと言い、弓神は「息子さんは悪くない、悪いのは騙した、貝取の方である」と言います。星月は「やってない。あいつを憎んでいるのは沢山いる。俺だけじゃないよ」と言い、羽生が昨日の夜は何をしていたか聞くと、星月はお酒を飲んで寝ていたよと話し、孫娘の光希の証言と一致するものでした。また、息子の自殺をはじめに発見したのは孫娘の光希で、母親を早くに亡くして辛いはずなのに泣き言1つも言わない子だったのです。

光希にも話を聞くと、「貝取はなにも悪くない、だって悪い事をしていたら今頃捕まっているはず」と言い、また、羽生も光希もモンスターを集めて遊ぶアプリ「モンコレ」をしている事が分かり、それがきっかけとなり、仲良くなります。そんな時、菅能から「今すぐ星月亘に任意同行してもらって。貝取が犯人の顔を思い出した。星月の可能性が高い」と言われるのです。

星月を連れていき、話を聞きますが、星月はやってないと言います。貝取が犯人は星月かのしれないと証言をしていると言うと、星月はキレて、貝取を呼んで来いと言います。リストアップされた人たちは皆アリバイがあり、星月で間違いがないのではと考えます。しかし貝取は急に思い出したのか、一時的ショックで忘れていたと貝取は話しているのです。羽生と弓神は再び貝取の元を訪れ、なぜ急に犯人の顔を思い出したのか聞きます。弓神は「思い出した?!普通、そういう時覚えていないと言いますが、あなたは見ていないと言った」と言いますが、貝取は言葉の綾であると主張します。犯人は本当に星月亘さんか聞くと、貝取は「たぶん。重要参考人として引っ張るには充分である」と言います。羽生はそれに対し、「そんな簡単な話じゃない。あなたの証言1つで傷つく人もいる」と言いながら、星月亘の息子や孫娘をしますが、貝取は「僕はなにも悪い事をしていないのに、責められなければいけないんだ」と反論します。「あんな奴のせいで光希ちゃんが…」と羽生は言い、それに対し、「あんな奴でもびびってるんだな、あいつわざと曖昧な言い方をしただろう。きっと万が一、虚偽の証言で捕まらないようにだよ」と言い、羽生はやはり貝取は嘘をついているんですかと聞きます。弓神は犯人をかばっているのかな、いったい何故と言います。羽生は「貝取はそんなメリットもなしにそんな事すると思えません」と言い、弓神は「あいつの欲なんて1つしかない。金欲だろ」と言います。

星月亘は物的証拠がないので一度家に戻し、羽生は他の人物について調べています。菅能は「刑事が捜査中に持ってはいけないものが2つある。事件関係者への恋心と同情」と言うと、羽生は貝取について気になる事があると言います。

羽生は貝取がこの会社の筆頭株主であり、買収を目論んでいる事を知り、モンコレ人気で急成長した「テンドーカンパニー」へと向かいます。買収されるのが嫌で殺したのではと考え、「社長の天堂が犯人であれば貝取がかばうのも説明がつく。社長が犯人となれば、会社のイメージダウンし、株は大暴落。一番損をするのは、筆頭株主の貝取である」と、羽生は言います。社長の天堂に話を聞きに行き、「あの子がそんなことするわけないじゃない。貝取が学生の時、わたしが会社の支援をしたの。その事を感謝しているから、私を裏切るはずがない」と言います。天堂は事件当日は家にいたが、それを証明できる人はいません。

羽生は「天堂にアリバイはなかったが、買収の件は知らないようであった」と菅能に報告をし、菅能は「証拠もなく、動機も曖昧で、無理がある」と言います。星月の通話履歴を調べたところ、目黒探偵事務所と頻繁に連絡を取っていた事が分かり、星月は探偵に貝取の動向を調べるよう、依頼をしていました。星月は貝取を殺すタイミングを探っていた可能性があると、他の刑事が告げます。
一方、弓神はハッカーの和美のもとを訪れ、和美もモンコレをしていて、モンスターをコンプリートしていたので、モンスターの出現場所と時間が分かるのではと聞きます。

再び、星月の元を訪れますが、「帰れ、話す事なんてない」と言われます。菅能はもう1度署でお話を聞かせて下さいと言いますが、断られ、同行できないならここでお話を聞かせてもらいますと、菅能は言います。仕方なく、星月は同行をします。孫娘が心配で、羽生と弓神は傍にいるよと言いますが、「そういう事軽々しく言わないで。皆嘘つきだ」と光希は言います。光希はいじめられていましたが、父親がそれを知り、星を望遠鏡で見せてくれた事がありました。その時、父親がすぐ傍にいるよと言ってくれていましたが、父親は自殺をしてしまいました。弓神はだから光希ちゃんは星が好きなんだねと言いながら、光希が持っていた文集がなくなっている事に気づきます。

星月は「殺そうと思ってない、ちょっと懲らしめたいと思っただけだ。あんな男、不正しているに決まっている」と言います。羽生はもう1度天堂の事を調べてもいいか聞きますが、菅能は同情は禁物と言ったでしょうと言い、羽生は「気になるんですよ、貝取が買収を目論んでいたのは結構な噂です。それを当の本人が知らないというのは不自然です」と言います。羽生に対して、菅能は仕方なく、OKを出します。

一方、弓神は光希の小学校へ行き、光希が持っているのと同じ文集を探し、見つけます。
羽生は天堂の会社に行くと、「社長は外出していて戻らない。緊急の要件であるようだ」と言われます。ハッカーの和美にサプライズ企画について調べてもらい、SNSにより、再び生配信でサプライズ企画を行う事を知ります。弓神は羽生に「今すぐプラネタリウムに向かえ、貝取と天堂がそこにいるはずだ」と、連絡をします。

羽生はプラネタリウムへと向かい、中を見ると貝取がいますが、鍵がかかっていて中に入れません。貝取と共になんと光希の姿が。貝取は光希に対し、今度はちゃんと殺せるといいねと言い、光希は「どうしておじいちゃんが犯人なんて言ったの?」と聞きます。貝取はそっちの方が面白いからと言い、光希は「おじいちゃんは関係ない」と言い、貝取は「ほらどうしたの、もう1度刺しにきたんでしょう?」と言います。羽生が室外から光希の名前を何度も呼びますが、聞こえていません。貝取は「死んじゃってバカで間抜けなパパの敵、とるんでしょう?」と言った時に、羽生がようやく中に入ってきます。羽生も止めようとしますが、光希は叫びながら、貝取をナイフで刺してしまいます。その時、弓神も中に入ってきて、「貝取さん、ナイフで刺されたのに血が全然でてないですね。チョッキでもきているの?」と聞くと、貝取はばれたかと言います。弓神は「相当だね、あなたの執念。天堂さんもどこかにいるんじゃないの?」と言うと、天堂がそこにはいて、羽生はどういう事ですかと言います。弓神は「全部罠だったんだよ。犯人を見ていないと言ったのも、星月さんに容疑をかけたのも、SNSで自分の居場所を知らせたのも、全部光希ちゃんを挑発しておびき寄せるため。あなたたちになにができるんですかというあの時の言葉の意味がようやくわかったよ。14歳未満の行為は罰しない。あなたを襲った犯人は11歳の女の子。だから証言しても逮捕できない。だから自分の手で罰しようとした。違うか?」と言うと、貝取は「そんな小賢しい事言わないでくれ。こっちはサプライズ企画の為に準備をしていただけです。天堂さんに手伝ってもらって生配信していたら、たまたま君の犯行も映り込んでしまったけど。おめでとう。これで君は正真正銘の犯罪者だ。君が僕を刺した映像は広がる。一生つきまとう。はい、社会的に死亡決定」と言います。羽生はお前、なにしてんだよと、貝取にキレます。貝取は「なぜ責められなくちゃいけないのか、悪いのは僕を刺したあの子だ。あなた方、警察がなにもできないから僕が罰した。悪いのはこの子とあんたら警察」と言います。

光希は警察署に連れていかれ、羽生はどうしてこんなことにと言い、弓神は「私の夢」という光希の文集を見せます。そこにはお父さんと一緒に世界で1つだけのプラネタリウムを作る事、それは自分の大好きなモンコレも楽しめるプラネタリウムで、お父さんと一番に見に行きたいと書かれていて、更には以前光希が見せてくれたモンスターの絵が文章と共に描かれていたのです。しかし、そのモンスターは配信中のアプリ「モンコレ」の中にはなく、調べるとこのモンスターは事件があったプラネタリウムでテスト配信された新キャラだったのです。貝取のサプライズ企画とは、元々お父さんと光希が考えた物であり、それはプラネタリウムを見ながらモンコレの新キャラを捕まえようという内容でした。事件の夜、貝取のSNSを見た光希は嫌な予感がし、それで気になってプラネタリウムに確かめに行き、そこでお父さんと光希が考えた企画が丸ごと盗まれている事に気づくのです。お父さんだけでなく、大切な思い出までも盗まれた事がどうしても許せなかったのです。弓神は光希を呼び出し、屋上で望遠鏡を通して星を2人で見ます。光希は「お父さんに会いたい。でももう会えないよ。1つだけあの人に教わったの、どんな事をしても法を犯さなければ罪にならないって。だから、わたしは悪くない。悪くないもん」と言い、弓神は「光希ちゃんの気持ちわかるよ。悔しくて当然だよ。光希ちゃんすごいよな、お父さんのためにあそこまでできるなんて」と言います。光希は「許せなかった。お父さん返してよ、そしたらいい子にする。あの人に謝るから。返してよ」と泣きながら言い、弓神は「お父さんが大好きなだけだったのにな」とぽつりと言います。

菅能は「大丈夫だよ、あの子はちゃんとわかっている。自分がしたことを」と言うと、羽生は「でも光希ちゃんの未来はどうなるのですか。結局貝取のせいで光希ちゃんは」と聞き、菅能はあの動画、どっかの誰かがとめてくれたみたいだよと言います。

天堂は貝取に「あんたの会社のホームページ大変な事になっているみたいだから。もうあなたの脅しにはのらない。買収できるものならすればいい」と言い、ホームページを見ると貝取の脱税について書かれていたのです。それは弓神と和美がのせたものだったのです。

菅能は「事件は終わった。私達にできることは刑事としてない」と羽生に言います。
羽生はうきよ児童相談所を訪れ、光希に会いに行き、そこにはなんと弓神の姿も。3人で仲良くモンコレをするのでした。

刑事ゆがみネタバレ6話の感想

子供が犯人というまさかの展開で、最後には貝取の悪行が世間に暴かれ、すっきりしました。悪い事をしたら必ず自分にも悪い事が返ってくるという事を教えてくれた、ドラマの内容でした。弓神は適当でありながら、子供の気持ちや状況に寄り添ってあげていたので、優しくて人としてかっこいいなと思いました。

刑事ゆがみの6話の見逃し配信の情報

刑事ゆがみの6話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

刑事歪み相関図

刑事ゆがみのキャスト

弓神適当…浅野忠信
羽生虎夫…神木隆之介
氷川和美…山本美月
多々木挙男…仁科貴
町尾 守…橋本淳
菅能理香…稲森いずみ

 

この記事を書いた人

刑事ゆがみ
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング