このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

吉沢亮さんと池田エライザさんのW主演のドラマが始まりました。

僕は麻理のなかの4話の動画も無料で見る方法も

ネタバレのあらすじもこのページで公開しています!


<スポンサーリンク>

僕は麻理のなかネタバレ4話のあらすじ

麻理からの電話があった翌日、久しぶりに学校へ行く功。女子トイレで依に昨晩あったことを報告しようする功。すると、入ってきたのはももか。何事もなかったかのように「仲直りしよう」と言うももかに、功は「私の友達は依さんだけだ」と言う。依に昨晩の出来事を報告した功は、2人で麻理の電話を待つことに。しかし、その道中なかなか戻ってこない依を家まで迎えに行くと、依の姉、茉里と遭遇する。姉の存在をよほど知られたくなかったのか、功を拒絶する依。その足で、小森功のアパートを訪ねた功は、小森功の自慰行為を手伝ってしまう。翌日、仲直りのため依は功を呼び出す。その時、功が知るはずのない麻理と依だけの秘密を口にして───?

<スポンサーリンク>

僕は麻理のなかネタバレ4話の登場人物

僕は麻理のなか登場人物

僕は麻理のなかネタバレ4話

依から着信があり、「どうする?またあのコンビニ行ってみようと思うけど」と言われます。功は何か言おうとしましたが、やっぱりいいやと言いながら電話を切ってしまいます。功は久しぶりに学校に行き、功がトイレに行くと依がノックをしてトイレの個室に入ってきます。依は「小森、今朝のなんだったの」と聞き、答えようとするといきなりトイレの個室をノックする音が。「麻理、出てきなよ」と声が聞こえてきて、ドアを開けると、もう風邪大丈夫と言う友達のももかの姿が。「ごめんね、ヒロキから話は聞いたよ、私らもう元に戻ったからさ。だから気にしてないよ、キスしたとか。昨日もヒロキの家泊まって沢山話したし、反省しているって言うし」と話しながら、仲直りしようと言われます。その時、依が出てきて、ももかの手を払いのけ、依は功を連れてその場を去ろうとしますが、きもい勘違い女に付きまとわれて可哀そうだから助けてあげようとしているんだけどと、ももかは言います。昼休みに爪やってあげるね、親友だもんねと、ももかが言うと、依は「親友…誰が??吉崎さんの事、妬んでつるし上げて狭い世界に閉じ込めて、少しでもそこから外れたら、囲い込んでいじめて。吉崎さんの事なんてなんも見てなかったくせに。可愛い女の子隣に置いて安心したかっただけのくせに。そんなのいらない、1人でいる方がましでしょ」と叫びながら言います。それに対してももかは「なんか言っている、よくわかんない。はい、退場」と言い、依を追い出そうとしますが、依がそこでももかにビンタします。何するんだよと言いながらももかが襲い掛かろうとすると、功が依をかばいます。何してんの、麻理どけよとももかが言うと、功は「だまれ、ヤリまんども。私の友達は依さんだけだ」と言い、ももかは怖いと言いながらその場を去っていきます。

麻理さんから電話があったと功は話し、「本当に?いつ?」と驚きながら聞く依。功は昨日と答え、オナニーしていた時と話します。「え…」と驚く依。「なにそれ、お前もあいつらと一緒じゃん。吉崎さんの事自分勝手にもてあそんで」と叫びながら言い、功は「違う…僕は麻理さんになりたかったんだ。自分の身も心も麻理さんの中でとけてなくなったら、どんなに幸せだろうって」と話します。依は「気持ち悪い。どんだけ自分が好きなわけ」と言い、功は「依さんは何が違うの?ずっと見ていたんでしょう。じゃあなんで話しかけなかったの?なんで友達になってあげなかったの?怖かったからじゃない?麻理さんに自分の中を見られてしまうのが。依さん、僕らは仲間だ」と言うと、依は「何が分かる。気持ち悪い」と繰り返し言います。功は「また電話がかかってくる。きっとかかってくる、今日はウチに泊まろう」と話します。

依の自宅まで来ると、荷物とってくるからここで待っててと言い、その時功は麻理の母親から電話がかかってきて、謝られ、「日曜日買い物行かない、何でも買ってあげる」と言われます。功はももかと同じと言い、電話を切ってしまいます。勝手に依の自宅へと行くと、ごめん鳴らしたんだけどと言いながら、功が中に入ると、依は戸惑っています。依の姉がいて自己紹介をすると、同じ名前だと言われ、功はびっくりします。依は急いで功を部屋の外に追い出し、「なんで来るの…なんで。嘘つき。なんで私を傷つけるの。何が友達よ。嘘つき」と怒りながら言います。

功は本物の功の自宅へ行き、どうしたんですか今日はと本物の功が聞くと、麻理さんから電話がかかってきたと言うと、いつと聞きながら驚きます。昨日、オナニーしていた時と答えると、戸惑いながら驚く本物の功に対して、死ぬほど気持ちよかったと言う功。功が「わかってほしかったんだ、僕の抱えているもの、依さんが抱えているもの。麻理さんの全部」と話します。トイレに行った功が遅いと思い、トイレに向かいドアを開けると、本物の功はびっくりしながらも、「違います、ごめんなさい」と繰り返し謝ります。功は続けろよ、ほらと言われ、本物の功は下着をおろして自慰行為をし始めます。その自慰行為を功も手伝ってしまいます。

功が本物の功の自宅から出て歩きながら、最低だとぽつりとつぶやいていると、依から「さっきはごめん、明日ちょっと話せない?」とメールが来ます。

依と功は2人でベンチに座りながら、功は「依さんごめん。本当に」と言うと、依は「その通りかもと思った。私もあんたと一緒。ずっと遠くから見ていただけ。お姉ちゃんはいつも主人公で、私はただのわき役。わき役はわき役からはみ出ないようにと、壁作って誰も入ってこられないようにして。でもあの時麻理さんが、抱きしめてくれて。本当にうれしかった。なのにわたし…」と泣きながら言うと、功は「でもあの時言ったんでしょう、麻理さん、またここに来て、待っているって」と言います。その言葉を聞いて依は「え、待って。なんで知っているの」と聞くと、功は「ベッドにもぐりこんできたじゃん?その時言ってたよ」と答えます。依は「そうだけど、でもその事は言っていない。絶対言ってない」と言うと、功は「え、でもその時しか聞いてないし」と答えます。依は「保健室での事をできるだけ詳しく言ってみて」と言うと、功は「保健室で麻理さんが寝ていて、そこに依さんが来て依さんはあの時泣いているかのように見えて、麻理さんはそれを見て自分みたいだなと、小さい頃の自分みたいだなって。それでまたここにきて、待っているって。そしたら少しだけ依さんは頷いていた。 あれ、なんで…なんで覚えているんだろう」と話します。依は「もしかして…麻理さんは中にいるんじゃない?その体の中に眠っているんじゃない?やっと会えた」と言いながら、功に抱きつきます。

僕は麻理のなかネタバレ4話の感想

麻理の周りの友達や母親すらも麻理の内面をちゃんと見ていない事が分かり、依とも距離も縮まったお話でした。依と麻理の保健室での出来事を功が覚えていた事で、麻理はどこかに行ってしまったのではなく、麻理の体の中に隠れてしまっていた事が分かってきます。では一体今の麻理の人格は誰なのか、どうしたら元の麻理に戻るのか、次回も見逃せません。

僕は麻理のなかの4話の見逃し配信の情報

僕は麻理のなかの4話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

録画失敗やうっかり見逃してしまった方!

youtubeやpandora、デイリーモーションなどは画質がかなり悪く音声もひどいです。

違法な動画を検索しなくても、簡単に見る方法があります。

 

それはオンデマンドサービスの無料お試しを利用する方法です。

これが一番賢い方法です!

僕は麻理のなかの見逃し配信を扱っているのは!

フジテレビオンデマンドです。

こちらは月に888円ほどかかるサービスなのですが、

1カ月無料お試しキャンペーンをやっています!

お試し期間中にやめれば0円なのです!

→僕は麻理のなかをフジテレビオンデマンドで見る

1か月間はフジテレビのドラマやバラエティ番組をほとんど見ることができます。

 

現在放送中の

コードブルーのシーズン3や

僕は麻理のなか

セシルのもくろみ

警視庁いきもの係

そして、旧作品も見放題となっています。

→僕は麻理のなかをフジテレビオンデマンドで見る

僕は麻理のなかはどんなドラマ?

ぼっちの大学生が、憧れの女子高生の中に入っちゃった!?
友達がひとりもいない大学生の<ぼく>。
気づいたらクラスの人気者の女子高生<麻理>のなかにいた。
<ぼく>の正体がバレたら一体どうなる!?
……そして、麻理は一体どこに消えてしまったのか?

友人作りに失敗したことが原因でまともに大学にも行けなくなり、ゲームばかりの自堕落な生活に明け暮れる日々を送る青年・小森功(吉沢亮)。ある朝、功がいつものように目を覚ますと、ある<異変>が。鏡に映っていたのは、自分とは似ても似つかない美少女。

彼女の名前は吉崎麻理(池田エライザ)。麻理は、功が行きつけのコンビニで度々遭遇していた女子高生。功にとって、彼女を尾行することが唯一の楽しみとなっていたのだ。だが、いつものように彼女の後をつけていたその日、麻理は足を止め、功の方を振り返った。途切れる功の記憶─。

そう、彼はひそかに「コンビニの天使」と呼んでいた女子高生、麻理のなかに入ってしまったのだ。「麻理」としてなんとか日常を過ごそうと奮闘する功。しかし、クラスメイトの柿口依(中村ゆりか)にだけは、外見は麻理だが中身は別人であることがバレてしまう。

功と依は真相を突き止めるため、功の家を訪れる。しかし、そこには確かに「小森功」が存在し、麻理の意識が入ってなどいなかったのだ。「じゃあ、麻理さんはどこに行ったんだ……?」麻理のなかの功と依は麻理を探すため行動を共にするようになるが、謎は深まるばかりで……?

果たして、麻理はどこに行ってしまったのか?そして、ふたりは元の体に戻ることができるのか───?

キャスト一覧

吉崎麻理・・・池田エライザ

小森功・・・吉沢亮

柿口依・・・中村ゆりか

麻理の母・・・西田尚美

原作
押見修造
『ぼくは麻理のなか』(双葉社 漫画アクション)
脚本
下田悠子
音楽
川谷絵音
主題歌
「僕は雨のなか」Shiggy Jr.
(ビクターエンタテインメント)
オープニングテーマ
「鐘泣く命」indigo la End
(ワーナーミュージック unBORDE)
企画
村上正成、加藤達也
プロデュース
櫻井雄一
演 出
スミス
横尾初喜
戸塚寛人
制作協力
ソケット
制作著作
フジテレビ

この記事を書いた人

僕は麻理のなか
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング