このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

刑事ゆがみはどんなドラマ?

10月12日(木)よる10時スタートの木曜10時ドラマは「犯罪者の心を読める天才偏屈刑事」と「正義感と上昇志向が強い腹黒刑事」の凸凹バディが難事件を解決する刑事ドラマ『刑事ゆがみ』に決定!

10月12日(木)よる10時スタートのフジテレビ木曜10時ドラマは、全ての人が信じている人・物事だろうと信じない、先入観ゼロで人の心の奥底に潜む闇を鋭く観察し、真実解明のためには違法捜査もいとわず事件を解決していく弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)と、成績優秀で真面目、強い正義感ゆえにふりまわされてしまう後輩の刑事・羽生虎夫(はにゅう・とらお)という凸凹バディがさまざまな事件を解決していく刑事ドラマ『刑事ゆがみ』をお送りします。

正義があまりに主観的で、真実がどこまでも曖昧な社会の中で、刑事・弓神はただひたすらに事実を追い、真実へとたどり着こうとします。弓神にとっては相手が国会議員であろうが、地元の人全員に慕われる教師であろうが、はたまたコソ泥であろうが、前科10犯の凶悪犯だろうが、関係ありません。全て同じ人間である以上、全員容疑者。弓神は軽いフラットな雰囲気で、人々の話を引き出し、そこに潜むわずかなゆがみを見逃しません。彼が求めるのは真実。そのためにはルールを守ったり、空気を呼んだりする事に意味はありません。違法捜査も日常茶飯事。独特な推理力を持つヒーローです。

そして、弓神の相棒を務めるのは真面目で正義感にあふれていますが、腹黒ムッツリな新米刑事・羽生。バンバン犯人を捕まえて点数を上げたい羽生にとって、違法捜査だらけの弓神はとんでもなく邪魔な存在。そんなかみ合わない凸凹コンビがバディが真実を見抜いていきます。
引用元:公式サイト

 

刑事ゆがみネタバレ2話のあらすじ

予告動画 https://www.youtube.com/watch?v=Iqm4CBMEcx8
うきよ署強行犯係の弓神(浅野忠信)は、相棒の羽生(神木隆之介)らとともに、中学校の国語教師・早杉千里(水野美紀)が襲われた強姦未遂事件の捜査を始める。事件は、千里が自宅アパートで仮眠中に、窓から侵入した男が彼女を襲おうとした、というものだった。そこに、千里が勤務する中学校で教育実習をしていた大学生・打越将也(中川大志)が訪ねてきて、犯人と争いになったのだという。千里は、犯人が振り回した花瓶で右腕を負傷。犯人を追おうとした打越は、花瓶の水で足を滑らせてベッドの角で頭を強打し、意識不明の重体で病院に搬送されていた。

だが、千里は、事件を忘れたい、といって被害届も出さず、捜査協力を拒んでいた。菅能(稲森いずみ)は、法改正で強制性交等罪の非親告罪化が決定したことを千里に告げて捜査を開始する。が、千里の教師という立場も考慮し、不法侵入と傷害事件として捜査するよう指示する。
一方、千里と打越の経歴を調べた弓神は、ふたりが教師と教え子の関係性だったことに気付く。

ほどなく、現場に残されていた足跡から犯人の靴が特定され、ある人物が捜査線上に浮かんでくる…。

<スポンサーリンク>

刑事ゆがみネタバレ2話

中学校の国語教師の早杉千里がついうたた寝をしていた時に強姦され、その時に千里の勤務する中学校に教育実習をしていた大学生・打越将也が現れ、窓から逃げる犯人を捕まえようとした際、犯人が花瓶を手にして振り回しました。その花瓶により、千里は右腕を負傷し、打越は花瓶の水で足を滑らせて頭をテーブルの角に強打し、意識不明の重体となっていました。

弓神は「なんで強姦未遂にあったのに先に救急車を呼んだのだろう。110番だと両方呼べるのに」と疑問に思い、それに対して羽生は命の情けで119番を呼んだのだろうと考えます。
千里のもとを訪れる上司の菅能は、千里に「いい加減にしてください。もう忘れたいんです。これ以上詮索しないでほしい」と言い、被害届を出すつもりはないと伝えます。菅能は、法改正で強制性交等罪の非親告罪化が決定したことを千里に告げて、本人の意向なく捜査をしなければならないと伝えます。学校の生徒に知られてしまうのではと心配する千里の教師という立場も考慮し、不法侵入と傷害事件として捜査するよう指示する。

唯一の目撃者である千里からの情報は期待できず、手掛かりは指紋と犯人の足跡だけでした。千里はデリケートな時期なので接触する場合には上司の菅能に報告するよう告げます。
にもかかわらず、弓神は千里に接触し、打越は教え子であるか聞き、「珍しいですよね。一流大学ならば、給料のいい外資などもあるのに。恩師がよっぽどいい先生だったのですね」と話しかけ、千里は私にはよくわかりませんと答えます。それが上司にばれて千里に迷惑をかけて申し訳ないと謝りますが、千里は「私が悪いんです。だからもう終わりにしてほしい。お願いします」と頭を下げます。

羽生は犯人の足跡から靴の購入者を調べたところ、前科3犯の下着泥棒の郷亀哲史が出てきたと上司に報告しますが、同僚の刑事はこれ履いているやつどれだけいると思ってんだよと言います。上司はこれだけじゃちょっとと言いますが、羽生は他にも証拠があったのです。羽生は郷亀に事情聴取をし、事件当日の夜に被害者宅近くのコンビニにいた事が防犯カメラの映像でわかっていると告げます。羽生は下着泥棒がエスカレートし、家に入り込み、被害者を襲ったんだろうと言いますが、郷亀は下着泥棒と強姦魔を一緒にするなと怒鳴りながら言います。弓神は郷亀の指紋は出なかったんだろうなと言い、上司の菅能は下着泥棒がそんなミスはしないだろうと言います。でも足跡は残していったのかと、疑問が残ります。

とにかく郷亀の自宅へと他の証拠を探しに行き、郷亀の部屋は意外と規則性があるように片付けられていて、そこでコンテナのカギを見つけます。コンテナに行くと、下着が沢山隠されていたのです。千里に郷亀の写真を見せて確認しに行きますが、はっきりと覚えていないと答えます。

今度は打越の母親に話を聞きにいき、息子が中学2年生の時の担任であったこと、そこから交流は特になく、春から教育実習でお世話になっていたことを聞きます。弓神が千里に憧れていたんですねと言うと、母親は昔から教師になりたいと言っていたと答えます。息子には元々心臓の病気があり、ちゃんと学校に通えたのは中学からで、だから学校が特別に感じられたのではと母親は答えます。心臓の病気は完治しているが、薬は飲み続けていると告げます。弓神は自宅の息子の部屋を見せてくれないかと聞き、母親は渋々OKをするのでした。

郷亀が盗んだ下着から千里の下着が見つかり、郷亀の事情聴取を再びし、郷亀は相手が何時に帰宅して何時に寝ているのか下調べをしていると言います。「本人が寝ている時に侵入し下着を盗んでいる。本人がいなきゃただの不法侵入になる」と言い、羽生が被害者が起きて襲ったのかと聞くと、郷亀は何の下調べだ、そんなミスはしないと主張します。羽生は言い訳かと言いますが、郷亀はこれが真実だと怒りながら言います。

弓神は千里のアパートへと向かい、弓神が実際に花瓶を振り回す事をしてみて、「犯人は窓から逃げたはずなのにわざわざ逃げる直前に花瓶を取りに来た事になる。それは不自然じゃないか」と疑問に思います。しかも郷亀は右利きなのに、花瓶を自然に取るには玄関から入ってきた人だと考えます。しかも左利きの人間となると、打越ではないかという事になってきます。彼の部屋のパソコンのマウスは左にあり、ギターを弾く時も左で、左利きである事が分かります。犯人は他に凶器にある物があるのに花瓶を選んだのか、花瓶だと水はかかるし破片は飛び散るのでいい事はなにもありません。羽生はそれに対し、花瓶を壊したかったではないかと考えます。弓神は打越のかぎのかかった引き出しから、日記を持ってきていました。そこにははじめには学校がいやだ、つまらない等と書かれており、千里と打越が交互にメッセージを書いており、それは先生との交換日記だったのです。打越は大好きな先生に花瓶をプレゼントしており、その花瓶をあえて凶器に使っていたのです。弓神は愛が深いほど裏切られた時に憎しみに変わると言い、羽生はでも恋愛とかじゃないですよねと言いますが、弓神は恋愛にもいろいろあるんだよと答えます。

上司に報告すると、菅能がじゃあ千里が嘘ついていたのかと言うと、おそらくと答えます。打越と痴話喧嘩だとしても、なぜ強姦されたなんて嘘をついたのかと疑問が残ります。他の刑事が「病院に打越の恋人が見舞いに来ていた。でもいまは恋愛感情がないのでは」と言います。恋人に話を聞きに行くと、「もうとっくに別れた。わたしはまだ好きだけど」と話をします。なんで別れたのかと聞くと、「他に好きな人ができたのでは。付き合っている時も自分の事を全然見ていなかった」と元カノは答えます。それでも好きなんですかと羽生が聞くと、元カノは「打越はとてももてるから、付き合えただけでもラッキー。今年の春ぐらいから誰とも遊ばなくなって。学校の先生目指すとかいって」と話をします。

ハッカーの和美にこの時期に旬の柑橘類と成分を調べてと頼みます。
上司の菅能と羽生は退院した千里のもとを訪れ、車で送っていきます。弓神の元に和美から、心臓の薬に合わない柑橘類にはフラノクマリンという成分が含まれている事、それを含む柑橘類の名前と産地が送られてきます。なんとその中の一つが以前、千里の部屋に置いてあったのです。千里の交友関係を改めて調べる事にし、菅能に40代独身・仕事一筋・無趣味で興味のあることはと聞くと、結婚と答えられ、千里が利用していたという結婚相談所へと行きます。6年前一度登録していたが、縁がなく、退会していて、また入会していたことがわかります。千里に紹介した相手は市内に住んでいて、高知出身のサラリーマンの秋山という人物でした。二人は秋山に連絡をとりますが、ぷつりと電話を切られてしまいます。
上司の菅能からは打越の容態が急変したと連絡が入り、二人は急いで病院へと向かいます。千里は打越の病室に入ろうとしますが、打越の母親にとめられ、誰のせいでこんな風になったと思っているのと怒鳴られます。千里は走って屋上から飛び降りようとしているところを、羽生に引き留められて危機を逃れます。打越の容態も落ち着いたようですが、まだ意識は戻りません。

弓神はこんな状況になっても本当の事を話す気にならないかと聞きますが、千里は本当の事とはなんですかと言います。弓神は「事件の日、先生の部屋には来客があった。フラノクマリンという成分が入っている柑橘類を打越が買うはずもないし、先生が買うはずもない」と言うと、知り合いからの頂けものですと千里は答えます。

弓神は紹介相手の秋山に話を聞いていて、事件の日共にお酒を飲み、千里の部屋に行き、二人がベッドにいる時に、打越がやってきたのでした。秋山がいる事に気づき、打越はどういうことだよと大声で言いながら怒ります。窓から逃げる秋山を待てよと止め、花瓶を怒りにまかせて投げ、千里が花瓶の破片でけがをし、秋山を追いかけようとし、花瓶の水に足を滑らせ、頭を強打したのでした。弓神はこれが真相でしょと千里に聞き、羽生がなぜ強姦されそうになったなんて嘘をついたのかと尋ねると、弓神は「打越との関係を隠したかったんだろう。本当の事を話せば二人が恋人同士とばれる。」愛する男の未来に影をおとしたくなかったんだろう」と言います。ようやく千里は強姦はありませんでしたと正直に話し、秋山さんとは合意の上で、打越が強姦だと勝手に勘違いしたのでした。ですが千里が秋山に抱いてくれと前もって頼んでいたのではと弓神が言います。

千里は「秋山に結婚する気はない。でも一度だけ頼んでくれないか」と言っていて、戸惑う秋山に「理由はきかないでくれ。お願いします」と言い、秋山には千里がなにかに悩んで切羽詰まったように見えたようでした。羽生がなにか理由があったのではと聞くと、そういう女なんですと答える千里。ですが最後になって秋山との行為を拒んでしまったのでした。秋山は腕にあざを作ったが、告訴するつもりはないと言っており、立憲するのも難しいだろうと話す上司の菅能と弓神。じゃあ刑事いらなくないですかと言う羽生。二人が帰ると、千里は「すべて自分が悪いんです。自分の為に嘘をついた。私この年になって一度も男性経験がないんです。それで秋山にお願いをしたんです。正直誰でもよかった」と言い、それに対して菅能は「恋人に嫌われたくなかったんじゃないの。女性経験が豊富な彼に嫌われたくなかったのでは」と聞くと、千里はこんなみじめな事を誰にも知られたくなかった。結局怖じづけましたけど」と答えます。菅能は本当に好きな人がいたからでしょと言い、千里はいえそんな人はいませんと答えます。

羽生は先生の本心はどこにあるのだろうと言うと、弓神は「どこにあるのだろうな。真相なんて知らない方がいい事ってこともあるんだよ」と言います。打越の気持ちはどうなるんですかとまた羽生が聞くと、弓神は人の気持ちなんて通じ合う方が奇跡だからなとぽつりと言います。

実際は打越と付き合っており、それは打越の母親にもばれていて、「あんたいくつだと思ってんのよ。学校に言いましょうか。あんた私との方が年近いのよ。恥ずかしくないの。息子には未来があるのよ」と怒鳴られた事もあったのです。打越は千里に「俺の未来は自分で決める。千里と一緒にいたい」と伝えていたのです。
千里は辞表を書き、学校をやめる決心をしていました。羽生は千里の学校に訪れ、打越が目を覚ましたと伝えに来ました。打越は目を覚ますと、千里は大丈夫と千里の事を一番に心配していたのです。

刑事ゆがみネタバレ2話

二転三転と犯人や、事件の様子、事件の実情も変わってきて面白かったです。事件の犯人を追い求めるだけでなく、大切な事を教えてくれるドラマなので、見ていて学ぶべきことも多くあります。今回年の差があるにも関わらず先生を想いつづけた打越の姿がかっこよく、感動してしまいました。それぞれに相手の事を想い、勘違いしすれ違いする事もあるのだなと思いました。次回もどのような内容か、楽しみです。

刑事ゆがみの2話の見逃し配信の情報

刑事ゆがみの2話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。


刑事歪み相関図

刑事ゆがみのキャスト

弓神適当…浅野忠信
羽生虎夫…神木隆之介
氷川和美…山本美月
多々木挙男…仁科貴
町尾 守…橋本淳
菅能理香…稲森いずみ

この記事を書いた人

刑事ゆがみ
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング