このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

ドクターXネタバレ8話の登場人物

ドクターX5の相関図

ドクターXネタバレ8話のあらすじ


 元大臣秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)が記者会見を開き、ある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいしてきた事実を告発した。なんでも八雲は先日、根治手術が不可能な肝外発育型肝細胞がんであると診断され、死を覚悟。ならば正義を貫いてこの世を去ろう、と立ち上がったという。
その八雲が後日、彼を広告塔に仕立て上げようと目論む病院長・蛭間重勝(西田敏行)の手引きで、「東帝大学病院」に入院してくる。八雲のオペは最高レベルの技術が不可欠であり、大門未知子(米倉涼子)以外には考えられない状況…。ところが、ここで不測の事態が起こる。何を思ったか、ゆとり世代の新米外科医・西山直之(永山絢斗)が執刀医に立候補したのだ! だが、今回のオペは未知子をもってしても、実際に切ってみないと判断がつかない部分があり、術中の臨機応変な対応が必要とされる。それゆえに、未知子も医局の面々も西山には無理だと判断。執刀医は未知子に決定する。
しかし、ここで思わぬ壁が立ちはだかる。なんと、八雲が告発した人物らは日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の友人だったのだ…! 内神田に釘を刺された蛭間は、執刀医を外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)に変更するよう命令。さらに、未知子は病院を解雇されてしまう!
当然のごとく、納得のいかない未知子。そんな彼女に、西山は“これまで口にすることのなかった思い”をぶつけ、信じられない行動に出る!

<スポンサーリンク>

ドクターXネタバレ8話

大門が解雇される!?

元大臣秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)がある病院が金銭がらみの隠蔽を行っているとマスコミに向けて告発をした。なぜ、告発したかというと八雲が根治の難しい癌に侵されていてどうせ死ぬなら正義を貫こうという気持ちからだった。八雲の会見を目にした蛭間(西田敏行)は東帝大学病院に誘いこみオペをすることになった。八雲を治すことで病院のPRになると企む蛭間だった。しかし、八雲のオペはかなり難しいが失敗できない。カンファレンスで西山(永山絢斗)がオペをやらせてくれと立ち上がる。しかし、西山には無理だとし海老名(遠藤憲一)、鳥井(段田安則)猪又(陣内孝則)は大門(米倉涼子)にオペするよう指示した。大門も意義なくすんなり受け入れる。そんな中、内神田(草刈正雄)が蛭間の元を訪れ隠蔽を行っていた病院と繋がりがある内神田は、八雲のオペを快く思っていなかった。事情を知った蛭間は、急きょ大門ではなく外科部長3人の誰かが行えと言い出す。訳が分からない3人だったが、結局うまく逃げられなかった海老名がオペすることになった。どうしても八雲のオペをしたい西山は大門にオペ方法を聞かれる。最初はスムーズに答えられていたが、最後には口ごもってしまった。その時、鳥井が大門にオペをさせることができなくなったと告げる。すぐに八雲の病室に行きオペさせてほしいことを言うが、そばにいた蛭間に邪魔され解雇を言い渡されてしまう。

内部告発のFAXが届く

追い出された大門は西山に呼び出されさっき言えなかった質問の答えを伝えた。そして、「血流遮断しても出血をコントロールできない場合はどうすればいいですか?」と聞いた。聞いてどうするのときく大門に、自分がオペをすると言う西山。「僕だって医者です。患者を救うためなら手段は選びません」といい立ち去る。そんな中、病院内に何者による内部告発のFAXが届く。これまでの東帝大オペ執刀医の隠蔽の告白と八雲のオペを大門にやらせろという内容だった。蛭間は、神原(岸部一徳)と大門を問い詰めるが犯人ではなかった。そこへ、海老名がやってきて西山が八雲のオペを始めてしまったという報告が入る。同時に蛭間に内神田から連絡があり、西山に大門が助手についてオペをしてもいいと許可が入る。

西山の隠された秘密が明らかに

大門も合流しオペが続くなか、西山のミスにより大量出血が起こる。手が思うように動かない西山に代わり大門がオペすることになった。無事にオペが終了し、西山を呼び出す大門。勝手なことをしたと謝る西山に「答え見つけてなかったでしょ。出血がコントロールできない場合どうするか」完璧な状態じゃないままオペをはじめた西山を責める。西山は、そんな大門に内神田が父親だということを話始める。外科医の内神田と付き合っていた母親は、西山を宿ったが別に婚約者がいた内神田には告げずに西山を産んだ。そんな母親は、癌で亡くなった。このことを脅して、内神田にオペできるよう頼みこんでいた。西山は大門に会ってから、医者という意味を考えなおすようになり大門みたいな医者になりたいと思った。「失敗しない医者になるためには失敗することもある・・・」大門は「失敗された患者に次はないんだよ。だから医者は絶対に失敗しちゃいけないの」と伝える。

内部告発の犯人は・・・

神原は、今回のメロンと請求書を内神田に直接渡した。そして、息子が失敗しないために大門を助手につけたのではと聞く。患者を救う最善の方法をとっただけだと内神田。命を救ってもらった八雲は会見を開き、マスコミに向け蛭間と西山に感謝の言葉を述べる。そして、オペ前に行った告発について聞かれると隠蔽の事実はなく自分の勘違いだったと言い出した。一方、内部告発のFAXを送った犯人を探し出した森本(田中圭)は驚愕した。他の医師らと防犯カメラに写っている人物を見るとそこにはなんと海老名の姿が。一緒に映像を見ていた海老名は「これ私じゃないぞ・・・」と言いながら逃げていく。自分でオペはできないから大門にやってもらうように仕向けたのか。がっかりする森本や猪又。内神田は西山を食事に誘いだし、西山が目の前に現れたときなぜだか嬉しかったと話す。西山が身に付けていた腕時計をみて、自分が置いていった時計と気づく。母親はいつも内神田のことを立派だと話同じ道を選んでほしいと言っていたと言う西山。そんな西山にこれからも何かあれば助けると伝える。「ふざけるな!あんたはな、患者を殺そうとした。俺はあんたの権力にもあんた自身にも興味がない!くだらない!」といい腕時計を置いて立ち去った。

 

ドクターXネタバレ8話の感想

西山が内神田の息子とは、意外なところにキーマンが隠れていましたね。でも今回の1件で、西山は完全に大門派になったように感じます。オペをみていた外科部長3人もすっかり大門には頭が上がらないみたいですね。次回、大門が倒れているシーンがありました。大門の身に何があったのでしょうか。楽しみです。

ドクターXの8話の見逃し配信の情報

ドクターXの8話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

ドクターX 5はどんなドラマ?

「私、失敗しないので」
目の前の患者を救うというポリシーのもと、圧倒的な腕で数多くの命を救いながら、
金と欲にまみれた医療界にも鋭いメスを入れてきた
フリーランスの天才外科医・大門未知子。
群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、
専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼女の武器…
米倉涼子演じる、あの“失敗しない女”が今年も帰ってくる――。

 

この記事を書いた人

rinadorama

ドラマが好きなドラマ女子です。ネタバレ記事を書いています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング