このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

ブラックリベンジ7話のネタバレあらすじのページです。

7話では綾子は圭吾との肉体関係を認め、悠斗(佐藤令旺)が圭吾との間にできた子供と打ち明ける・・・

<スポンサーリンク>

ブラックリベンジネタバレ7話の登場人物

ブラックリベンジ相関図

ブラックリベンジネタバレ7話のあらすじ

将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は「週刊星流」にスキャンダル記事をスクープされ、それを苦に自殺。5年後、そのスキャンダルがねつ造された事を知った妻の今宮沙織(木村多江)は「週刊星流」の契約ライターになり、ねつ造した3人のスキャンダルを暴いて地獄の底に叩き落とすが・・・。黒幕の星流編集長、福島勲(佐藤二朗)は、沙織の妹の綾子(中村映里子)が圭吾の愛人だったという記事を星流に掲載。綾子は圭吾との肉体関係を認め、悠斗(佐藤令旺)が圭吾との間にできた子供と沙織に打ち明ける。圭吾、綾子に裏切られ、打ちひしがれる沙織に追い打ちをかけるように福島は悠斗の事も最新号に掲載。さらに福島は星流の記者に綾子を直撃取材させる。心労から倒れて病院に運ばれる綾子。沙織は病室で眠っている綾子の首に両手を伸ばして・・・。

<スポンサーリンク>

ブラックリベンジネタバレ7話

何のための復讐だったのか…

自分は何のために復讐をして来たのだろうと茫然自失としながら糸賀(鈴木砂羽)のクリニックで話し始める沙織(木村多江)。圭吾(高橋光臣)の最後のメッセージを見て、そこに映る彼の目から激しい憎悪を感じ取り、彼の無念を晴らすために圭吾を陥し入れた三人に地獄を見せようと復讐して来たのに。それなのに圭吾は自分の妹の綾子(中村映里子)と寝ていて、自分は圭吾の子供を流産してしまったのに綾子は彼の子供を出産し育てている。自分は本当に何のために復讐して来たのか…そう言って泣きじゃくる沙織を糸賀は強く抱きしめ怪しい笑みを浮かべます。
星流の編集部では、デスクの天満(平岡浩行)が辞めたことに対する悲しみの声が聞こえていました。しかし、編集長の福島(佐藤二朗)が圭吾に関する記事が好調だから来週もそれでいこうと盛り上げます。今週号の記事は、ユウトが実は圭吾の隠し子だったというもの。盛り上がる編集部ですか、一人咲良(岡野真也)だけは怒りのこもった視線を福島に向けていました。
アパートでも週刊誌の噂は広まり、肩身の狭い思いをする綾子。その頃沙織は糸賀に記事を見せられていました。そんな沙織に電話をかける天満。しかし沙織は出ずに携帯画面を上にしたまま放置します。それをすかさず確認する糸賀。
天満が沙織に電話を掛けていると、後ろから福島がやって来て声をかけて来ます。また二人で俺をはめようとしてるのかと冗談めかして訊ねる福島に天満はもう死人に鞭打つような真似はやめて下さい、自分が無実の人を死に追いやったのにまだ苦しめるのかと詰め寄ります。しかし、俺は他人に同情なんてしない、味がしなくなるまでしゃぶり尽くすと言って去って行くのでした。
編集部に戻ってきた福島ですが、星流のメンバーに、サユミの記事と南条夕子の記事が賞を取ったと報告します。二つとも沙織の記事ですが、意志を継いで自分が登壇するという福島。さらに若手にハッパをかけ、綾子にインタビューしてくるようにけしかけるのでした。そんな福島に反抗的な視線を向ける咲良。福島はその視線に気付き、沙織のことは忘れて早く独り立ちしろと言います。

追い詰められる綾子

幼稚園からの帰り道、綾子は星流の記者に質問攻めにされます。足早に立ち去りますが、同じアパートの住人達も週刊誌の噂で持ちきりで居場所がありません。さらに、ユウトに不倫て何?と聞かれ、理由を尋ねると幼稚園でお友達にお母さんが不倫してると笑われたと言うのでした。追い打ちをかけるように、電話が鳴り、出てみると先ほどの星流の記者の声が。綾子はどんどんと追い詰められていきます。
その頃天満は咲良から最近の星流について報告を受けていました。するとそこへ以前城田(DAIGO)の転落死の件で聴取を担当していた刑事が。少し話を聞きたいと言われます。
一方、沙織はずっと糸賀のクリニックにいました。気力のない座ったままの沙織を置いて、少し出かけてくると言う糸賀。彼女は福島と会っていました。実は福島のネタ元は糸賀。福島は圭吾だけでなく沙織まであんなに苦しめてそんなに圭吾に恨みがあるのかと訊ねますが、笑ってはぐらかされます。沙織はまだまだ復讐を続けると言う糸賀にそれならもう少し追い込んでおくかと反応する福島。そんな福島に腐った男ねと言いますが、福島は君が言うの?と言い返します。
家から出ずに、部屋でユウトを遊ばせている綾子。テレビでも圭吾との不倫のニュースが流れ、急いで消しますがユウトはテレビ見たい、もう部屋で遊びたくない、公園でみんなと遊びたいと言い始めます。綾子は怒りますが、泣き始めるユウトを見て我に帰り、ユウトを公園に連れて行きます。するとそこにはユウトのお友達が。喜ぶユウトですが、友人達は急いで逃げ、ユウトとは遊べない、ゲス不倫ゲス不倫!と騒ぎ立てるのでした。そんな言葉にこれまでの報道や沙織の言葉、近所の人たちのことなど色々なものがフラッシュバックし、綾子は倒れてしまいます。
糸賀のクリニックで廃人同然の状態で横たわる沙織。携帯が鳴っても無反応な様子に糸賀が代わりに出ますが、電話は病院から。綾子が倒れたという連絡でした。病院に行った沙織は、意識を失ったまま横たわっている綾子の首を絞め始めます。しかし、後ろからユウトに呼ばれ正気を取り戻す沙織。ユウトに自分がゲス不倫だからお母さんは死んでしまうのかと聞かれ、何も答えることができません。そして、抱きつこうとするユウトを避け、病室から出て行くのでした。

高槻の想い

その頃高槻(堀井新太)は、城田と屋上でもみ合った時のことを思い出していました。以前沙織に盗聴器を仕掛けていたことから、その音声を恐喝の証拠として警察に持っていくと城田に告げる高槻。当然城田は奪い取ろうとしますが、高槻は途中から激昂し、勢いで城田を突き落としてしまいます。我に返り焦って逃げる高槻。
一方、病院から逃げた沙織は一人写真などが散乱した部屋に寝転がっていました。するとそこへ天満がやって来ます。ドアの外から、城田を殺したのは高槻だった、今警察は高槻の行方を捜しているとどなる天満。沙織は、自分の味方でいてくれた高槻のことを思い出します。
高槻に会いに行く沙織。何故殺したのか訊ねる沙織に、自分は糸賀と沙織の関係を調べる中で偶然に城田のことを知ってしまい、沙織を守るためにしたのだと答えます。何故そこまでと言う沙織に、自分は圭吾の不倫を知っていた。告白してきた圭吾を責め、手を差し伸べることをしなかった。もしあの時自分が立ち去らなければ圭吾は死んでいなかったかもしれない、五年前に沙織が戻ってきたのを知って沙織を守ることが圭吾への償いにもなると思ったと答えます。でも、圭吾のためにあなたは殺人犯になってしまったのよと言う沙織。そんな沙織に高槻は、圭吾のためだけではなく沙織が好きだからだと告白。秘書をしていた頃から思っていたこと、沙織のためなら殺人犯にでもなること、そして復讐を見届けるまでは捕まるわけにはいかないと告げて去っていきます。
あったことを糸賀に全て報告し、廃人同然の状態の沙織。そんな沙織に糸賀はまだ本当の復讐は終わっていない、そもそも星流の記事がなければ圭吾は死なずにすんだし、沙織も圭吾と離れずにすんだ、そして綾子との不倫も起こらなかったと言います。それを聞いて福島への憎しみを燃えたぎらせる沙織。そして糸賀はもし、全ての復讐を終えても死にたいと思うなら、私が殺してあげると沙織に言うのでした。するとそこへ綾子の携帯から着信が。出てみるとユウトの声が。そして今沙織の友達と一緒にいるというのです。電話を代わった相手は…福島。福島はこれからユウトにインタビューをしようかなと沙織を脅します。
糸賀のクリニックを抜け、病院まで駆け出す沙織。病室に着くと、福島がユウトと遊んでいました。綾子の目が覚めないから沙織にインタビューをしたいと言う福島。他人の不幸を見て、自分の幸せを確認する人間が多いんだ、君たちは格好のターゲットだと言う福島に、沙織はこれ以上自分の周りの人間を巻き込んだらあなたを殺すと宣言します。
その頃糸賀は卒業アルバムをめくり、ある生徒の写真を撫でながら、飛び降りをしたらしい女生徒の姿を思い出していました。そして、復讐は楽しいねと一人呟きます。

 

ブラックリベンジネタバレ7話の感想

いよいよクライマックスに向けてストーリーが展開し始めましたね。糸賀が復讐したい相手が誰なのか、とても気になります。そして、これからどうやって福島に復讐するのかも気になるところ。相手は百戦錬磨の週刊誌の編集長。高槻に満足なサポートもしてもらえない今、沙織に勝機はあるのか…。次週も楽しみです。

 

 

 

ブラックリベンジの7話の見逃し配信の情報

ブラックリベンジの7話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

ブラックリベンジはどんなドラマ?

スキャンダルによって、最愛の夫を失った一人の女は、スキャンダルによって、復讐相手を地獄に突き落とす・・・。「目には目を。スキャンダルにはスキャンダルを。」このドラマの舞台は、人間の持つ 黒い夢黒い願望 を叶える魔力を持つ、ドラマよりドラマチックなスキャンダルの世界――。最愛の夫をスキャンダルで失った女が、週刊誌の記者 となって、今度は自分がスキャンダルを操り、夫を陥れたゲスたちを追い詰めていく。世間ではスキャンダルにより辞職する政治家や姿を消す芸能人が続出...数々の スキャンダルが日本中を魅了しています!元週刊文春エース記者 中村竜太郎氏監修!スキャンダルの世界を舞台に、復讐のために悪女が悪女を陥れあう登場人物、全員ゲスなジェットコースター復讐劇!

キャスト一覧

木村多江

佐藤二朗

平山浩行

堀井新太

岡野真也

中村映里子

竹内まなぶ(カミナリ)

石田たくみ(カミナリ)

高橋光臣

DAIGO【特別出演】

鈴木砂羽

 

この記事を書いた人

ブラックリベンジ
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング