<スポンサーリンク>

重要参考人探偵7話の予告動画

重要参考人探偵動画7話のあらすじ

 
温泉旅館のホームページ撮影のため、
石長島にやってきた圭(玉森裕太)、
斎(小山慶一郎)、シモン(古川雄輝)の3人。

到着するや、圭は以前にこの島に
来たことがあるような思いに囚われる。
旅館に着いた圭たちを迎えた
女将の田崎典子(伊藤かずえ)と
番頭の佐久間和夫(モト冬樹)。
そこでカメラマンの高江克海(斉藤陽一郎)、
アシスタントの清見悠(瀬戸利樹)、
そしてスタイリストの鍋島ナオミ(岩佐真悠子)
を紹介される。

圭は典子に「俺と会ったことありませんか?」と質問。
しかし圭の名前を聞いた典子と佐久間は
一瞬顔色を変えるものの、
「ちょっと存じ上げないですね」と
はぐらかすのだった。

撮影を進めていく中、女将の典子から
「ここの源泉には霊力が秘められており、
心美しき者の万病を消し去るが
心悪しき者には死が訪れる」
と聞く。
せっかくだからみんなで飲んでみようということになり、
圭が用意した湯呑みに源泉を注いで飲むと、
突然カメラマンの高江が吐血!
圭の目の前で息絶え、
またしても死体の第一発見者となってしまう。

湯呑みを用意したのが圭だったことから、
佐久間らは圭が高江の湯呑みに
毒を仕込んだのではないかと疑いの目を向ける。
警察と救急が来るのにしばらく時間がかかるため、
危険人物の圭は隔離されることとなってしまい…?

その頃、20年前に
「弥木圭という男の子が
男性の遺体の第一発見者になった」
という事件について登(豊原功補)とともに
密かに捜査を開始していた果林(新木優子)は、
圭たちと同じ石長島に上陸していた。
殺人事件の発生を聞いた果林は温泉旅館へ。
そこで果林は圭に「昔、あなたはこの島にいた」と、
圭が忘れ去っていた過去について話し始めるが…。

<スポンサーリンク>

重要参考人探偵の再放送情報は?

公式ホームページにも、ツイッターにも再放送の情報はないですが

見逃し配信のサービスで無料のお試しができるものがあります!

7話をどうしても無料で今すぐ見たい方はこちら!

↓↓↓

重要参考人探偵の動画(12月1日放送)を無料で見る方法

U-NEXTはあの大手のUSENが運営する国内最大級のオンデマンドサイトです。

たくさんのドラマの見逃し配信をやっていて、これほどドラマを取り揃えたサイトはありません。

 

なんと!31日間無料お試しをやっています!

 

過去に放送されたドラマもありますし、映画や海外ドラマも人気作品が見放題です。
 

 
※一部の有料作品は登録時の600ポイント(600円相当)を使えます

31日間ギリギリまで利用してやめることもできます!

ちょっとした裏技です!賢い人はやっている!

海外ドラマ

 

U-NEXTのお試しは31日間も楽しめます!レンタル屋

はもはや、いらない!

 

映画や海外ドラマのラインナップも日本最大級です!

どんな作品があるかその目でお確かめ下さい。

※大人の動画もラインアップにあります

→U-NEXTで話題の映画作品一覧へ

U-NEXTでは、いろんなドラマや映画、海外ドラマが見れて新しい作品もポイントで無料視聴が可能です。

※無料トライアル31日間ギリギリで止めれば支払いは発生しません。

電子書籍も人気作品が無料!!


人気の雑誌やコミックの電子書籍が見放題です!

原作とドラマとどこが違うか見比べることもできます。

スマホやPCで見ることができますよ。

雑誌を持ち歩かなくていい時代です。

素晴らしい!

見逃し配信はアプリが最適です!

U-NEXTはPCやタブレットで見ることができます。

専用のアプリが用意されていて

動画をダウンロードすることができるので

通勤電車などの移動中もパケットや電波を気にしないで見ることができます。

カフェでまったり映画を見たり

ベッドの上や、お風呂の中でも見ることができますね!

重要参考人探偵の動画7話の放送日と時間

7話の放送日は、12月1日の金曜日 夜11時15分です。

重要参考人探偵の動画(12月1日放送)の視聴者のアンケート

重要参考人探偵の7話 の調査をしました!

7話で視聴者は何を思っているのでしょうか?

40代
男性

圭の過去の記憶と事件の関係

40代
男性

20年前の事件が明らかになるのか
圭が忘れ去っていた過去とは?

30代
男性

過去が明らかになりそう

60代
女性

20年前の事件が解決する圭の過去が気になります。

40代
女性

圭の過去が気になる。
なんで過去を忘れてたのか?
忘れる理由がありそう。

重要参考人探偵の動画(12月1日放送)の感想

弥木圭(玉森裕太氏)の赴く所に死体が現れますが、
今回は温泉旅館の撮影で離島に来て事件に遭遇してしまいます。
弥木氏には何処か見覚えのある風景だったらしく
女将である田崎典子(伊藤かずえ氏)に会った事がないかと訪ねるも、
存じ上げないという返答が来るものの
明らかに態度がそうではないと言っている様ですから、
弥木氏の違和感はきっと当たっている事でしょう。
しかも弥木氏の記憶が過去に起きた父の死に
関わっているかもしれないのですから、穏やかな話ではありません。

いつも事件の捜査に当たる登一学(豊原功輔氏)や
早乙女果林(新木優子氏)達もその父の死の真相を探るべく
島に来ているのですから、奇妙な偶然というしかないです。
いつも事件に関わる死体の第一発見者となる弥木氏の始まりが、
父の死であったのは驚きの展開でした。

重要参考人探偵 ドラマ批評

いつも事件に巻き込まれている弥木圭(玉森裕太氏)の不運の始まりが、
父親の死であったとは思いもしませんでした。
しかも遠い過去の記憶が運命の場所に赴いた事で呼び戻されつつあり、
それに関わったかも知れない人達にはあまり思わしくない事態である訳です。
これまではあまり深い展開に発展して来なかった物語も、
いよいよ驚きの結末へと向かっているみたいで、
否が応にも盛り上がって来ます。
只思うに、もし弥木氏の父の死の真相が判ったとしても、
彼はこれからも事件に関わる死体の第一発見者で
あり続ける気がするのは私だけではないと思います。

この記事を書いた人

重要参考人探偵
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング