このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

刑事ゆがみネタバレ最終回のあらすじ

弓神(浅野忠信)は、ヒズミ(山本美月)が意識不明のまま収容された病院に現れたのを最後に、羽生(神木隆之介)たちの前から姿を消す。
うきよ署では、ドライブレコーダーの映像などから、資産家の元医師・薮田恒男(渡辺哲)を殺害したのは、死んでいるはずの作家・横島不二実(オダギリジョー)であると断定し、捜査を開始する。横島は、7年前に自らの小説『ロイコ』になぞられた殺人事件を自演し、河合武(渋川清彦)・伊代(酒井美紀)夫妻を殺害していた。そのときに生き残ったひとり娘がヒズミだった。横島は、逮捕される直前に焼身自殺したはずだった。だが、その死は、弓神によって偽装された可能性が高かった。

それから数日後、ヒズミが突然病院からいなくなる。筆談用のボードには「もう元気になりました」という文字と、ロイコ事件で殺害現場に残されていたものと同じカタツムリのマークが描かれていた。

同じころ、漫画喫茶にいた弓神は、『ロイコの部屋』サイトで、「空飛ぶサンタを見たい人募集。豪傑で強靭な男性優遇」という募集告知を見つける。横島が書いた小説『聖なる夜空にサンタが舞う』の中にも、「豪傑で強靭な男たちがやってきて、その刑事を襲った」という描写があった。
弓神の行方を追っていた羽生は、漫画喫茶でようやく彼の身柄を拘束する。そこで弓神は、横島がまだ犯行を続ける気でいることを羽生に告げた。
「お前か俺のどっちかが狙われているんだよ」と――。

<スポンサーリンク>

刑事ゆがみネタバレ最終回

ロイコ事件で焼身自殺したはずなのに、薮田恒夫の殺害の事件に横島が関与されていたとされます。さらに、横島は生きているとされます。おそらく報告書が偽装されていて、その報告書を書いたのは弓神でした。

弓神のもとに横島から連絡が来て、今夜の海は冷たそうだなと言われ、和美に何をしたんだと弓神が聞くと、「本当の事が知りたいと言うから、生まれ育った場所に連れて行っただけ。お前がロイコ事件の犯人で、僕になすりつけた事も全部話したよ。そしたらパニックを起こして」と言います。何がしたいんだと弓神が聞くと、「お前に時効はないからな。今、小説の最終章を書いているところなんだよ」と言い、弓神はゴーストライターもいないのに書けるのかと言います。横島は「結末をどうしようか、なんかアイディアあるか」と言い、弓神は「和美には手を出さないように、お前なんか簡単に捕まえられる」と言います。その時、弓神の真後ろの看板をトラクターで突き破り、横島が「簡単か、捕まえてみろよ。ばれて困るのはお前だ」と言いながら、現れます。

羽生が和美の病室を訪れると、和美の姿はなく、ホワイトボードには元気になりましたというメッセージと共に、あのかたつむりのマークが書かれていました。

弓神がロイコの部屋のホームページを見ると、「聖なる夜空にサンタが舞う 空飛ぶサンタを見たい人、急募。強靭な男優遇」と書かれていました。小説を見ると、「強靭な男がやってきて、その刑事を襲う」と書かれていたのです。その時、羽生が弓神の事を追って、漫画喫茶に現れ、「やっと見つけましたよ、和美さん病院から消えました」と言います。二人はもみ合いになりながらも、羽生は弓神に手錠を掛けます。弓神は「外せ、横島を捕まえないとやばいんだよ。俺か、おまえのどちらかが狙われているんだよ。いいか、横島はまだ犯行を続ける気だ。あの小説通りだと、ターゲットは刑事だ」と言います。

「横島と何度か電話で話したんだよ。いつも非通知だ。携帯会社に申請し、奴の発信元を特定してほしい。そしたら奴のアジトも特定できるはずだ。それと、横島を捕まえるまで俺を自由にしろ」と弓神は言い、羽生は携帯も繋がらないのに無理だと答えます。弓神は電話番号を書き、「他の奴には教えるなよ、お前には必ず連絡する」と言い、羽生は「今まで散々裏切ってきたのに信じろと?」と言います。

菅能に弓神はいたか聞かれ、羽生はいなかったと言います。菅能に「横島の元担当編集者に聞き込みに行くけど、来れる?」と言われ、羽生は共に聞き込みに行く事に。横島と河合た武を私が引き合わせたんです。たけしとは大学時代からの友人で、フリーのライターをやっていてお金がないのに結婚をしたんです。それで横島に私が紹介したんです」と話します。何のためにと菅能が聞くと、ゴーストライターを探していたのでと答えます。「武さんが横島のゴーストライター?」と聞くと、そうと頷きます。「最初は上手くいってたんです。横島もたけしの力を認めていたし。でもある時から関係がこじれてしまって。武が酔っていた時に言ってたんですよ、俺は仕事も生活もゴーストだと。殺してやりたいと。家族まで横島に乗っ取られた」と話します。

横島と和美が一緒にいて、横島は「まだ僕の事思い出せない?」と聞き、うんと頷きます。横島は「小さい頃、何度か会っていたんだけどな」と言いながら、そこには和美がまだお腹にいた頃の河合夫婦の姿と、横島がうつっています。「声が出せないのはなかなか辛いよね、でも声を出せても話し相手がいないというのは同じくらい辛い」と横島は言います。

羽生は、武が生活もゴーストと言っていた意味を考えていますが、なかなか難しく、頭を悩ませています。河合武でデータベースを検索すると、そこには強姦被害の相談の履歴を見つけます。
一方、和美の携帯には弓神からの沢山のメッセージが来ています。横島は「中華街で君を見た事がある。弓神と一緒で、餃子を口いっぱいに入れて食べていた。あの時の君は楽しそうだった」と言います。横島は和美の口に無理やり食べ物を詰め込もうとし、和美は嫌がっています。

ロイコの部屋のチャットには強靭さに自信がある男たちから次々とメッセージが届いています。弓神は羽生に連絡し、「横島が動き出したぞ。頼んだものはまだか?」と言い、羽生は満喫で待っていてくださいと伝えます。その時、羽生のもとに、横島の携帯についてのデータが届き見ていると、弓神の件で話があると他の刑事に呼び出されます。
薮田恒夫殺害の犯人が横島であるという証拠は、焼けた免許書であると言います。きっと、弓神が免許書を焼いて、仕込んだのでしょうと他の刑事は言います。羽生や他の刑事は焼身自殺されたとされるのは7年前で、虚偽公文書作成罪の罪は7年なので、弓神の時効は明日までである事に気づきます。

羽生は満喫へと向かい、その時弓神からの着信に携帯を見ていると、いきなり後ろから何者かに襲われ、車に乗せられて連れていかれます。ロイコの部屋のチャットにサブキャラ確保と書かれている事に、弓神は気付きます。弓神は菅能に羽生がやばいと連絡をし、「ロイコの部屋の人達を特定してほしい」と頼み、菅能はサイトの特定と管理人の位置情報の確認を急ぎます。チャットには「ボスキャラはまだ?」と書かれています。
弓神が満喫の外に出て羽生に連絡をすると、そこには羽生の携帯が落ちていました。弓神も後ろから襲われてしまいます。

他の刑事たちは投稿としたと思われる人物がいる場所へ向かい侵入すると、投稿者らしき人物が複数いて、追いかけて捕まえます。
羽生が気が付くと、台車に乗せられて、自分はサンタ姿で、意識を失ったサンタ姿の和美が隣にいます。横島は「小説ではクリスマスイブの11時にサンタが空を飛ぶ事になっていた」と言い、羽生は「お前の犯行は警察が把握済みだ。武さんの奥さんを20年前に強姦したんだろう?通報記録がちゃんと残っている。ゴーストライターの武さんに嫉妬したんだろう?自分よりも能力があったから。武さんに屈辱を与える為に、奥さんに手を出したんだろう?」と言います。横島は「僕がした事は弓神の筋書き通りに、軽く小説家を演じただけだよ。小説をベストセラーにするためだ。ロイコ事件は、全部弓神が考えたことなんだよ。あいつ、刑事のくせにいっちゃっているだろう?」と言い、羽生は「そのいっちゃっている刑事が、天才小説家より面白い事を考えたってことだな?」と言います。
一方、その時、弓神も車で連れていかれていました。車中では「ケバブのにおいがする、うきまる電器」など場所が特定できそうなワードを言い、電話を切らずにし、菅能に電話で伝わるようにしていました。ですが、途中で相手に、電話を切っていない事がばれてしまいます。

台車を押す横島。羽生は「言い過ぎました、すみません。待ってください、命だけは助けて下さい」と謝ります。落とされるぎりぎりで台車を止められ、横島は「ボスキャラがまだなんだよ」と言いながら、台車を引き返していきます。

弓神が話していた情報により、車がどのあたりを走っていたか、特定ができました。

横島のところに弓神も到着し、横島は「知っている?サンタって1人だけなんだよ、どっちにする?大切な女か、かわいい部下か」と言い、弓神は「ずいぶん練った筋書きだな。お前も腕を上げたな」と言います。
弓神は「どっちにする?罪をかぶって自分の作品通りに殺人を再現したカルト小説家として名を残すか、ゴーストライターがいないと何もできない強姦魔とばらされるか。どっちにする?」と言い、7年前に横島に選ばせたことがあったのです。
「僕にも7年前、選ばせたよね?あれから僕がどんな生活してきたか、想像できる?まるでゴキブリだよ。それなのにお前は能天気に笑って」と横島は言い、弓神は「わかった、俺がサンタになるよ?その方が小説も盛り上がるだろう?」と言います。横島は「おい、お前がサンタでどこがおもしろいんだよ?」と言い、弓神は「じゃあ、じゃんけんはどうだ?俺が勝ったら和美サンタで、負けたら羽生サンタで」と言います。その時、羽生と和美は手錠を解こうと必死にしていました。横島は「じゃあ、あいこは2人サンタね」と言い、弓神は「わかった、じゃあ羽生サンタで」と言うので、羽生に「このひとでなし」と言われます。弓神は「わかった、こいつらの前では大声で言いづらいんだよ」と言いながら、小声で「和美はお前の娘だ。母親に聞いたんだよ、でも母親は訴えなかった。なぜだかわかるか?娘の父親を犯罪者にしたくなかったからだ」と伝えます。決まりだなと言いながら羽生を台車から下し、横島は「そこまでしてこの女守りたいんだろう?」と言いながら、台車を引っ張っていきます。羽生や弓神はやめろと叫び続けます。その時、和美に天国行こうなと横島は言い、和美は事件の時に、「天国で本当の家族になろうな」と言われた事を思い出し、パニックになります。ぎりぎりで進む台車をなんとか止めますが、弓神が宙づりになってしまいます。そんな弓神を羽生と和美はおさえ、その時横島は金属バットを持ち出します。和美を見ると、横島はバットを放り投げ、去っていきます。警察がサイレンを鳴らしながら、現れたのです。菅能らは和美を見つけますが、羽生と弓神の姿が見当たりません。

横島のアジトはラブホであるとわかり、別のラブホから羽生と弓神は潜伏します。羽生は真実を教えて下さいと弓神に言い、弓神はやだねと言います。「実は横島の携帯の発信を調べろと言われた時に、ついでに弓神さんのも。ロイコ事件が発生した7年前からの全データです。弓神さんは、武さんの奥さんや和美さんから父親から虐待をされていると、相談されていました。奥さんと武さん、和美さんの出生をめぐってもめていたんじゃないですか?」と羽生は聞きます。

当時、「誰の子だよ。横島か?仕事も生活もあいつのゴーストかよ」と言いながら武さんと奥さんは揉めていたのです。問い詰められた奥さんは、横島に乱暴されてできた子かもしれないと打ち明けます。それを聞いた武さんは警察に通報をし、でも奥さんはその事実を否定したのです。羽生は「そこから始まったんじゃないですか?奥さんに対する武さんの暴力が。事件直前に和美さんは弓神さんにママが殺されると連絡をしています」と言います。
その時、奥さんは武さんに刺され、武さんに次は和美だと言われます。武さんは天国で本当の家族になろうなと言いながら、血でロイコマークを描いています。
羽生は「事件現場に一番に駆け付けたのは弓神さんなんですよね?和美さんから話を聞いていた弓神さんはすぐに状況が把握できたはずです」と言います。当時、和美の傍には血が付いた金属バットを握っていて、武さんの頭部から大量出血をしていました。和美はショックで記憶を失ってしまったのです。
羽生は「そして弓神さんはある事を思いつき、金属バットを洗い、和美さんの事件への関与を隠ぺいした。誰も傷つけずに、ただ和美さんの将来を守りたかっただけなんですよね?」と聞き、弓神は「全然違うね。交番時代に迷子になった和美を助けた事があるんだよ、。刑事になってからしばらく会っていなかった。そしたら突然、和美から電話が来て、ママがパパから暴力を受けているから助けてほしいと。それであいつの家にいって、被害届を出すように言ったんだ。だが、母親は出さなかった。日に日に横島に似ていくのを見て、何もできなかったんだ。それに耐えられなかった旦那と妻が無理心中した」と言います。羽生は「武さんの死因は頭部を殴打された事によるものです。物理的にありえません」と言います。弓神は俺が手を加えたんだよと言いますが、羽生は「何のためにですか?心中だったら偽装する必要ないでしょう?」と言います。それでも弓神は「親が心中したら、子供が悲しむだろうなと思って」と言い、羽生は「心中でも殺人でも子供は苦しみます」と話します。弓神は「親に見捨てられた失望感、味わった事ないだろう?和美は被害者だ」と言い、羽生は頑固な人ですねとつぶやきます。

一方、和美は菅能に事情を聴かれていて、和美はパソコンというワードを紙に書きます。パソコンで文字を打ちながら話をする事に。和美はパソコンで「ママが殺される。ママがパパに殴られている間、弓神おじさんにメールした。でもママが殺されて次は私が殺されると思った」と打ちます。パソコンで文字を打ちながら、和美はパニック状態になります。その後、パソコンには「バットでパパを殴った、人殺しは私です」と打たれていました。

菅能から羽生に連絡があり、羽生は弓神に「和美ちゃん、自供しました。父親を殺したって。でも当時12歳だったため、罪には問われない」と伝えます。それを聞いて、弓神は泣いています。弓神は「時間がない。早くしろ。法に乗っ取って逮捕するのがお前の仕事だろう」と言いながら、手を差し出します。羽生は泣きながら、手錠をかけるのができずにいます。手錠を掛けようとした時、時計を見るとクリスマスイブは終わっていて24時になっており、羽生は「え?お前、ウソ泣きだっただろう?騙したな」と言い、弓神はこの時計壊れているんだよと笑いながら言います。「俺、横島探してくるから」と言いながら弓神は部屋を出て、羽生が双眼鏡を覗くと、1つの部屋にはロイコマークの旗がかかっていたのです。

和美はマンガ喫茶を去ろうとして、その時店員に呼び止められ、いつものひげの人からと言いながら紙袋を渡されます。そこには帽子と、元気でなと書かれた馬券が入っていたのです。和美はありがとうと声に出して言います。

羽生たちは刑事として捜査に向かい、そこには警察官姿の弓神がいたのです。羽生がふつやめますよねと言うと、おいしいからやめませんと弓神は答えます。本当はまだ横島を追っているのではと聞くと、ただおいしいからやめませんと答えます。羽生に開けて来いと言われ、弓神は針金を持ち、開けに行きます。

刑事ゆがみネタバレ最終回の感想

和美を想う弓神の様子、ずる賢く警察をやめない姿、羽生や弓神、他の刑事たちのナイスコンビな様子がみられ、面白かったです。横島がまだ捕まっていないので、続編があればぜひ見たいなと思いました。

刑事ゆがみの最終回の相関図

刑事歪み相関図

刑事ゆがみはどんなドラマ?

10月12日(木)よる10時スタートの木曜10時ドラマは「犯罪者の心を読める天才偏屈刑事」と「正義感と上昇志向が強い腹黒刑事」の凸凹バディが難事件を解決する刑事ドラマ『刑事ゆがみ』に決定!

10月12日(木)よる10時スタートのフジテレビ木曜10時ドラマは、全ての人が信じている人・物事だろうと信じない、先入観ゼロで人の心の奥底に潜む闇を鋭く観察し、真実解明のためには違法捜査もいとわず事件を解決していく弓神適当(ゆがみ・ゆきまさ)と、成績優秀で真面目、強い正義感ゆえにふりまわされてしまう後輩の刑事・羽生虎夫(はにゅう・とらお)という凸凹バディがさまざまな事件を解決していく刑事ドラマ『刑事ゆがみ』をお送りします。

正義があまりに主観的で、真実がどこまでも曖昧な社会の中で、刑事・弓神はただひたすらに事実を追い、真実へとたどり着こうとします。弓神にとっては相手が国会議員であろうが、地元の人全員に慕われる教師であろうが、はたまたコソ泥であろうが、前科10犯の凶悪犯だろうが、関係ありません。全て同じ人間である以上、全員容疑者。弓神は軽いフラットな雰囲気で、人々の話を引き出し、そこに潜むわずかなゆがみを見逃しません。彼が求めるのは真実。そのためにはルールを守ったり、空気を呼んだりする事に意味はありません。違法捜査も日常茶飯事。独特な推理力を持つヒーローです。

そして、弓神の相棒を務めるのは真面目で正義感にあふれていますが、腹黒ムッツリな新米刑事・羽生。バンバン犯人を捕まえて点数を上げたい羽生にとって、違法捜査だらけの弓神はとんでもなく邪魔な存在。そんなかみ合わない凸凹コンビがバディが真実を見抜いていきます。
引用元:公式サイト

 

刑事ゆがみのキャスト

弓神適当…浅野忠信
羽生虎夫…神木隆之介
氷川和美…山本美月
多々木挙男…仁科貴
町尾 守…橋本淳
菅能理香…稲森いずみ

 

この記事を書いた人

刑事ゆがみ
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング