このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

このページは、監獄のお姫さまネタバレ7話あらすじの記事になっています。

<スポンサーリンク>

監獄のお姫さまの相関図

監獄のお姫さまネタバレ7話のあらすじ

エドミルク社長室では、若井 (満島ひかり) が刑事の 池畑 (米村亮太朗) から 吾郎 (伊勢谷友介) 誘拐に関する尋問を受けていた。「古井わかば」 という刑務官が存在しないことを問われた若井は…。

2014年。
自立と再生の女子刑務所に 長谷川 (塚本高史) がタキシード姿で、カヨ (小泉今日子) の面会にやってきた。獄中結婚を前提とした獄中交際を申し込む長谷川に、動揺を隠し切れずドキドキするカヨ…。
一方雑居房では、カヨ達の吾郎捕獲作戦会議を始めるが、おばさんたちの妄想トークが広がるばかりで中々具体的な実行計画まで進まない。だが、吾郎への復讐計画を実行するため、ありとあらゆる資格を取ろうとカヨ・しのぶ (夏帆)・洋子 (坂井真紀)・明美 (森下愛子)・千夏 (菅野美穂) たちは猛勉強を始める。

ある日、刑務所の体育館で居室対抗スポーツ大会が開催され、カヨと千夏ペアがバトミントンで優勝、卓球では洋子としのぶペアが 悠里 (猫背椿) とオバケ (あびる優) ペアと対決する。そんな中、刑務官の北見 (河井青葉) から洋子の刑期終了を突然伝えられ…。

2017年。
アジトでは、洋子が吾郎に自分の服役した理由から刑期満了までの話を語り出す。洋子の過去はあまり語られたことがなく、吾郎と共に耳を傾けるカヨたち。
実は同室で一番古株だったという洋子が犯した罪とは… !?

<スポンサーリンク>

監獄のお姫さまネタバレ7話

潜入刑務官?

EDOミルク本社でふたば(満島ひかり)は今回の誘拐事件について刑事に疑いをかけられ問い詰められていた。偽名を使っていたこともしのぶ(夏帆)と繋がっていることもバレてしまったふたばは偽りの話をした。刑務所内でしのぶは有名人で派閥を作りトップに君臨し、4人の凶悪な下僕を従える「悪ウーマン」の女王蜂的存在だった、と。復讐計画を練っていることをいち早く察知したふたばは、吾郎にそれを伝え、吾郎を守るために法務省に偽名を使う許可を取って秘書になりすましていた。と話した。ふたばはこっそり「問い詰められている、助けて」とカヨに連絡した。その時本社に犯人(悪ウーマン)から電話がかかってきた。

獄中交際!?

2014年。面会中のカヨ(小泉今日子)は動揺していた。検事の長谷川(塚本高史)はカヨに獄中交際を申し込んだ。喜ぶカヨ。長谷川は「同情してるわけじゃないですから。最初はしょぼくれたオバサンだと思ってたけど、会うたびに印象が違うから、刑務所来るたびにウキウキドキドキするようになった。」と言った。カヨも同じ気持ちだった。

雑居房に戻ったカヨは、吾郎への復讐計画を練った。カヨはキチンと法的措置を取って法廷で自白させるべきだと主張した。最終目標は裁判をやり直して姫の冤罪を晴らすこと。

カヨたちは復讐だけが生き甲斐だった。工場勤務、資格取得のために猛勉強、全ては復讐のためだった。カヨは長谷川を「のぶりん」と呼び、面会を楽しんだ。

女優の過去

2014年秋、洋子(坂井真紀)は釈放された。洋子はアジトで自分の過去の話をした。イケメン剣道ミュージカル「行け!面!胴!」の大洋泉君の大ファンでストーカーだったと告白する洋子。全公演に行くためにお金がかかり、出会い系や婚活サイトに登録して複数人の男からお金を借りた。初めは返すつもりだった。洋子はストーカー規制法で任意同行を受け、詐欺の余罪が芋づる式に出てきて懲役7年の実刑判決。出所後、厚生施設に入り真面目に生きていた洋子だったが、ある日大好きだった大洋泉のミュージカルを再び観た。しかし、以前のようなときめきは全くなかった。刑務所で楽しく生きてきた洋子はすっかり変わっていたのだ。大洋泉と洋子は意気投合したかのように見えたが、洋子の好意を利用した大洋泉は洋子を無理やり襲おうとした。ショックを受けた洋子は東京を離れようとしたが、その時大好きなドラマ「この恋は幻なんかじゃないはず。だって私は生きているから神様ありがとう」の撮影現場に偶然居合わせ、エキストラとして思いがけず女優デビューを果たした。刑務所で偶然ドラマを観たしのぶは洋子の女優デビューを喜んだ。

復讐計画

洋子の出所後、雑居房では誘拐した吾郎にどうやって罪を認めさせるかを話し合っていた。実行犯のプリンスに証言させればいいんじゃないの?と言う千夏(菅野美穂)だが、しのぶは吾郎はプリンスとは面識がないと言い張るはずだと言った。プリンスとの連絡は全てしのぶのパソコンからで、金はしのぶの口座から勝手に支払われていた。プリンスはタイの刑務所で服役中で8年くらいで出所する予定らしい。タイの刑務所じゃ探せないね…とがっかりするカヨ。しのぶは自分がなぜ吾郎が高所恐怖症だって知ってるのか疑問に思っていた。沖縄の婚前旅行でペアでパラセイリングの予約をしていた吾郎としのぶだったが、直前になって吾郎が「高所恐怖症で恥ずかしいから1人ずつ飛ぼう」と変更した。その時パラセイリングのボートに乗っていたのが実行犯のプリンスだった!しのぶがパラセイリングで飛んでいる間、プリンスと吾郎はボートの上で2人きりだったのだ!!事件はその夜起こっていた。

カヨは「復習(復讐)ノート」を紛失した。ふたばはそのノートを拾い、吾郎への復讐計画を見て驚愕した。ノートがないことに気付き狼狽えるカヨ。その頃、ふたばはノートのコピーを撮っていた。

ハニートラップ

アジトには吾郎と千夏、2人きりになっていた。ハニートラップを疑う吾郎。買い出しに出ていたカヨたちは、吾郎誘拐についてのニュースを見た。そのニュースでは、容疑者のニックネームが「姐御、財テク、女優、冷麺」だと判明したと報道されていた。そのニュースを本社で見てニヤっとする意味深なふたば。なぜそんな情報が漏れたのか疑問に思うカヨだったが、長谷川はふたばが情報を漏らしたんじゃないかと疑った。最初から社長とグルだったんじゃないか、潜入秘書なんじゃないか?と言った。

吾郎は千夏だけに本当のことを話すから、結束バンドを切ってくれと頼んだ。切ったら本当のこと話してくれるのよね?ハニートラップじゃないよね?念を押して確認する千夏。

本社では晴海(乙葉)がふたばに「私にだけは本当のことを話して欲しいの。吾郎さんの居場所知ってるわよね?」と言った。「だとしたら?」と聞くふたばに晴海は「連れてって欲しいの」と答えた。

監獄のお姫さまネタバレ7話の感想

先生!?裏切ったの??不敵な笑みが怖かった~。馬場カヨの復習ノートを黙々とコピーして、味方なの?敵なの?どっちなの~!?!?!?でもさ、勇介への愛とか、勇介が連れ去られた時に見せた涙は本物だったよね?私は信じたい!

女優のストーカー相手の大洋泉が、どうしても大泉洋に思えてしまってクスッと笑ってしまいました(笑)

あと気になるのがプリンス!私、ずっと謎だったんですけど、リンちゃんはどうして今回の誘拐に関わってないのかって。リンちゃん、タイでプリンスと接触してるのか~??

のぶりんとカヨ。2人は結局付き合わないのか??面白すぎる。

監獄のお姫さまの7話の見逃し配信の情報

監獄のお姫さまの7話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

監獄のお姫さまはどんなドラマ?

超豪華な女優陣が共演として集りました。小泉同様ドラマや映画、CM などで幅広く活躍する満島ひかり、夏帆、坂井真紀、森下愛子、菅野美穂といった面々が顔を揃えます。

人間が普通に生まれて、普通に暮らして、普通に死んでいく…。これがいかに平凡で、儚くて、幸せなことであるかを、笑って泣ける人間ドラマとして描く火曜ドラマ 『監獄のお姫さま』。今まで誰も見たことのないクライムエンターテインメントを、この秋お届けします!

監獄のお姫さまのキャスト

馬場カヨ  …  小泉今日子
若井ふたば …  満島ひかり
江戸川しのぶ … 夏帆
大門洋子  …  坂井真紀
足立明美  …  森下愛子
勝田千夏  …  菅野美穂
板橋 吾郎 … 伊勢谷友介

長谷川 信彦 … 塚本高史
小島 悠里 … 猫背 椿
護摩 はじめ … 池田成志

 

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング