このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

監獄のお姫さまはどんなドラマ?

超豪華な女優陣が共演として集りました。小泉同様ドラマや映画、CM などで幅広く活躍する満島ひかり、夏帆、坂井真紀、森下愛子、菅野美穂といった面々が顔を揃えます。

人間が普通に生まれて、普通に暮らして、普通に死んでいく…。これがいかに平凡で、儚くて、幸せなことであるかを、笑って泣ける人間ドラマとして描く火曜ドラマ 『監獄のお姫さま』。今まで誰も見たことのないクライムエンターテインメントを、この秋お届けします!

監獄のお姫さまの相関図

監獄のお姫さまネタバレ3話のあらすじ

“爆笑ヨーグルト姫事件” の裁判のやり直しを求め、警視庁前で犯行声明を読み上げる 板橋吾郎 (伊勢谷友介) の長男・勇介 (前田虎徹)。池畑刑事 (米村亮太郎) は、無事保護された勇介から情報を聞き出そうとする。

2012年・初春。自立と再生の女子刑務所。
主任の北見 (河井青葉) に引率された 江戸川しのぶ (夏帆) が、新人寮から カヨ (小泉今日子)・明美 (森下愛子)・洋子 (坂井真紀)・悠里 (猫背椿)・リン (江川エステファニー) のいる南2号棟雑居に連れて来られる。以前テレビで見た爆笑ヨーグルト姫が目の前に現れ、洋子たちはしのぶに興味深々の様子。

ある日、洋裁工場で教育係に指名されたカヨが、しのぶにバックの作り方を教えていると、突然しのぶが体調不良で倒れる。カヨがしのぶをいじめたのではないかと調査が行われ、護摩所長 (池田成志) はカヨの懲罰でいいのではと判断するが、若井ふたば (満島ひかり) の提言からしのぶを独房に戻して様子を見ることに。すると独房にいるしのぶの前に、千夏 (菅野美穂) が現れて…。

そんな中、担当検事の 長谷川 (塚本高史) がカヨに面会にやって来る。カヨが出した息子への手紙と、離婚届をカヨの夫に託されて持ってきたのだった。離婚届に愕然となるカヨ。
と、突然警報のベルが鳴り響いた。
独居房にいたはずのしのぶが姿を消したのだ。一体しのぶはどこに… !?

<スポンサーリンク>

監獄のお姫さまネタバレ3話

勇介、無事保護

2017年12月24日

「われわれは ろくねんまえにおこった ばくしょうよーぐるとじけんの さいばんの やりなおしを ようきゅうします くりかえします…」警視庁前で誘拐されていた板橋吾郎(伊勢谷友介)の息子・勇介(前田虎徹)が無事保護された。勇介は警察で誘拐された時の様子を聞かれた。

姫との出会い

2012年・春

雑居房の6号室に114番・江戸川しのぶ(夏帆)が入った。しのぶは委縮していた。馬場カヨ(小泉今日子)はしのぶの教育係に任命された。「爆笑ヨーグルト姫」として有名になっていたしのぶに興味津々だった足立明美(森下愛子)、大門洋子(坂井真紀)、小島悠里(猫背椿)は朝食時しのぶに質問攻めをした。

刑務官・若井ふたば(満島ひかり)の下に新人の高山沙也香(大幡しえり)が付いた。

洋裁工場での作業が始まった。カヨはしのぶにミシンの使い方を教えるが、しのぶは上手に扱うことができずにいた。しのぶは自分とカヨの名札の色が違うことに疑問を抱いた。受刑態度によって1類から4類まで階級が分かれていると説明するカヨ。4類は白、3類は黄、2類はピンク、1類は金で、階級によって待遇が違うという。金バッジの勝田千夏(菅野美穂)は月に1回1000円以内で娑婆のご飯が食べられるのだ!面会も自由だし、毎月第3土曜日に行われるカラオケ大会にはメイクすることもできる。白バッジのしのぶはカラオケ大会には出席できず、草むしりだ。カヨの指導でしのぶはトートバッグを完成させることができた。笑顔になったしのぶだったが、突然気分が悪くなり作ったトートバッグに嘔吐した。すると、カヨがいじめたと疑われ調査を取られた。ピンクバッジから白バッジに降格したカヨ。しのぶは1度独居房に移り、様子を見ることとなった。

千夏が新刊図書を持ってしのぶの部屋を訪れた。しのぶはドアの鍵が開いていたことに驚いた。昼食時はしのぶの話題で持ちきりだった。しのぶの罪名は殺人教唆。「沖縄で婚約者の浮気相手を殺してくれと依頼した」と知れ渡っていた。しかしカヨは「そんなことする子には見えない」と言った。そこへ検事の長谷川信彦(塚本高史)がカヨの面会にやって来た。長谷川はカヨの夫からカヨが今まで書いた息子宛ての手紙と離婚届を預かってきた。なぜ長谷川が?と疑問を持つカヨに、長谷川は裁判所の判決について思う所があり、殺人未遂と傷害では量刑が全然違うので、もっと慎重に判断すべきだったと話した。その時、非常ベルが鳴り響いた。しのぶが逃走したのだ。千夏は「食品倉庫の方に誰か走っていった」と証言した。証言通り、しのぶは食品倉庫でうずくまっていた。しのぶは雑居房に戻ることになった。6号室はしのぶを「姫」と呼び、歓迎した。その頃千夏はしのぶの居場所を証言したご褒美に娑婆のご飯をごちそうになっていた。しのぶの逃走は千夏の目論見付道りだった!

吾郎の言い分

時は変わって2017年12月24日。馬場カヨたちはアジトで拘束中の吾郎にしのぶとの関係を話していた。吾郎は「しのぶに頼まれてこういうことをしているんだね?」と言った。しかし、出所後5人を招集したのはふたばだということが判明した。ふたばは5人を遠隔操作し、吾郎の秘書として働きながら徹底的に身辺調査していたのだ。

吾郎は爆笑ヨーグルト事件を語った。吾郎の浮気相手の横山ユキ(雛形あきこ)の存在に気付いたしのぶはユキを沖縄に呼び出した。吾郎は旅行に乗り気じゃなかったが、しのぶは強行した。そして海外の殺害代行サイトにアクセスし殺害を依頼していた。沖縄に突然ユキが現れ、吾郎は動揺した。ユキが興奮し話し合いにならないので、しのぶをホテルのバーで待たせ、ユキと2人で話し合った。その時事件は起きた!背後から刃物を持った犯人が襲ってきた。吾郎はユキを庇って刺された。しかしユキは刺され、崖から転落した。吾郎とユキは学生時代からの付き合いで、不遇の時代を支えてくれた恩人で結婚を考えたこともあった。一方しのぶは守らなくちゃいけない、大切にしなくちゃいけない人で、吾郎はどちらも選べなかった。犯人はあっさり事件への関与を認め、供述通りしのぶとのメールのやり取り、現金授受の証拠も揃い、しのぶは懲役12年となった。しのぶを責めたり恨む気持ちは1ミリもないという吾郎。「彼女をあそこまで追い込んだのは、私の優柔不断と出世欲と…」膝を叩きながら嗚咽する吾郎。「もういいです!」カヨは吾郎を止め、吾郎は嘘をついていないと思うと言った。千夏も「私たちと同じように姫のことを大切に思っている」と言った。すると、明美はお尻に敷いていた『クリスマスケーキ』を吾郎に差し出した。しのぶが獄中で食べていたケーキを「うまい」と泣きながら噛みしめる吾郎。するとカヨは「嘘だね!そんなもんがおいしいわけないだよ、バーカ!」と言った。

雑居房でしのぶは歓迎ケーキを初めて食べた時、「まずっ!」と吐き出していたのだ。娑婆の人間が食べても美味しくない、雑居房でこっそり食べるから美味しいのだ。今じゃ舌がバカになった姫も「美味しい」と食べている。いつまでも真実を話さない吾郎のせいだとカヨは言った。

マインドコントロール

千夏は刑務所にいた当初からイケメン吾郎に夢中でテレビのニュースを見ていたと言う。顔がにやける吾郎。

しのぶは吾郎のことを「私には勿体無い人なんです。まっすぐで熱くて優しくて、私のことを社長の娘としてでなく初めて1人の人間として見てくれた人」と語った。「気が付いたら自分のダメなところ、弱い部分を全部さらけだしていた。彼はいつも親身にアドバイスしてくれて…」すると千夏は「一番簡単なマインドコントロールだね。」と言った。全否定し、自分が大切にしているものを捨てさせ、自分にとって都合のいい価値観を植え付ける、そう千夏は言った。吾郎としのぶは初めは政略結婚だと言われていた。父親からも「社長の座を狙っているだけだ」と反対されていた。「それに女もいたしね~」と面白がる千夏に、しのぶは「私が彼を奪ったんです。ユキさんから。だからユキさんは旅行先まで押しかけてきて…」そこまで話すと、就寝準備をするため千夏は独居房へ戻された。するとリン(江井エステファニー)は「押しかけた?姫が沖縄に呼び出したんじゃなかったか?」と言った。ハッとする面々。するとしのぶは「そうでした」と慌てて訂正した。明美が「あなたなにか隠してる?」と聞くとしのぶの目が泳いだ。翌日、しのぶは質問攻めにあった。しかし「私が犯人なんです」と言った。なぜ控訴しなかったの?と聞かれしのぶは、「吾郎が自ら弁護してくれた。その判決に不服があるわけない。」と答えた。千夏は「それが目的だったりして。控訴させないために、裁判を早く終わらせるために弁護側に立って証言したのでは?」と言った。裁判が長引くとお金も掛かるし会社のイメージも悪くなる。しのぶは吾郎と弁護士が面会に来た時のことを思い出した。弁護士は控訴審では刑が短くなることはあっても無罪になることはないと言った。不本意だかここで勇気ある撤退をすることがしのぶを守るという結論に達したと吾郎が言ったのだ。吾郎はこれ以上マスコミがしのぶとの領域に土足で踏みにじり、思い出が汚されるのは耐えられないと言った。「待っててくれますか?」しのぶの質問に「もちろんさ。全ては君と僕の為なんだよ。」と吾郎は答えた。

カラオケ大会当日、白バッジのカヨとしのぶは雑居房にいた。カヨは息子に手紙を書いていた。しのぶは無音のテレビ画面を見つめていた。テレビでは吾郎がタレントの西川晴海(乙葉)と同棲していると報道されていた!動揺し泣きそうになるしのぶ。「私騙されてるのかな。マインドコントロールされてるんでしょうか。変ですよね、会ったことない女の人に死ねとか殺すとか考えます?考えない~!」取り乱して泣いて笑うしのぶ。しのぶは自分が捨てられたことを悟って雑居房を飛び出した。カヨは心配して追いかけた。しのぶはまた嘔吐していた。その姿を見たカヨは勘付き、しのぶに近付いた。しのぶは「やってない。私殺してないし、殺してくれって頼んだ覚えもない。」と言った。カヨはしのぶに「妊娠してる?」と聞いた。しのぶは「誰にも言わないで下さい!」と懇願した。その時カヨの夫が面会に来た。

監獄のお姫さまネタバレ3話の感想

姫は吾郎にすっかりマインドコントロールされてました!吾郎の言い分だけ聞いてると、ごもっともな気がして、一瞬信じてしまった私。吾郎にはそういう能力があるんですね~。悪い男!!怖い~!!でも真犯人と思われる吾郎はなぜユキを殺して、その罪をしのぶに被せた?社長になるためだったら、しのぶと結婚すればいいだけですよね。だったらユキを殺す必要ないし…。ということは、吾郎にとっては2人とも邪魔だったんですよね。既に晴海と付き合ってたとか?でも殺さなくたっていいですよねぇ。気になる所です!

そして、なんと姫!妊娠してました!!吾郎の息子を誘拐した時、明美が会ったことあるのよ~って言ってたけど、まさか勇介はしのぶの子ども??早く知りたい!

しかし千夏は相変わらずのVIP待遇ですね~。微塵も反省してないじゃん(笑)菅野美穂さんの振り切った演技がむかつくし面白いです!それにしても楽しそうな刑務所だわ~。来週も楽しみです!

監獄のお姫さまの3話の見逃し配信の情報

監獄のお姫さまの3話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

監獄のお姫さまのキャスト

馬場カヨ  …  小泉今日子
若井ふたば …  満島ひかり
江戸川しのぶ … 夏帆
大門洋子  …  坂井真紀
足立明美  …  森下愛子
勝田千夏  …  菅野美穂
板橋 吾郎 … 伊勢谷友介

長谷川 信彦 … 塚本高史
小島 悠里 … 猫背 椿
護摩 はじめ … 池田成志

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング