このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページは、監獄のお姫さまネタバレ8話あらすじの記事になっています。

<スポンサーリンク>

監獄のお姫さまの相関図

監獄のお姫さまネタバレ8話のあらすじ

2014年冬。
カヨ (小泉今日子) は美容資格国家試験を受け見事合格、刑務所内にあるつぐない美容院で働くことになった。ある日、長谷川 (塚本高史) がつぐない美容院に来店。つかの間の幸せな時間を過ごすカヨと長谷川だったが、突然入ってきた 若井 (満島ひかり) に復讐ノートについて詰められる。動揺したカヨは復讐ノートを探すが、すでにノートは若井の手に…。
懲罰房に入れられたカヨは、しのぶ (夏帆) の冤罪の真実を晴らすため、犯罪者でも正義を貫きたいと必死に訴える。だが、ふたばは刑務官として激しく批判し、結局は目の前からの現実逃避だと叱責する。

そんな中、千夏 (菅野美穂)・明美 (森下愛子)・リン (江井エステファニー) が仮釈放になり、カヨにしのぶを託し出所していく。それぞれが、出所した先とは…。

一方、2017年12月24日。
アジトのガレージでは、吾郎 (伊勢谷友介) が思い出話しを語り始め、結束バンドを解くよう千夏に迫っていた。その様子を遠巻きに観察していたカヨたちだったが、洋子 (坂井真紀) が仕掛けた爆弾の爆破時間が迫っていることに気づき慌てふためく。
そこに、若井が 晴海 (乙葉) を連れガレージに戻ってくる。
若井の真の目的とは… !?

<スポンサーリンク>

監獄のお姫さまネタバレ8話

雑な犯罪計画

ふたば(満島ひかり)と晴海(乙葉)はアジトへ向かった。その頃、アジトに残っていた千夏(菅野美穂)に吾郎(伊勢谷友介)は「もっと早く出会いたかった。」と迫り、結束バンドを切らせようと企んでいた。カヨ(小泉今日子)、洋子(坂井真紀)、明美(森下愛子)、長谷川(塚本高史)はアジトへ戻る途中、なぜふたばが仲間に入ったのかを考えた。

2015年、カヨは美容師の国家試験を受けた。教室に忘れていた復讐ノートを無事回収したカヨ。誰にも見られていないと思っていたカヨだが、ふたばは中を見ていた。(コピーまで撮っていた!)

アジトへ向かっていたふたばは、晴海に今回の誘拐のいきさつを話した。復讐ノートには吾郎が真犯人だと書かれていたことを伝えたが、晴海は驚かなかった。ふたばは犯罪計画が雑で絶対に失敗すると思い、止めさせたかった。

カヨは美容師の試験に合格した。刑務所内の美容院で働くカヨの1番のお客さんは長谷川だった。2人はイチャイチャして束の間の時間を楽しんだ。上機嫌のカヨの元に復讐ノートについて話を聞かせて欲しいとふたばがやってきた。狼狽えるカヨ。ノートは没収された。仮釈放の時に返して貰えるのか確認するカヨに、「仮釈放なんて認めない。犯罪者を野に放つようなものだ。」とふたばは言った。カヨは犯罪者は本当のことを言っちゃいけないのかと訴えた。ノートを返してと頼むカヨに「どんな理由があっても再犯する奴は許せない」と拒否するふたば。カヨは「初犯で捕まらない奴の方が許せない。雑魚にだっておばさんにだって正義はある。」と訴えた。ふたばは「そんな感情は今だけで娑婆に出たら忘れる」と言った。千夏、明美、リン(江井江ステファニー)は仮釈放された。立ち去る3人にカヨはメールアドレスを伝え、復讐を約束した。有名人の千夏が釈放され、刑務所の玄関には報道陣が集まっていた。千夏はカメラに向かって謝罪した。明美の迎えに若えの(尾美としのり)がやって来た。(もう全然若くない!!)若えのはもう1度組長と縁りを戻して組を立て直して欲しいと明美に頼んだが、明美は「約束がある」と断った。

千夏は財テクタレントとして芸能界活動を再開し、民放各局で謝罪した。千夏はテレビ局で吾郎と偶然出会った。

カヨらはアジトへ到着した。千夏は吾郎の1本ずつ結束バンドを切り、ダンスをしていた。ハニートラップ?不審に思うカヨたち。カヨは誰かがアジトで隠れていることに気付いた。長谷川の助手の今池だった。吾郎は千夏に「一緒に逃げよう。君と僕なら割り切って大人の関係を気付けるはずだよ。」と迫った。その時、吾郎の足元の時限装置が動いた!解除をするよう求める吾郎に、千夏は「だったら白状して!どうやって恋人を殺したの?答えて!」と言った。そこへふたばが戻り、結束の合図。おばさん達はビシッ!と動き、吾郎を再び結束バンドで拘束した。ふたばに抱きつくおばさん。すると晴海が姿を現した。その時吾郎の時限爆弾が「ポンッ」と爆発?した。隠れていた今池はボイスレコーダーで吾郎と千夏の会話の一部始終を録音していた。爆笑ヨーグルト姫事件の裁判資料と新聞記事を持参した今池をやっかむ長谷川。

晴海も同席し、信じているから勇介の為にも真実を話すよう訴えた。

仮釈放

2015年・秋。しのぶ(夏帆)はもうすぐ仮釈放のカヨに覚えていることを全部話した。吾郎の恋人の存在はしのぶよりも先に先代の社長であるしのぶの父の耳に入った。六本木のクラブのママだったユキ(雛形あきこ)の店に接待で行った際、ユキ本人から聞かされたのだ。怒り心頭のしのぶの父は、吾郎を出世コースから外した。それがユキを殺した動機??カヨの仮釈放が近付き、面会に来た長谷川は自分が身柄引き受け人になると申し出たが、カヨは迷惑かけるからと断った。カヨは長谷川が好きなのは今だけ、69番の自分が好きなんだ、外に出たら冷めると言い、「よっぽどバカにならなきゃ恋愛は無理、ごめんね」と言った。仮釈放されても迎えには来ないでと言うカヨに、「来るよ!何年待ったと思ってんだよ!俺が迎えに来なかったら誰が来るんだよ!誰も来ないだろう!」と長谷川は言った。

カヨとふたば

翌朝、カヨは仮釈放が決まり、釈放前準備寮へ移動した。寮へ入るとふたばが出迎えた。ふたばは1週間、カヨの釈放前教育を担当することになった。カヨは社会生活にすんなり戻れるようもう番号では呼ばれなかった。食事は自炊。カヨとふたばは一緒に料理をし、穏やかに過ごした。最後の夕飯はカヨがふたばに感謝の気持ちを込めて作った。ふたばは受刑者と打ち解けるのは初めてだと話した。ふたばは受刑者が好きではない。勝手に線を引き、犯罪者の気持ちなんかわからないでしょうという態度が気に入らない。裏切るし、期待もしない。でもカヨは違った。カヨは図々しく自分をさらけ出したから、ふたばも返した。ふたばは、復讐ノートを読んでカヨがイイ奴だと確信した。ふたばは「馬場カヨのことは嫌いじゃない。だからこれは渡せない。先生としてじゃなく母親として渡せない。好きだからもう会いたくないの。ごめん。」と言った。そしてカヨは仮釈放された。「馬場カヨ~!!!」叫ぶしのぶ。「更生するぞーーーっ!!!」とカヨは言い、刑務所を出た。

監獄のお姫さまネタバレ8話の感想

カヨとふたば、本当に打ち解けてとても良い関係ですね。釈放前教育で2人で生活しているシーン、なんか素敵だったな。本当に旅立ち前の娘を送る母のようだった!あと、2人で聖子ちゃん歌ってるシーン最高だったな~♪満島ひかりさんが歌っているのを久しぶりに見たけど、やっぱり上手!満島ひかりさん、何やらせても光る、素晴らしい女優さんですね。Folder5の頃からは全然想像つかないわ!

このドラマ、本当にみなさんの演技が秀逸ですっごく面白い!小泉今日子さんのオバサン具合はもちろん、菅野美穂さんの振り切った演技も面白すぎるし、伊勢谷友介さんと塚本高史さんのダメっぷりも最高ですね~。

さて、今回はアジトに晴海もきましたね!どんな展開になるんだろう…。吾郎はきっと真犯人ではないと私は思ってます。では誰?正直わからない…。みんな怪しい。晴海も怪しいし、やっぱり姫も疑わしい。しのぶの父親もユキの存在に激怒してたし怪しい!でもお父さん入院中だったか?じゃあしのぶの母親は?クドカンだからきっとすごいどんでん返しが待ってるはず。あ~楽しみ!!

監獄のお姫さまの8話の見逃し配信の情報

監獄のお姫さまの8話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

監獄のお姫さまはどんなドラマ?

超豪華な女優陣が共演として集りました。小泉同様ドラマや映画、CM などで幅広く活躍する満島ひかり、夏帆、坂井真紀、森下愛子、菅野美穂といった面々が顔を揃えます。

人間が普通に生まれて、普通に暮らして、普通に死んでいく…。これがいかに平凡で、儚くて、幸せなことであるかを、笑って泣ける人間ドラマとして描く火曜ドラマ 『監獄のお姫さま』。今まで誰も見たことのないクライムエンターテインメントを、この秋お届けします!

監獄のお姫さまのキャスト

馬場カヨ  …  小泉今日子
若井ふたば …  満島ひかり
江戸川しのぶ … 夏帆
大門洋子  …  坂井真紀
足立明美  …  森下愛子
勝田千夏  …  菅野美穂
板橋 吾郎 … 伊勢谷友介

長谷川 信彦 … 塚本高史
小島 悠里 … 猫背 椿
護摩 はじめ … 池田成志

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング