このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

ドクターX5はどんなドラマ?

「私、失敗しないので」
目の前の患者を救うというポリシーのもと、圧倒的な腕で数多くの命を救いながら、
金と欲にまみれた医療界にも鋭いメスを入れてきた
フリーランスの天才外科医・大門未知子。
群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、
専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼女の武器…
米倉涼子演じる、あの“失敗しない女”が今年も帰ってくる――。

ドクターX5ネタバレ2話の登場人物

ドクターX5の相関図

ドクターX5ネタバレ2話のあらすじ


失脚の憂き目に遭っていた蛭間重勝(西田敏行)が「東帝大学病院」の院長に返り咲き、“白い巨塔”はふたたび金と欲にまみれた組織へと逆戻りし始める。

だが、西山直之(永山絢斗)や伊東亮治(野村周平)ら、ゆとり世代の若手医師たちは組織のことなど我関せず…。

堂々と院長回診をすっぽかすなど、我が道を貫く。

そんな折、大門未知子(米倉涼子)は院内で、みぞおちを押さえて意識を失いかけている女性と遭遇。

その女性はなんと伊東の母・不二子(中田喜子)だった! 未知子は瞬時に検査が必要だと判断するが、伊東はどういうわけか、まるで無関心。

母親をその場に残し、さっさと病院を後にしてしまう。

だが翌日、ある理由で蛭間を訪ねてきた不二子が倒れてしまう! なんと、不二子は極めて稀な進行胆のうがん肉腫を患っていた…。

不二子は蛭間の“計らい”で「東帝大学病院」で手術を受けることに。

だが、その術前カンファレンスで医局がどよめく事態が発生する。

伊東が、あの未知子をもってしても納得する高難度の術式を提案したのだ!

蛭間はこれぞ世の注目を集めるチャンスとばかりに、伊東を執刀医に指名。

だが、不二子は手術を拒否し、相変わらずドライな伊東も母親を説得しようとはしない。

それでも命を救いたいと強く願う未知子は、何とか不二子の同意を得ようとするが…!?

そんな中、「東帝大学病院」の中で気味の悪い事件が起こる――。

<スポンサーリンク>

ドクターX5ネタバレ2話

ゆとり世代の医者

蛭間重勝(西田敏行)が院長として戻ってきた東帝大学病院には、ゆとり世代の若い医師が4人いる。今までの医師と違い、院長回診を都合が悪いといい欠席し自分勝手に仕事をしていた。若手医師の1人伊東亮治(野村周平)は、大門未知子(米倉涼子)に気が合いそうだといい慣れ慣れしく近づく。定時に帰宅する大門の前で、苦しそうに倒れこむ女性が。声をかけるが、大丈夫と言い張る女性は伊東の母親・不二子(中田喜子)だった。そして、「お気遣いありがとうございます。大門未知子先生。」といい立ち去る。

ここ最近、城之内 博美(内田有紀)や蛭間は何者かにつけられている感じがしていた。そんな中、蛭間の元へ東帝大学病院の監査役の雉沢 真之介(矢島健一)訪れる。病院を抜き打ちで調査していて、外科医局の整理がされていないことを指摘される。そして金銭についても厳重に調べると。そこへ、不二子が菓子折りを持って蛭間に挨拶にきた。その菓子折りには大金が隠されていることを知り、雉沢の手前不二子を追い出す。海老名(遠藤憲一)蛭間に指示のもと、一度は突き返した不二子の金銭入りのまんじゅうをもらおうと追いかけた。海老名の前で血を吐き倒れこむ不二子。すぐに検査の準備をし、息子の伊東に連絡をとる原守(鈴木 浩介)だが、伊東ライブに行ってしまい連絡がつかない。不二子が倒れたと聞く蛭間は、金銭を受け取ったこともあり特に伊東に目をかけ立派に育てるよう海老名に指示する。

母親の手術に執刀する息子だが・・・

検査の結果、不二子は極めて珍しいがん肉腫に侵されていた。海老名が提案したオペ方法に対して大門と伊東は別な手術方法を提案する。それは、かなり難しいオペになる。そこへ、蛭間が訪れ伊東に執刀医としてオペをするよう指示する。伊東の年齢でオペが成功すれば世界初だということを企んでいた。しかし、不二子はオペをする気はなく同意を得ることができなかった。そんな不二子を見て大門は諦めることができなかった。

海老名のもとにカメラの落とし物が届く。中身の写真が病院関係者を隠し撮りしたもので埋まっていた。雉沢の仕業と思い、責める蛭間と海老名だがカメラの持ち主は不二子であるこに気づく。一方、大門も不二子が盗撮をしていたことを知る。全て息子のために、病院を調べていたのだ。そして、息子の病院で母親が死ぬようなことはできないという。

「要するに自分の息子のこと何一つ信用していないってことか。」という大門。

そして、苦しみ倒れこむ不二子。2人の元に現れた伊東だが、苦しむ不二子を前に、手術の同意が得られないという理由で、何も手助けをしようとしない。そんな伊東に「私は諦めないから」という大門。そんな大門の姿を黙って見続ける伊東。

病室に戻った不二子に、海老名が盗撮のことを伝える。盗撮と蛭間に渡した現金のことを公にしない代わりに手術の同意をもらうことができた。

伊東にも不二子の同意を得たことを知らせ、明日オペすると伝える。自信がないならできないと言えという海老名に「もちろんできますよ」と言い張る伊東。

「意地を張るのと覚悟を決めるのはべつもんなんだよ」という大門。

手術中危険な状態に!!

執刀医伊東のもと大門・海老名・原がフォローにつき不二子のオペがはじまった。

順調に進んでいたが、途中で出血をおこす。出血点が見つけられず危険な状態に陥る。一旦心臓を止め損傷部位を見つけ修復する方法にでる伊東。リミットは1分半だ。しかし、伊東に対処ができず、見かねた大門が代わりに対応した。言い訳する伊東を前に「私失敗しないので」と大門。素早い手さばきで、その後のオペも順調に進み不二子は助かった。結局、伊東は何もできなかった。

その夜、伊東は海老名と飲みにいき励まされ、今日のオペで医者のすごさを痛感したと話す。

一緒に頑張って行こうという海老名に「ありがとうございます」と伊東。

後日、若手医者・伊東が世界初のオペを成功させたとして記者会見が行われた。誇らしげに説明する蛭間。しかし、伊東は記者を前に「今回のオペで自分がどの程度の人間かということを思い知らされました。なので、僕医者やめます」と言い出す。

大門の数々の言葉が心に突き刺さり、大門が手術をして不二子を救ったことも告白する。

医者であるなら「私失敗しないので」というセリフを言うべきだと。

驚愕する蛭間や海老名。そして、記者会見を見ていた内神田 景信(草刈 正雄)も苛立っていた。

ドクターX5ネタバレ2話の感想

ゆとり世代に翻弄されている周りの人たちが少し面白いですね。

そして、まさかの若手の医者1人が早くもやめるとは!今回のことでさらに大門は上の人間に目をつけられてしまいましたね。それでも我が道を進む大門の姿はかっこいいです。そんな姿にゆとり世代の医者だけでなく、すべての医者に影響を与えていくのではないでしょうか。次回も楽しみです。

ドクターX5の2話の見逃し配信の情報

ドクターX5の2話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

この記事を書いた人

rinadorama
ドラマが好きなドラマ女子です。ネタバレ記事を書いています。
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング