このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

ウツボカズラの夢の5話のネタバレあらすじです。

未芙由がウツボカズラの女に覚醒していきますが、まだお金もないひよっこです。

立場の弱い状況ですが、未芙由がウツボカズラの女になるための重要な回です。


<スポンサーリンク>

ウツボカズラの夢のあらすじ5話

雄太郎(羽場裕一)の一言で、未芙由(志田未来)の鹿島田家での暮らしはあっさり終わりを告げた。鹿島田家を去り際、豪邸を見上げる。大きな家の中に少しずつ築いた自分の居場所、せっかく手に入れた家具…「ちょっと荷物を増やすためだけに、わざわざ東京まで来たんじゃない――」。悔しさがこみあげてくる。
長野の実家では予想通り、未芙由の居場所などなかった。父の幸司(春田純一)、弟の昇太(小林透弥)がはるか(玄理)とともに新たな家族を作っている中、未芙由は疎外感しか感じられず立ち尽くすばかりだった。「お前、鹿島田家で何やらかしたんだ?いつまでいるんだ?」父の言葉に何も返せず、未芙由はなんとか再び東京に戻る術はないか考えていた。

一方東京では、尚子(大塚寧々)と吉岡(松本利夫)がさらに距離を近づけていた。主婦という立場に疲れていた尚子は、一人の女性として見られることに喜びを感じていた。吉岡が何者かの入れ知恵に従って行動していることなど夢にも思わず…。

未芙由は、新学期から私立小学校に通う昇太のために、母の遺産を提供するようはるかから要求されるが、「お金は渡せない。東京に戻ったら必要だから」と拒否する。しかし、別に楽しくもない東京に戻って自分はいったい何がしたいのか…故郷の美しい景色の中で揺れ動く未芙由。どうして『東京』なんだろう…?
その頃、東京の仁美(国生さゆり)は尚子と絶交してしまった後、知也(前田旺志郎)が美緒(川島鈴遥)を妊娠させた顛末がどうも腑に落ちず、思い悩んでいた。考えた末、未芙由に連絡を取るが、未芙由は何も知らないと答える。

未芙由は高校時代に思いを寄せていた柿崎(大和孔太)と再会する。初めはぎこちなかったものの、次第にかつてを思い出し打ち解ける2人。
柿崎は、未芙由に「ここにいてほしい」と告げるが…。

<スポンサーリンク>

ウツボカズラの夢の5話の見逃し配信の情報

ウツボカズラの夢の5話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

ウツボカズラの夢ネタバレ5話

 

はるかは未芙由に「あんなに抵抗していたのにどうして帰ることにしたの?」と問いかけた。未芙由は雄太郎に帰れと言われたことは告げなかった。鹿島田家からのお見送りもなく未芙由は長野に帰ることとなった。未芙由は〝ちょっと荷物を増やすためだけに東京に来たんじゃない″と悔しそうに鍵を握った。

未芙由ははるかと長野の実家に帰った。父ははるかの事は歓迎しているようだったが、未芙由の事はそうではなかった。長野での未芙由の部屋は無くなっていて、実の父親からは「鹿島田家で何かやらかしたのか?いつまでいればいいと思っていればいい?」と冷たい言葉を言われてしまう。

尚子か通っているボランティアスタッフの吉岡は鹿島田家に訪れ、使っていない家具を譲り受けた。そこで吉岡は尚子に「本当にありがたいです。今の寄付の状態じゃこういうものまで準備できなくて…。」と嘆いた。すると尚子から「わたし寄付しましょうか?」と言われ吉岡は笑顔になった。それを見た尚子も笑顔になった。
その後吉岡は尚子が寄付してくれることを電話で伝えていたが、その相手が尚子の友人仁美だった。吉岡は仁美から、寄付のお礼と言い尚子と食事に行くよう指示をされる。

長野の実家では未芙由の知らないところで弟のしょうたが私立の小学校へ編入しようと試みていた。あまり賛成ではない未芙由は意見を述べるが、父親に「お前は大学にも言ってないんだから、学校の事は口出しするな。」と言われてしまう。その言葉に未芙由は「自分は大学に行きたくても行けなかった。」と反論するが、弟に「お母さんのせいなの?」といわれてしまう。未芙由はその場から離れたくなり、「食欲がない。」と外へ出る。そこで隆平のことを思い出し、隆平が持っていた名刺の人物に電話をかけるが出なかった。

仁美と息子知也の関係はあの事件以来仲は悪くなっていた。仁美に「もともとは美緒ちゃんなんか好きになるから。」と言われた知也は「あいつとは友達だけど好きでも何でもない。」と思わず言ってしまい、仁美は不思議に思った。

ある日、未芙由が帰宅するとはるかが尚子と楽し気に電話していた。電話を切った後はるかに〝未芙由の手にある遺産の分、しょうたの学費の為に使いたい″と言った。未芙由は〝あのお金は私のもの。東京に行くときに使う″というがはるかに〝東京にどうやって戻るの?″と冷たく言われてしまった。

未芙由が思いを寄せていた先輩の柿崎(大和孔太)が仕事で自宅に来ていて、未芙由は嬉しそうに挨拶する。しかし未芙由にはそっけない態度だった。
長野に居場所のない未芙由…そんな未芙由の元に仁美からの1通のメールが届く…。

19歳になった未芙由は1人寂しく川辺で自分の誕生日ケーキを食べていた。高校時代の事を思い出しながらも〝もうあのころには戻れない、生きていくために働かなくては″と感じていた。そんなところに先輩に柿崎が姿を現す。柿崎は未芙由の誕生日おめでとうと告げた。自分の誕生日を覚えていてくれた柿崎に嬉しくなった。未芙由は思いを全て柿崎にぶつけた。そんな未芙由の姿を見て柿崎は「ここにいろよ。」と泣いている未芙由を抱きしめた。

未芙由は通帳と印鑑をしょうたの為だけに使ってと手渡した。言いたいことはすべて告げて、はるかに「もう私の邪魔はしないで。」と言った。

未芙由は仁美に電話で「美緒ちゃんの相手は知也君ではない。」と告げた。お礼をしてくれると言っていた仁美に「東京戻りたい。」と言った。仁美に証拠を持ってこいと言われた未芙由は動き出す。

未芙由は自分の居場所は自分で作ると柿崎に告げ東京に戻ることを決める。

ウツボカズラの夢ネタバレ5話の感想

長野に戻った未芙由だが、居場所もなく見ていてとても辛く思えた。そんな中、高校時代に思いを寄せていた柿崎と再会…。柿崎にここにいてほしいと言われ、このまま長野で居場所を見つけて生活していくと思っていたが、未芙由は東京に行くことを諦めていなかった。長野にいながらも東京へ戻るためにこうどうする未芙由。果たして未由芙は東京へ戻れるのか?自分の居場所を作るため、次はどのような行動をとっていくか。来週も楽しみです。

ウツボカズラの夢ネタバレ5話の登場人物


※タップして拡大

キャスト一覧

斉藤 未芙由
志田未来
幸司と幸恵の娘。幸恵の死後家を追い出された少女。

鹿島田 尚子
大塚寧々
幸恵の従妹。

福本 仁美
国生さゆり
尚子の友人。

吉岡 啓介
松本利夫
NPO法人代表。尚子のボランティア仲間。

斉藤 はるか
玄理
幸司の後妻。元不倫相手で幸恵の死後再婚する。

斉藤 幸司
春田純一
未芙由の父。

鹿島田 隆平
上杉柊平
美緒の兄。

鶴岡 杏子
真木恵未
雄太郎と愛人関係。

鹿島田 美緒
川島鈴遥
隆平の妹。知也とは幼馴染。

福本 知也
前田旺志郎
仁美の息子。

斉藤 幸恵
芳本美代子
未芙由の亡くなった母。

鹿島田 雄太郎
羽場裕一
尚子の夫。

鹿島田 久子
松原智恵子
雄太郎の母。

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング