<スポンサーリンク>

重要参考人探偵4話の予告動画

重要参考人探偵動画4話のあらすじ

 
「死体役なら圭の右に出るものはいない」
という浪江社長(滝藤賢一)の提案と売り込みで、
なぜか舞台俳優デビューすることになった弥木圭(玉森裕太)。
絶海の孤島にある洋館で起きる殺人事件を描いたミステリー仕立ての舞台に、
“一番初めに殺される男”として出演することになる。
初舞台を前に緊張する圭に、劇団員の紅栞(雛形あきこ)は
「この世は舞台、人はみな役者」と書かれた紙を渡し、
緊張をほぐそうとしてくれる。
しかし、開演直前のセット裏で主演俳優の黒井創(福田悠太)と
東ルナ(矢作穂香)が言い争っている様子を目撃した圭は、不審に思う。
そんな中、ついに舞台の幕が開く!

舞台開演もつかの間…。圭は、シモン藤馬(古川雄輝)、早乙女果林(新木優子)ら
観客が見守る眼前で、黒井が殺されているのを発見してしまう!
死体役にはなれず、またしても第一発見者になってしまった圭。
登一学(豊原功補)ら警察から疑いの目が向けられる中、
死体発見直前に何者かが舞台セットの裏に逃げていくのを見たことを思い出し、
「今回こそは俺が疑われることはない」と胸をなでおろす。

今回の殺害現場には『1+11』という謎の数式が残されていた。
黒井からの最後のメッセージだったのではないか…?
皆が考え込む中、演出家の極利郎(佐伯 新)が
「この数式を漢数字に置き換えると“圭”になる」ことを発見してしまい、
圭は結局疑われてしまうはめに…。

一方、『劇中殺人』という特殊なシチュエーションでの
事件に居合わせることができなかった周防斎(小山慶一郎)は
悔しさを露わにしながら、電話で事件捜査に参加。
斎の指令で劇団員への聞き込みを開始したシモンは、
栞から以前に黒井と付き合っていたことを聞き出す。
そしてそんなふたりを快く思っていなかった人物がいたことがわかり…?

<スポンサーリンク>

重要参考人探偵の再放送情報は?

公式ホームページにも、ツイッターにも再放送の情報はないですが

見逃し配信のサービスで無料のお試しができるものがあります!

4話をどうしても無料で今すぐ見たい方はこちら!

↓↓↓

重要参考人探偵の動画(11月10日放送)を無料で見る方法

こちらのオンデマンドの無料トライアルで0円で見ることができますよ!

それぞれ、詳しくまとめました!

お得にドラマを見る方法です!

重要参考人探偵の動画4話の放送日と時間

4話の放送日は、11月10日の金曜日 夜11時15分です。

重要参考人探偵の動画(11月10日放送)の視聴者のアンケート

重要参考人探偵の4話 の調査をしました!

4話で視聴者は何を思っているのでしょうか?

50代
女性

新木優子さんきれい。楽しみです。
それと意味深な数式が何を意味してるのか興味津々です。

40代
女性

玉森君の演技が気になる。演技の下手さがつらい
「1+11」という数式の意味。

20代
女性

1+1の答えが知りたいです。なんか面白そう。見てみたい。

50代
男性

1+11とは何なのか。どう謎解きをするのか。
面白いので、また視聴します。

50代
男性

どのように「火事場のバカ推理」が展開するかがみどころです。

重要参考人探偵の動画(11月10日放送)の感想

とうとう社長から「死体俳優」として売り出される圭。
なんだか酷い扱いにも思えますが、毎度毎度あちこちで
死体の第一発見者になっている彼には向いているかもしれませんね。
しかし舞台で最初に殺される役になるはずが、
リアル殺人事件でやっぱり第一発見者になってしまうという悪運。
そしてまた殺人犯として疑われる……さすがです。
今回はいつも圭の味方をしてくれる斎が傍にいないようなので
苦戦を強いられそうですね。
刑事達も、何度も重要参考人になっている圭を
マークし始めていたところですし。
主人公と刑事の間に友情や信頼が芽生えれば事も楽に進むのでしょうが、
今のところはその逆。
今回の一件もまた刑事達の疑念を深める事になりそうです。

重要参考人探偵 ドラマ批評

第3話まで視聴して本作のパターンも大体分かってきました。
見ていて気になるのは圭が少年時代に体験した事件ですね。
圭が追い詰められた際に毎度フラッシュバックする、
まだ幼い圭が泣いている光景です。
おそらく彼が初めて事件の重要参考人になった時の記憶なのだと思います。
大分昔の話のようですから事件も終わっているのでしょうが、
もしも未解決だったり謎が残っていたりするのなら楽しみですね。
数年越しに圭が真相を突き止めるなんて展開になったら面白そうです。

 

この記事を書いた人

重要参考人探偵
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング