このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

ウツボカズラの夢の4話のネタバレあらすじです。

未芙由がウツボカズラの女に覚醒していきますが、まだお金もないひよっこです。

立場の弱い状況ですが、未芙由がウツボカズラの女になるための重要な回です。


<スポンサーリンク>

ウツボカズラの夢のあらすじ4話

敵は突然やってきた―
前触れもなく、未芙由(志田未来)の父の再婚相手・はるか(玄理)が鹿島田家に現れる。自分を実家から追い出した張本人であるはるかがなぜ…。尚子(大塚寧々)や雄太郎(羽場裕一)の前で、いかに未芙由を思い心配していたかを語るはるか。その真意を測りかね、未芙由は混乱する。

翌日からはるかは、尚子には子を持つ母親同士として、美緒(川島鈴遥)には経験豊富なお姉さんとして、徐々に親しげに言葉を交わすようになる。
せっかく作り上げた鹿島田家での未芙由の居場所が、はるかによって歪められていく。未芙由は雄太郎に働きかけ何とかはるかを追い出そうとするが、雄太郎は煮え切らない。はるかは久子(松原智恵子)にも取り入り、未芙由の戸惑いをよそに談笑する。「未芙由は連れて帰ろうと思ってるんです」はるかの言葉に、未芙由は耳を疑う。
「どういうつもり?」と問いかける未芙由にはるかが笑って言う。「人の好意に甘えるのは1人が一番。椅子ひとつ用意するのは嫌じゃないのに、2つになると人って面倒になるの。今日、尚子さんから貰った洋服。あれ、私がもらわなければ未芙由ちゃんの物になったのにね」まさか未芙由の居場所を…?はるかの思惑に気付き、未芙由は愕然とする。

一方、尚子は娘の妊娠騒動で仁美(国生さゆり)ともめ、友人を一人失う結果となっていた。そんなある時、尚子は保護猫のNPO法人代表の吉岡(松本利夫)から誘いを受ける。吉岡との会話に尚子は浮き立つものを感じる。しかし、その裏で吉岡はある人物と連絡を取り合っていて……

どうにかしてはるかを長野に追い返さないと……未芙由は危機感を募らせる。そんな中、未芙由は隆平(上杉柊平)が人知れず事情を抱えていることに気付く。隆平が電話の相手に声を荒げているのを聞いてしまったのだ。鹿島田家に居続ける材料として利用できないだろうか……考えを巡らせる未芙由。しかし、そんな未芙由の前に、雄太郎の愛人・杏子(真木恵未)が大胆にも姿を現して…。

<スポンサーリンク>

ウツボカズラの夢の4話の見逃し配信の情報

ウツボカズラの夢の4話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

ウツボカズラの夢ネタバレ4話

ある日、未芙由の父の再婚相手のはるか(玄理)が鹿島田家へやってくる。はるかは鹿島田一家が全員揃っている食卓で「未芙由はお父さんが大好きで甘えちゃって反抗しちゃう子。まだ純粋でかわいいなぁ…と思っていた。」とあたかも〝未芙由の事を全て知っていて、自分は良い母親だった“というような雰囲気で話し始めた。未芙由は帰ってほしくなり「そろそろ帰った方がいいんじゃない?長野に帰るんじゃないの?」と告げる。はるかは親戚の手術があるため終わるまで東京にいること、それまで友達の家に泊めてもらうということを告げる。しかし夜になってもはるかの友人は迎えに来ず、心配した尚子は未芙由の部屋に泊まればいいと提案し、はるかは泊まることとなる。未芙由ははるかが何か企んでいるのではと疑い問い詰めるもしらをきられてしまう。
翌朝未芙由が起きると、はるかはすでに起きていて、庭先で久子と楽しそうに話していた。そこではるかは久子に「未芙由を連れて帰ろうと思っている。」と告げる。驚きの発言に未芙由は動揺を隠せなかった。

焦りを覚えた未芙由は雄太郎に甘えたよう「長野には帰りたくない。」と相談する。そんな未芙由をよそに、はるかは尚子との仲を少しずつ深めていき信頼感を持たせるように努力していた。はるかは尚子だけでなく美緒とも楽しそうに話していた。その光景を見た未芙由は驚愕した。自分はすぐには美緒と仲良くなれなかったのにはるかはすぐに仲良さそうに話していたからだ。未芙由は美緒にあんな人には簡単に自分の事を話したりしない方がいい、話なら私が聞くと忠告するが、美緒ははるかのような人に話を聞いてほしいこともあると言い放つ。

娘、息子のゴタゴタでボランティアに仁美は来なくなっていた。ある日尚子はボランティアスタッフの吉岡啓介(松本利夫)にお茶をしながらボランティアの事について意見を聞きたいと誘われる。吉岡の事を気になっていた尚子は断る理由なんてなかった。

未芙由はある日、すごい剣幕で誰かと電話している隆平を目撃する。心配して声をかけるが詳しくは教えてもらえなかった。

尚子をお茶に誘った吉岡はボランティア活動について熱く語っていた。しかし語りながらも携帯を気にしている吉岡に尚子は彼女がいるのでは?と聞くが答えはNOだった。その答えを聞き尚子は吉岡にボールペンをプレゼントする。その様子を見ていた店員が2人はカップルに見えたと尚子に言いその言葉に喜びを感じる。しかし吉岡は誰かに指示されて動いているようで、尚子からお金を奪うことが目的のようだった。

雄太郎は物をせびってくる不倫相手の鶴岡杏子(真木恵未)に「何も欲しがらない子もいるんだよな。」と言い別れを告げる。別れを告げられた杏子は彼氏に相談するが彼氏は「何とかおっさんの気を引け」と命令する。杏子は鹿島田家に訪れる。そこで未芙由の存在を知り驚いた。未芙由は杏子に「2人の邪魔をする気はない。」と告げるが杏子は「自分達の問題だから。」と言い帰っていく。そんなやりとりをはるかは見ていた。帰っていく杏子を誘いお茶へ誘った。はるかは杏子から雄太郎の不倫相手はまだ別にもう1人いると聞き、未芙由であると悟った。

はるかは家族がそろっている食卓で意味深な発言を繰り返し、未芙由と雄太郎を焦らせる。そんな時に尚子は「未芙由は長野に帰った方がいいのでは?」と提案する。その提案に未芙由は焦り雄太郎に目で訴える。雄太郎は「未芙由はバイトもしているし、家事も手伝っているし…。」と残った方がいいのでは?と言うがその発言にはるかは食いつく。雄太郎は未芙由との関係がばれる危険性を察知して、仕事の電話だと席を離れ、話は一旦終了する。
未芙由は鹿島田家で築き上げてきたものが壊されてしまうと怯えは始めた。

夜中、リビングで携帯を見ながら何かに怯えている隆平を目撃する。未芙由は何か話してもらえるかと隆平に接近を試みるが、隆平はお風呂に入ると行ってしまった。その直後携帯の着信音が鳴り、隆平が置いていった携帯電話の画面には〝どうしてお金がいるの?事情教えて“と言う文字が書かれていた。その文字を未芙由は目にして、隆平はお金に困っているという秘密を握った。

未芙由は雄太郎に頼み、はるかを鹿島田家から追い出すことに成功した。
未芙由は抱かれることでその目的を達成したが、雄太郎から長野に帰るように突然別れを告げられた。

ウツボカズラの夢ネタバレ4話の感想

 

はるかが訪れた事で、未芙由の築き上げた鹿島田家での立場がどんどん崩れ去っていくようだった。それをどのように解決していくかが今回の見どころだと思った。目的の為ならと自分の体を投げ捨て、全力で頑張る未芙由の姿がすごくわかる気がした。なんとか目標を達成出来てほっとしていたところにまさかの未芙由も長野に帰ってくれと雄太郎からの一言。未芙由は帰ってしまうのか?どうなってしまうのか?次回がすごく気になるところだ。

ウツボカズラの夢ネタバレ4話の登場人物


※タップして拡大

キャスト一覧

斉藤 未芙由
志田未来
幸司と幸恵の娘。幸恵の死後家を追い出された少女。

鹿島田 尚子
大塚寧々
幸恵の従妹。

福本 仁美
国生さゆり
尚子の友人。

吉岡 啓介
松本利夫
NPO法人代表。尚子のボランティア仲間。

斉藤 はるか
玄理
幸司の後妻。元不倫相手で幸恵の死後再婚する。

斉藤 幸司
春田純一
未芙由の父。

鹿島田 隆平
上杉柊平
美緒の兄。

鶴岡 杏子
真木恵未
雄太郎と愛人関係。

鹿島田 美緒
川島鈴遥
隆平の妹。知也とは幼馴染。

福本 知也
前田旺志郎
仁美の息子。

斉藤 幸恵
芳本美代子
未芙由の亡くなった母。

鹿島田 雄太郎
羽場裕一
尚子の夫。

鹿島田 久子
松原智恵子
雄太郎の母。

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング