このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

重要参考人探偵ネタバレ5話あらすじの記事です。

立ち入り禁止の部屋で密室殺人!?

これはさすがに言い逃れできない?

絶体絶命の危機の圭はどうやって切り抜けるのか?

<スポンサーリンク>

重要参考人探偵はどんなドラマ?

なぜかいつも死体の“第一発見者”になってしまう主人公に 玉森裕太。
主人公を救い出そうと名(迷)推理を披露するモデル仲間に 小山慶一郎。
聞き込み上手なもう一人の仲間、 古川雄輝も含めたイケメンモデル3人組が、
毎回スッキリ痛快に殺人事件を解決。

毎度毎度、事件に遭遇し、その度毎に重要参考人になり追い詰められる主人公・圭。そんな彼が己の無実を証明するために、仲間たちと力を合わせて事件の謎に立ち向かう「ミステリー」な要素と、イケメンたちが災難に見舞われるという「エンターテインメント」な要素が絶妙に混ざりあった、コメディータッチの本格推理ドラマが誕生する!

重要参考人探偵ネタバレ5話のあらすじ

「弥木圭(玉森裕太)と仕事をすると殺人事件に巻き込まれる」――業界内でそんな“都市伝説”が生まれてしまい、圭の仕事が激減。圭の代わりに、斎(小山慶一郎)がモデルの仕事を引き受ける事に…。一方の圭は、体力づくりも兼ねた引越し業者のアルバイトに精を出すことになる。
 シモン(古川雄輝)とともに高級住宅街に住む依頼主・昭島のぶえ(岩本多代)の元を訪れた圭だったが、途中で上品な奥さん風の柘植梓(紺野まひる)に出くわす。一方でのぶえの荷造りはまったく進んでいないという事態に遭遇。急いで梱包作業をするようのぶえからキツく言われた挙げ句、引越し業者社員の引田(辻修)からも、その作業を丸投げされてしまう。
 渋々、梱包を始めようと家の中に戻った圭だったが、そこには頭部を殴打され死んでいるのぶえの姿が! またも第一発見者となってしまった圭は、凶器と思われる社交ダンスのトロフィーを手にしてしまっていた。

 第一発見者である上に、凶器に指紋も残されている――。状況証拠も揃っている今回こそ重要参考人として署まで同行を、と登(豊原功補)らに連行されそうになってしまう。せめて近隣の住人たちの目撃証言を聞いてからにしてくれ、という懇願を聞き入れてくれたのは、なんと捜査一課長の古仙淳(西岡德馬)だった。

 のぶえの向かいに住む空木勝子(青木さやか)と浜有起哉(六角慎司)に話を聞くも、「誰かと争う声を聞いた」「その直後、この人(圭)が家から飛び出してきた」など、語られるのは圭の不利になる証言ばかり。ますます追いつめられた圭は、咄嗟にのぶえの家の玄関先に拡声器があったことを思い出し、周辺住民と“ご近所トラブル”があったのではないかと考えるが…。

<スポンサーリンク>

重要参考人探偵ネタバレ5話

引っ越しのバイトで…

「圭と仕事をすると事件に巻き込まれる」
モデル業界でそんな都市伝説が流れ始め、圭の仕事は減ってしまいます。

体力作りをかねて引っ越しのバイトをすることになった圭とシモンは、依頼先の高級住宅街へと向かいました。

圭が依頼人の昭島の家へ入ると、荷造りは全然おわっていませんでした。

契約では荷造りは本人がすることになっています。

荷造りは出来ないと言う圭に、昭島はなんとかしろと言い放ちます。

一旦外へ出た圭は、社員に相談して、シモンと共に再び部屋へ戻りました。

部屋に落ちていたトロフィーを拾い上げると、そこには血が…。

そして床には、額から血を流した昭島が倒れていました。

重要参考人

凶器のトロフィーに圭の指紋が付着していたことから、重要参考人として任意同行されそうになる圭は、目撃者に話を聞いてからにしてほしいと頼みました。

圭が昭島の家へ入る時に引っ越しの様子をうかがっていたのは、隣人の空木と浜でした。

2人に事情を聞くと、争う声がした後に圭が出て来たと証言されてしまいました。

ますます立場の危うくなる圭ですが、その時、2人の家の壁に「うるさい」「ウソつき」などと落書きされた後を見付けました。

シモンの聞き取り調査

圭からご近所トラブルについて調べるよう言われたシモンは、犬を散歩させていた女性から話を聞きました。

殺された昭島は1日中大音量で音楽を流していて、みんなが迷惑していたそうです。

中でも隣人の空木、浜とは特にもめていました。

その時、警察が家の中からある写真を見付けました。

そこには万引きをする空木の姿と、その写真を見せて浜が空木をゆすっている姿が映っていました。

壁に落書きされたことを警察に話すと言った浜と空木は、その写真を見せられ、「私のことに口出しをするな」と言われていたのでした。

犯人はこの2人なのでしょうか?

その時、近所に住むすみれが通りかかり「犯人を見たかも」と証言しました。

すみれは昭島の家へ入って行く引越作業員を見たけれど、それはシモンではなかったと言いました。

社員の引田はそのときコンビニでお金を下ろす様子が防犯カメラに写っていたためアリバイがあります。

ますます圭が怪しくなり、今度こそ警察へ連れて行かれそうになったその時、いつもの推理が始まりました。

圭の「火事場のバカ推理」

時間稼ぎに引っ越し荷物を運び出す圭は、昭島の家にある望遠鏡がすみれの家の方へ向かっていることに気が付きました。

突然走り出す圭!慌てて追いかける警察!

圭が向かったのはすみれの家でした。

昭島が引っ越すから殺意を抱いた人物、それはすみれの母親だと圭は言いました。

幸せそうなすみれの家族を、昭島はねたんでいました。

騒音を出すことですみれの受験勉強を妨害し、すみれは受験に失敗して部屋に引きこもりがちになりました。

それがきっかけですみれの両親は喧嘩をするようになり、ついには離婚をすることになったのです。

昭島によって家族の仲を壊されたのに、娘と幸せに暮らそうとしている昭島のことを、すみれの母親は許せませんでした。

そして昭島の家へ向かう母親を目撃してしまったすみれは、母親をかばうために嘘の証言をしました。

「ごめんね、愛してる」

すみれの母親はそうメールを送ったきり、連絡が取れなくなっていました。

母親は、以前住んでいたマンションの屋上から飛び降りようとしていました。

「生きていたらすみれにも父親にも迷惑をかける」という母親に、圭は「生きて罪を償うことが親の役目」だと言うのでした。

重要参考人探偵ネタバレ5話の感想

圭が死体を発見する、圭が犯人だと疑われて重要参考人となる、ミステリーマニアの斎がとんちんかんな推理をする、女好きのシモンが女性に聞き込み調査をする、圭が連行されそうになる、圭の時間稼ぎ、圭の火事場のバカ推理・・・と、一連のお決まりのパターンのあるこのドラマですが、意外にも飽きずに楽しく見ています。

シモンの聞き込み調査も面白いですよね。毎回気付くとすっかり女性の心を開いていて笑ってしまいます。

死体を見付けてしまう圭ですが、それはどうやら子供の頃に初めて見付けた死体が関与しているようですね。
その人物とは?そして圭の父親とは?
今後それらも明らかになって行くようで楽しみです!

重要参考人探偵の5話の見逃し配信の情報

重要参考人探偵の5話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

重要参考人探偵ネタバレ5話の登場人物

重要参考人探偵のキャスト

弥木 圭(まねき・けい)………玉森裕太

周防 斎(すおう・いつき) ………小山慶一郎

早乙女果林(さおとめ・かりん)……… 新木優子

シモン・藤馬(シモン・とうま) ………古川雄輝

牧太真希子(まきた・まきこ) ………堀田茜

今井寛太(いまい・かんた)………一井直樹

浪江篠介(なみえ・しのすけ)………滝藤賢一

登 一学(のぼり・いちがく)………豊原功補

古仙 淳(こせん・あつし)………西岡德馬

吉倉清司(よしくら・せいじ)………松平 健

 

この記事を書いた人

koyamaster

ラブコメ、サスペンスどんなドラマも大好きです。
ネタバレ、あらすじ書いてます。読んでね!

重要参考人探偵
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング