このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

引用元:TBS公式ページ


<スポンサーリンク>

わにとかげぎすネタバレ10話のあらすじ

富岡(有田哲平)は、車の窃盗を繰り返していた若者たちのグループに関わったことで、またもや危険な道に足を踏み入れることに。
ヤクザの東金(村上淳)の車を盗んだ吉くん(稲葉友)は、その車を富岡が働いていた運動公園に放置。車のトランクに入っていた女を富岡が逃がしたことで、富岡は不良グループから追われる身になってしまう。
富岡からの置き手紙を読んだ羽田(本田翼)は、富岡の身を案じ必死に居場所を探すが、なかなか見つけることが出来ない。
そんな中、島田(DOTAMA)から借金の返済を迫られた灰野(森優作)は、懲りずに羽田を恐喝する。その様子を見ていた灰野の彼女・涼子(emma)はある行動に出る…。
富岡と羽田にどんな未来が待っているのか!?

<スポンサーリンク>

わにとかげぎすネタバレ10話

車のトランクに入っていた女性を逃がした事で、不良グループから追われる事になる富岡。急いで荷物をまとめ、警備会社にも仕事を辞めるという連絡を入れます。不良グループは富岡に裏切られたという事で、暴れています。
羽田はもう一度話そうと思い、警備会社の事務所に戻り、部屋が荒らされている光景を目の当たりにしました。富岡になにかあったのではと思い、富岡に連絡を入れますが、繋がりません。
「なにがあったか知らないが、連絡をください」と留守番電話にメッセージを残すのでした。そんな時、不良グループは羽田の事を、富岡の彼女だと気付き、見つけます。ですが、羽田がタクシーに乗り込んだので、捕まえる事はできませんでした。
羽田は部屋のドアの隙間に、手紙が挟まっている事に気づき、手紙には「本当はあの女性は運動公園に停まっていた車のトランクに入っていました。毎晩来ていた車泥棒の子たちが置いていったのだと思います。その女性を助けたら、若者たちに追われていて。しばらくどこかに逃げます」と書かれていたのです。
羽田は手紙を読み、いつも行っていた公園など、富岡さんと呼びながら走りながら、富岡を必死に探します。不良グループの一人は羽田に気づき、追いますが、突然車にひかれてしまい、羽田をまた逃がしてしまいます。羽田はそんな事には気付かず、富岡を必死に探しています。不良グループを車で轢いたのはなんと、ヤクザの東金だったのです。車には外国人の女性と、不良グループの一人が監禁されていて、ヤクザの東金は車で轢いた不良グループ達が持っていた紙から、富岡という男性を探している事に気づきます。

富岡はある男性に自転車を買ってくれと話しかけられますが、無視をします。ふとその男性の顔を見ると、なんとあのホームレスの男性だったのです。お互いにびっくりしながらも、兄さん、オヤジと呼び合い、喜びながら抱き合います。

オヤジは「まだ兄さんに恩を返せていない。俺で良ければ力になるぞ」と言い、富岡はもうすぐ羽田さんとお別れすると話し始め、オヤジはまさかの彼女かよと驚きます。富岡はそういうの失うの初めてだからと言い、それに対してオヤジは向こうから別れてくれと言われたのかと聞きますが、富岡は「俺には彼女を幸せにする要素は一つも見当たらない。不幸にする要素は満載なんだけどね」とつぶやきます。
オヤジは勝手に身を引くのかと聞くと、富岡は「俺が好きでも社会が厳しいよ。長い目で見たらこんなおっさんといても彼女にはなんの為にもならないからな」と答えます。オヤジは「俺は反対だね。社会が厳しい?彼女の為にならない?兄さんがそんなのひっくり返してやればいいじゃないか」と真剣に言います。
思わず話の途中でオヤジがおならをしてしまい、臭くて小屋から出る二人。オヤジは続けて、骨の髄まで惚れた女なら俺が幸せにするとびしっと言ってやればいいじゃないかと言われ、オヤジに背中を押された富岡は公衆電話から羽田に電話をします。オヤジはあの時よりいい顔になったと言い、富岡もありがとうなオヤジと笑顔で言い、二人は別れるのでした。

羽田が電話に出ると「富岡さん、いまどこですか?」ととても心配をしており、二人は結局いつもの公園で待ち合わせする事にし、富岡はちゃんと話したい事があると言うと、羽田は私もありますと言うのでした。いつもの公園で富岡を見つけると、羽田は大きな声で富岡さんと言いながら、笑顔で走ってきます。
羽田は「でかい賞をとりました。おそらくこの賞をとると、本が出版されるんです」ととても嬉しそうに言い、富岡は「作家デビューですか?!おめでとうございます。よかったじゃないですか」と二人で笑顔で喜び合います。

羽田がとうとうやりましたよと喜ぶ一方で、富岡は作家デビューを果たした羽田の前で無職のおっさんが幸せにしますなんてどの口が言えるかと思うのでした。富岡さんの話はなんですかと羽田が聞くと、しどろもどろになっているので、羽田はそうせまた幸せにできないとかそういう事考えているんでしょと言います。羽田は「やっとこれで社会の一員に慣れた気がします。今なら胸を張って言えます。富岡さんを幸せにします。ごちゃごちゃ言わずに基本的にそれでいいですね」と言い、富岡もじゃあその方向でとぽつりと答えます。

一方で、羽田の元彼の灰野はお金を集められておらず、返済に困っていました。灰野はあと受け取るだけといいますが、チェーンソーで殺そうと脅されてしまいます。

二人は住み慣れた町から離れ、引っ越す事にし、二人で暮らす事にします。羽田は立派な作家賞をもらい、小説家としてデビューをします。羽田は富岡に「もしかしてですよ。このまま結婚したら私しか女性を知らない事になりますよ。いいんですか?もっと他の人と付き合ってみたり、エッチな事をしてみたり。してみたいと思わないんですか?」と聞くと、富岡はそう思いますと言ったら快くOKしてくれるんですかと言い、羽田はそれは無理ですけどと答えます。

富岡は羽田さんさえいればそれで充分なんですと言い、羽田も嬉しそうに私もですと答えるのでした。生きてきた中で一番うれしいですと富岡が言うと、羽田は「これから先、もっと嬉しい事がありますよ。そんなんじゃ嬉しすぎてショック死しちゃいますよ」とのろけるのでした。

そんな時、羽田の元に灰野から電話がかかってきて、灰野は「すごいね羽田ちゃん。本っていつでるの?」と聞き、そんな事教える必要ないでしょうと羽田は冷たく答えます。「印税とか沢山はいってくるんでしょう?あの動画買うくらいなんてことないよね。せっかくつかんだ夢がパーになる前にさっさと金払えよ」と、灰野に脅されてしまいます。その様子を、灰野の彼女はこっそりと聞いていました。
羽田は駅前のコンビニで待ち合わせで明日の9時までに200万を持って来いと言われていて、富岡は恐喝なので警察に相談してはと言いますが、羽田は行かないと答えます。富岡は俺がいきましょうかと言うと、羽田は行かないで下さいと答え、富岡は「羽田さんは俺にとってとっても大切な恋人であり、友達です。そんな羽田さんが元気がないのは寂しいです」と言っても、行かない下さいと懇願する羽田。二人は指切りげんまんをし、約束するのでした。

約束はしたもの、富岡は変装をして周囲を気にしながら待ち合わせ場所へと向かい、待ち合わせのコンビニにはなんと灰野の彼女が現れたのです。灰野の彼女は「昨日から全く彼と連絡とれていなくて探しているの。動画データは私がむかついて全部消しました。だからどうか警察には言わないでください。これから彼と二人で沖縄でやり直すつもりなの。もう行ってください」と言うのでした。そう言われて富岡はほっとするのでした。灰野は殺され、川にぽかりと死体が浮かびあっているのでした。

富岡がそろりと家に戻ると、羽田がどこにいってたんですかと聞き、富岡はジュースを買いに行っていましたと嘘を言いますが、すごく遠くまでと疑った顔で富岡の顔を見ます。
「すみません。この世に動画データはないということで」と富岡が言うと、羽田は「行かないでください言いましたよね?こんなの私が我慢すればいい問題です。自分に正直なのはいいけれど、それってただのわがままじゃないですか。私今すごく怒っていて殴りたい気分です」と言い放ちます。羽田は殴ろうとしますが、富岡に抱き着き、二人は泣きながら強く抱き合います。

あれから富岡はレンタルショップで働き始め、その帰り道に偶然ヤクザの東金とすれ違い、東金は富岡に気づき追います。「自分の事をこの世の誰よりも分かってくれる特別な人ができた。自分が生きている様を見ていてくれる証人。それがいるのといないのじゃ、大違いだ。もし羽田さんと出会ってなかったら。今日かもしれない、10年後かもしれない、自分の死を誰も気づいてくれなかったかもしれない」
東金は富岡を追いかけますが、偶々信号が赤になってしまった事もあり、まあいいかと面倒になり、追うのを途中でやめてしまいます。

富岡の帰りを待つ羽田。私も富岡さんの様に寂しい時は寂しいと言える人間になりたいなとぽつりと呟きます。ベランダから富岡の姿が見えると、おかえりなさいと笑顔で言う羽田。「もう俺は孤独じゃない」

いよいよ最終回でした。展開も沢山あり、見ごたえもスリルもあり、なにか考えさせられるドラマでした。
富岡と羽田の恋愛模様に注目していましたが、富岡も羽田もそれぞれに少しずつ考え方も変わり、成長したり、積極的になる姿や、二人がお互いに愛し合っていて大切に思っている姿には感動しました。孤独であってもちょっとずつ自分を変えたり、リスクはあっても相手の事を思って良い行動をしていく事で、自分の生活も人生も良い方向に変わっていくのだなと思いました。相手の事を心配し、あんなに相手の事を愛し大切にしている様子は羨ましくもあり、ああいう恋愛ができればなと感じました。面白さもスリルもあり、深く考えずに見る事ができるドラマだったので、とても見やすく、毎週展開が気になるドラマでした。

わにとかげぎすはどんなドラマ?

有田哲平が連続ドラマ初主演!!
最初で最後!? の主演作に選んだのは
漫画家・古谷実原作の『わにとかげぎす』
さらに、主人公に一目惚れするヒロインには本田翼が決定!
“最強に最弱な男”の恋の物語が始まる!

富岡に一目惚れしてしまう小説家志望の美女・羽田梓役には、本田翼さんが決定! 原作にあるキワドイシーンも体当たりで演じ、これまで見たことのない本田翼さんが炸裂しています。

そして、富岡の人生を大きく狂わせてしまうホームレスのオヤジ役に光石研さん、新人警備員として富岡の前に現れ、富岡をある事件に巻き込む花林雄大役と雨川勇役には賀来賢人さんと吉村界人さん、さらに淵上泰史さん、村上淳さんが物語の重要な役どころとして出演します。

わにとかげぎすを見逃したら

わにとかげぎすネタバレ10話の登場人物

わにとかげぎす相関図

キャスト一覧

羽田梓・・・本田翼

花林雄大・・・賀来賢人

雨川勇・・・吉村界人

吉岡華・・・コムアイ(水曜のカンパネラ)

島田裕至・・・DOTAMA

川上・・・福山翔大

堀田・・・ACE

上原洋介・・・淵上泰史

東金直弥・・・村上淳

ホームレスのオヤジ・・・光石研

 

この記事を書いた人

わにとかげぎす10話
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング