重要参考人探偵5話の動画を無料視聴する方法があります。

オンデマンドサイトがドラマの動画配信をやっています

無料のものをこちらで紹介しますね!

<スポンサーリンク>

重要参考人探偵の5話の動画の放送日と時間

5話の放送日は、11月17日の金曜日 夜11時15分です。

ドラマ「重要参考人探偵」5話の予告動画

ドラマ「重要参考人探偵」5話の動画のネタバレ

 
「弥木圭(玉森裕太)と仕事をすると殺人事件に巻き込まれる」
――業界内でそんな“都市伝説”が生まれてしまい、
圭の仕事が激減。
圭の代わりに、斎(小山慶一郎)がモデルの仕事を引き受ける事に…。
一方の圭は、体力づくりも兼ねた
引越し業者のアルバイトに精を出すことになる。
シモン(古川雄輝)とともに高級住宅街に住む
依頼主・昭島のぶえ(岩本多代)の元を訪れた圭だったが、
途中で上品な奥さん風の柘植梓(紺野まひる)に出くわす。
一方でのぶえの荷造りはまったく進んでいないという事態に遭遇。
急いで梱包作業をするようのぶえからキツく言われた挙げ句、
引越し業者社員の引田(辻修)からも、その作業を丸投げされてしまう。
渋々、梱包を始めようと家の中に戻った圭だったが、
そこには頭部を殴打され死んでいるのぶえの姿が!
またも第一発見者となってしまった圭は、
凶器と思われる社交ダンスのトロフィーを手にしてしまっていた。

第一発見者である上に、凶器に指紋も残されている――。
状況証拠も揃っている今回こそ重要参考人として署まで同行を、
と登(豊原功補)らに連行されそうになってしまう。
せめて近隣の住人たちの目撃証言を聞いてからにしてくれ、
という懇願を聞き入れてくれたのは、
なんと捜査一課長の古仙淳(西岡德馬)だった。

のぶえの向かいに住む空木勝子(青木さやか)と
浜有起哉(六角慎司)に話を聞くも、
「誰かと争う声を聞いた」
「その直後、この人(圭)が家から飛び出してきた」など、
語られるのは圭の不利になる証言ばかり。
ますます追いつめられた圭は、
咄嗟にのぶえの家の玄関先に拡声器があったことを思い出し、
周辺住民と“ご近所トラブル”があったのではないかと考えるが…。

<スポンサーリンク>

重要参考人探偵の再放送はある?

5話の再放送の情報はまだありませんでした。

ドラマの動画を簡単に見る方法があります!

5話をどうしても無料で今すぐ見たい方はこちら!

↓↓↓

重要参考人探偵の5話の動画を無料で見る方法

こちらのオンデマンドの無料トライアルで0円で見ることができますよ!

それぞれ、詳しくまとめました!

お得にドラマを見る方法です!

重要参考人探偵の5話の動画 視聴調査

重要参考人探偵の5話の視聴率も気になりますが

5話で視聴者は何に、注目しているのか聞いてみました。

50代
男性

殺人現場に居合わせる,というコンセプトですが,
また触ったりして,自分で面白くしてしまっている。

50代
女性

いつも事件に巻き込まれる圭が、
今度はどう自分の潔白を証明し
解決していくのかが見どころです。

50代
女性

殺人事件に遭遇するからと仕事を干された圭、
仕方なくやっているアルバイト先でもまた殺人事件に巻き込まれ・・・
過去に学習しているはずなのにどうして凶器をさわる?
そこからどう事件の謎をひもといていくのか。

50代
女性

圭は、どうやって容疑を晴らし、
真相を突き止めることができるのか

重要参考人探偵の5話の動画のネタバレ感想

何をやっても行く先々で殺人事件に出くわす弥木圭(玉森裕太氏)の事が業界内で波紋を呼び、
彼に来る仕事が減る事態には気の毒とは思いますが仕方ないというしかありません。
イメージはやはり大事ですし、
弥木氏自身に責任はないにせよ妙な風評で物が売れなくなるのは
企業としては避けたい所でしょうから。
それでも何か仕事をしないとという事で引越しのバイトに行けばそこでも殺人事件に遭遇し、
お決まりの重要参考人になってしまうのはある意味天命と言わざるを得ません。
彼自身その事を本当に気に掛けてどんな些細な事にも
油断なくやっているのか疑問に思う時があります。
弱冠の不注意と自分は気を付けているという慢心が油断を生み、
自ら不測の事態に巻き込まれていると感じられるのです。

重要参考人探偵 最終回に向けてどうなる?

人にはたまに運・不運を嗅ぎ分ける能力があると思いますが、
弥木圭(玉森裕太氏)にはどうもその能力がマイナスにしか働かない様で、
本人もその自覚があるので心の何処かで諦めています。
幸運は幸運を呼び、不運は不運を呼ぶ訳で、
彼の場合は殺人事件に遭遇する凶運を持っている様です。
それでも何とか冤罪にならず難を逃れられているのは、
周りの助けによる所が大きいと思われます。
もちろん弥木氏自身の人柄があってこそ良き友が寄って来てくれるのでしょうし、
何より彼の身の不運を悟りながらも諦めない姿勢に
最後の運が巡って来るのではないでしょうか。

 

この記事を書いた人

重要参考人探偵
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング