このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

ドクターxの5話では、コンピューターvs大門未知子の話になるようですね

今までにない、突拍子もない設定です。

5話の内容をまとめました

<スポンサーリンク>

ドクターX5ネタバレ5話の登場人物

ドクターX5の相関図

ドクターX5ネタバレ5話のあらすじ


 医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)は、ある思惑から「東帝大学病院」に、最先端の人工知能診断システム「ヒポクラテス」を使った症例を打ち上げるよう提言。忖度した病院長・蛭間重勝(西田敏行)はさっそく従おうとするが、外科副部長・鳥井高(段田安則)は、AIによる診断に懐疑的な姿勢を見せる。
そんな中、世界最強の将棋ロボットと対局中だった若き天才棋士・五反田五郎(間宮祥太朗)が、腕のけいれんを起こして意識を消失。「東帝大学病院」に運び込まれた。症状を見る限りは脳腫瘍の可能性が高いが、MRI画像では断定できない状態…。意識が戻った五反田は、病名を告げない鳥井に業を煮やし、自宅に帰ろうとする。ところがその矢先、今度は足に力が入らなくなり…!
「東帝大学病院」では五反田の緊急カンファレンスを開始。だが、血液検査の数値はすべて正常で、診断は暗礁に乗り上げてしまう…。そのときだ。反AI派だったはずの鳥井が「ヒポクラテス」の診断結果を提示! なんと、そのデータをもとに脳膿瘍だと特定する。これを受け、大門未知子(米倉涼子)は「なんか違う」と反論。だが、未知子にも病名までは特定できず…。
その直後、五反田が病室で一過性の意識障害に陥った! ますます高まる脳膿瘍の可能性…。やがて五反田には「ヒポクラテス」が示した手順に従い、脳膿瘍の手術が適用されることに。AIによる症例を失敗させるわけにはいかない蛭間は、手術が下手な鳥井ではなく、未知子を執刀医に指名。未知子は「いたしません」と突っぱねるが、そんな彼女の脳裏を“ある光景”がかすめ…!?

<スポンサーリンク>

ドクターX5ネタバレ5話

ロボットVS人間

蛭間(西田敏行)は、「ヒポクラテス」という最先端の人工知能診断システムを取り入れて、華麗な症例を作り上げるよう内神田(草刈正雄)に指示される。早速、海老名(遠藤憲一)と鳥井(段田安則)に話を持ち掛けるが、鳥井はAIの診断には否定的だった。そんな中、若き天才棋士と言われている五反田五郎(間宮祥太朗)が、将棋ロボットと対局中で話題になっていた。城之内(内田有紀)もTV中継に夢中で、そこへ大門(米倉涼子)が帰ってきて一緒にTVを見ていた。その時、突然五反田の腕が痙攣し始めてそのまま倒れてしまった。東帝大学病院に運ばれた五反田は、MRIでは簡単に診断できず頭を悩ませる鳥井。容態が落ち着いた五反田に、最先端のAIが診断を答えると伝える鳥井。曖昧な返答に帰ろうとする五反田の前に大門が現れる。病院には、マスコミが押しかけてきており囲まれた五反田はその場で、足に力が入らなくなり倒れてしまう。

病名に納得いかない大門

カンファレンスでは医者らの前で五反田の病名は脳膿瘍だと言い切る鳥井。これは、鳥井が否定的だったヒポクラテスが出した結果だった。しかし、大門は何かが違うといいこのオペは鳥井の腕じゃ無理と言い切る。大門は、もう一度検査させてほしいと五反田の部屋を訪れる。すると、五反田が床で倒れているのを見つける。一過性の記憶障害を起こしていた。そんな五反田をみて、脳膿瘍の診断に違和感を感じていた大門。鳥井は、五反田に脳のオペをすると伝え、ヒポクラテスの指示通りにオペをすれば安心という。五反田もまたヒポクラテスという言葉にいい顔はしなかった。オペの同意を得た鳥井は蛭間に報告しに行くが、今回のオペは注目されているため執刀医は鳥井ではなく大門にお願いすると言う。オペを依頼された大門は、病名も原因もわからないオペはしないと言い切る。何を根拠に脳膿瘍なのかと鳥井に言い寄る。大門がランチのため屋上にむかうと五反田が1人で将棋をしていた。そこで、大門と話し共感した五反田は「僕のオペしてくれませんか。」という。

レアな豚肉が原因?

神原(岸部一徳)は内神田(草刈正雄)を呼び出していた。2人は旧友の仲だった。お金のためにAIを導入するのは構わないが、内神田の欲望のために大門を利用しないでほしいという神原。大門はAIが診断したオペでも引き受けるだろうと内神田はいう。一方大門は、五反田の病名がはっきりしないことにイライラしていた。病室に向かうと五反田はおらず、机にあった雑誌を何気なく読む大門。そこには、五反田が好んでよく食べているというお店での取材ページがあった。その店に行ってみると五反田が食事していた。勝負(オペ)前だから食べさせてくれという五反田。渋々許す大門は、五反田の腕にいつの間にかできていた何かの跡を見つける。そして、半生の状態で豚肉を食べる五反田。また、最近も海外でレアな豚肉を食べたと。五反田の背中にも出来物があり、急いで病院へ連れて行き検査を始める大門。

大門の診断結果とは

そのころ、蛭間と鳥井はAIによる診断オペの記者会見をマスコミ向けに発表していた。そこへ、秘書がやってきて大門が五反田のオペを始めたと報告を受ける。駆け付けた鳥井に助手を依頼する大門。オペの結果、五反田がレアな豚肉を食べた結果体内に寄生虫が入り、その結果痙攣をおこしていた。「私診断も失敗しないので」と大門。肩落とし何も言えずにいた鳥井。なぜわかったんだと聞くと「AIはごはん食べないからね」と鳥井の肩をたたく。神原はいつも通りに蛭間にメロンと請求書を渡しにきた。しかし、今回は大門が勝手な行動を起こしAIの診断を台無しにしたため一銭も払わないという蛭間に、間違って診断したままオペしたほうがまずいのではと。そして、自分たちが口を閉ざせば病院はうなぎのぼりだと告げる。蛭間と鳥井はマスコミへ予定通りAIによる症例を報告していた。しかし、鳥井は病名が間違っていることを言い出し嘘はつけないと暴れ出す。そんな鳥井を追い出す海老名。一方回復した五反田は、改めてAIと対局していた。大門が見守る中AIに勝利する五反田。

ドクターX5ネタバレ5話の感想

AIには否定的だった鳥井もあっさりとAIに頼りっぱなしでしたね。しかし、いくらすごい頭脳を持っているとしても、人間の目・勘にはかないませんよね。ロボットに負けなくてよかったです。そして、神原と内神田が昔繋がっていたとは!驚きです。次回、城之内と大門が決裂!?何があったのでしょう。気になります。

ドクターX5の5話の見逃し配信の情報

ドクターX5の5話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

ドクターX 5はどんなドラマ?

「私、失敗しないので」
目の前の患者を救うというポリシーのもと、圧倒的な腕で数多くの命を救いながら、
金と欲にまみれた医療界にも鋭いメスを入れてきた
フリーランスの天才外科医・大門未知子。
群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、
専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼女の武器…
米倉涼子演じる、あの“失敗しない女”が今年も帰ってくる――。

 

この記事を書いた人

rinadorama

ドラマが好きなドラマ女子です。ネタバレ記事を書いています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング