このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

ドクターxの6話では、コンピューターvs大門未知子の話になるようですね

今までにない、突拍子もない設定です。

6話の内容をまとめました

<スポンサーリンク>

ドクターXネタバレ6話の登場人物

ドクターX5の相関図

ドクターXネタバレ6話のあらすじ


 「東帝大学病院」の外科副部長・猪又孝(陣内孝則)によるオペを受けたVIP患者が、術後の経過についてクレームを入れてきた。猪又はとっさに、フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)の不手際でオペに時間がかかったのが原因だ、と嘘をついて責任逃れ。何の非もない博美は正々堂々と食ってかかるが、猪又の狡猾な根回しによって、「東帝大学病院」への出入りを禁止されてしまう。しかも、この一件を機に浮上した“ある事実”が火種となり、これまで同志の絆で結ばれていたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)とも険悪な雰囲気に…!
そんな中、未知子が博美とともに担当する予定だった手術の日が近づいてくる。患者は2人が懇意にしている中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)の妻・敦子(松金よね子)。だが、敦子の手術を前に、良夫の膵臓に複数の腫瘍があることが判明してしまう! その病状は深刻で、根治させるには膵臓を全摘するしかない状態…。しかも、術後の生活も含め、極めてリスクの高いオペとなる。それでも未知子は命を救うために全摘を主張し続けるが、良夫のオペはさまざまな思惑から安全策を重視する猪又の手に渡り…。
だが、それで諦める未知子ではない。完璧な全摘手術で良夫の命を助けるには、博美の腕が必要――そう考えた未知子は「名医紹介所」の所長・神原晶(岸部一徳)の力を借り、博美の出入り禁止を解こうとするが、当の博美は「手術はやらない」と突っぱね…!?

<スポンサーリンク>

ドクターXネタバレ6話

麻酔科医・城之内がクビに!

猪又(陣内孝則)は蛭間(西田敏行)不在の中、いつも以上に横暴な態度だった。自慢話をしながらオペをする猪又に術式の確認をする城之内(内田有紀)。そんな城之内をけなす猪又。猪又のやり方に納得できない城之内は、大門(米倉涼子)と一緒に行きつけの中華屋で猪又の悪口で盛り上がっていた。そこの店主・六浦良夫(平泉成)は妻・敦子(松金よね子)が大門と城之内にオペをするため、よろしく頼むとお願いする良夫。好物の餃子残り1個を平らげる大門に文句をつける城之内。険悪な雰囲気の中城之内に病院から連絡が入る。駆け付けると、猪又がオペした患者が術後の経過についてクレームをつけていた。猪又は、麻酔科医の城之内に不手際がありオペが長引いたと嘘をついた。口答えする城之内にクビを宣告する猪又。このことがすぐに神原(岸部一徳)にも連絡が入り、東帝大学病院への出入りが禁止された。収入がなくなることが不安になった城之内は、歩合のマージンについて神原に相談する。給料制の大門は、城之内が歩合制ということに腹を立てる。自分勝手なオペばっかりしているから当然だと城之内。2人はさらに険悪なムードになる。

妻に心配かけたくない夫は・・・

鳥井(段田安則)が、前回の記者会見で自宅謹慎を命じられ院長候補から外れたという猪又。海老名(遠藤憲一)を見下し、秘書を物で操り自らが院長に成り上がろうとしていた。敦子の見舞いにきていた良夫に声をかける大門。病室には同じく見舞いにきた城之内がいたが、喧嘩中の二人は口もまともに聞かなかった。良夫がリンゴを切るといい病室を出ていくと、腹痛を起こし倒れこむ。すぐに検査してみると、敦子よりも危険な状態ですぐにオペが必要だった。良夫の状態を見た猪又は、蛭間不在のなか面倒な患者が増えたと嘆く。そこへ、城之内の代わりの麻酔科医・瓜田(今野浩喜)が猪又を呼び出し、良夫の術後の治療に謝礼付き病院として導入してほしい方法があると提案する。良夫に病状を報告する大門と西山(永山絢斗)。オペ後店を続けることを心配する良夫。西山は、良夫の体を心配しさらには敦子のオペの助手に入るため注意点を大門に確認した。良夫のことを聞いた城之内は、店に向かった。店の前を通りかかった大門は、城之内に今後の不安を語っている良夫を遠くから見る。術前カンファレンスにて、敦子のオペは大門が良夫のオペは猪又が執刀すると言い出す。瓜田が持ち掛けた化学療法を取り入れたやり方を提案する猪又に、それでは根治しないと意義を膵臓全摘が必要と大門。大門の意見に賛同する海老名。しかし、全摘すると糖尿病になり術後の生活に支障がでると考えた良夫はすでに猪又執刀医のオペに同意していた。良夫は、敦子の負担になりたくないといいスパッと死ねるならそれがいいと大門に伝える。大門と城之内と険悪なままいつも麻雀をしていた。しかし、頭のなかは良夫のことでいっぱいだった。神原に良夫を助けるために城之内を病院に戻してほしいという大門。しかし、大門がやろうとしているオペは良夫が望んでないため城之内は戻らないという。言い争う2人はさらに関係が悪化してしまった。

最高のパートナー

それでも何とかしたい大門に、海老名が声をかけ声援を送る。そして海老名は城之内を心配して食事に連れ出す。そのころ敦子のオペの準備が始まる。見送った良夫がそのあと吐血し苦しみ出した。敦子と同時刻に良夫の緊急オペがはじまることとなった。連絡をうけた海老名はすぐに病院に戻る。そして、城之内が海老名に病院へ戻してほしいと・・・。城之内が戻ってきたことを知った大門はオペを西山に任せ良夫のオペに向かった。城之内がいるならこのオペ致しませんといいながら・・・良夫が危険な状態のなか大門が現れ、無理やりオペを変更し執刀した。大門にオペをとられて猪又と瓜田は、手術室から出ていってしまった。麻酔科医が不在のオペは無理だという森本(田中圭)に「私、麻酔もできるので」といいオペが始まった。途中、大門が依頼していた結果が分かり再度術式変更で膵体部を残すことが可能となった。無事西山による敦子のオペが成功し、城之内が良夫のオペにやってきた。喧嘩前の2人の関係が戻り、難しいオペだったが良夫も無事に助かった。西山は大門にオペを任せてもらったことに礼をいう。原(鈴木浩介)と城之内がいたから大丈夫と思っただけという大門だが、完璧なオペだったことに西山を褒める。神原が猪又にメロンと請求書を差し出した。今回は城之内を2件分の請求が含まれていることを伝えると、瓜田が金だけの3流麻酔科とバカにする。そして、猪又も蛭間に報告するために自分の名を使えというが今回は大門と城之内の名前をしっかり記載してもらうと神原。オペを途中放棄して患者の命をさらし見殺しにしようとした瓜田に城之内をバカにするなと脅す。神原の条件を飲み、瓜田をクビする猪又。交渉が上手くいった神原は、仲が元に戻った大門と城之内と喜んだ。

 

ドクターXネタバレ6話の感想

女同士の喧嘩は結構めんどくさいですよね。仲直りに時間がかかったり・・・。でも2人揃うとどんな難しいオペでも問題なさそうです。大門も城之内を信頼しているってことですね。猪又の自分勝手さにはさすがの海老名も呆れ気味ですね。大門派が増えていきそうな予感です。若い医者西山も今後どう絡んでくるのか楽しみです。

ドクターXの6話の見逃し配信の情報

ドクターXの6話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

ドクターX 5はどんなドラマ?

「私、失敗しないので」
目の前の患者を救うというポリシーのもと、圧倒的な腕で数多くの命を救いながら、
金と欲にまみれた医療界にも鋭いメスを入れてきた
フリーランスの天才外科医・大門未知子。
群れを嫌い、権威を嫌い、束縛を嫌い、
専門医のライセンスと叩き上げのスキルだけが彼女の武器…
米倉涼子演じる、あの“失敗しない女”が今年も帰ってくる――。

 

この記事を書いた人

rinadorama

ドラマが好きなドラマ女子です。ネタバレ記事を書いています。

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング