このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

ウツボカズラの夢がスタートしました。

未芙由がウツボカズラの女に覚醒する波乱の内容のネタバレ1話です。18歳の未芙由が自分の身を守るために人の弱みを使ってたくましく強かに生きていくドロドロのドラマです。


<スポンサーリンク>

ウツボカズラの夢ネタバレ1話


斉藤未芙由(志田未来)は母親を亡くし、高校も卒業したからと長野から東京への切符と現金3万円のみ渡され実家から追い出されることになった。

父親は母親が死んで8ヶ月後には再婚し、再婚相手との間には娘ができていた。

父親は母親が闘病中にもかかわらず不倫していたのだ。弟の昇太は長野の実家に残ることができた。

昇太は新しい母親を「ママ」と呼び、家族に馴染んでいたが、未芙由は邪魔者扱いされ未芙由自身も自分には居場所がないと思っていた。

そんな中未芙由の元に母親の従妹、鹿島田尚子(大塚寧々)から手紙が届き、未芙由は尚子の自宅に身を寄せることになる。

未芙由の実家とは違い裕福な家だった。しかしその家族にはいろいろと問題があるようだった。

未芙由はこの先ずっと住むことができると思っていたが尚子に「いつぐらいまでいる?1ヶ月位?」と言われてしまい、焦りを感じる。未芙由には居場所がないからだ。

居場所を失いたくない未芙由は家事全般を行うことを提案。尚子は家事全般が苦手だったので未芙由の提案に賛成し、尚子の夫雄太郎(羽場裕一)も承諾した。

尚子がボランティアに出かけている間に、雄太郎から会社の資料を届けるよう電話が入り、未芙由は雄太郎の部屋へ資料を取りに行く。

机の中から怪しげな箱を見つけ未芙由はすぐに浮気相手へのプレゼントだと理解した。

昔にも似たような体験をしたことがあったからだ。未芙由は会社へ書類を届けに行くとそこで雄太郎が若い女性に何かをプレゼントするところを目撃する。

そしてその後の雄太郎と女性を尾行し、未芙由は完全に雄太郎が不倫をしている事を確認した。

その尾行の最中、尚子の友人の仁美(国生さゆり)に見つかり、尾行をやめる。

その後夕飯の買い物をし、高級住宅街を迷いながらもなんとか自宅に帰るが鍵を使って自宅に入るところを雄一郎の母久子(松原智恵子)に目撃される。

その夜、雄一郎が帰宅すると久子は話があると言い家族全員の前で「他人が家にいるのは許せない。」と未芙由を家から追い出すよう言う。

それを聞いていた未芙由は自宅を追い出される危機感を感じる。そして雄太郎に浮気の現場を目撃したことを話し、尚子には言わないし気付かれないようアリバイ作りも手伝うからと家に入れるようお願いする。

しかし雄太郎は現金を渡し出ていくよう言い放つ。未芙由はとっさに雄太郎に抱きつき、雄太郎も最初は驚くが、思わず抱きしめてしまう。その反応に未芙由は驚き部屋を飛び出してしまう。

翌朝、未芙由は朝食の準備を済ませ家族が起きるのを待っていた。雄太郎にも何事もなかったよう接した。

尚子は姑に言われしぶしぶ未芙由に出て行ってもらおうとお願いしかけたところ雄太郎は別にいてもいいじゃないか。と言い出した。

尚子は未芙由に自宅にいてほしかったので喜んだ。未芙由もなんとか居場所を確保して安心した。

だが尚子に家にいる条件として働くか習い事をするかどちらかするよう言われる。

次の日未芙由は仕事を探そうとスマホで電話をかけるが、料金未払いで使えないことに気が付く。

すぐに長野の実家に「亡くなった母親が貯金してくれていた口座からスマホの料金が引き落としになるはずだけど。」と確認の電話を入れるが、亡くなった母親が必死にためてくれた貯金はリフォームの為に全額引き落とされた事実を知る。

未芙由は「本当に頑張ったからと言って報われるとは限らない、訪れたチャンスは逃さず手にする、ウツボカズラのように…。」と決意する。

<スポンサーリンク>

ウツボカズラの夢ネタバレ1話の感想

決して贅沢ではないが平凡に過ごしていた未芙由だったが、母親の死がきっかけで生活がガラリと変わってしまうことに苦しみを感じた。そして人は生きていくためには必死になるということを未芙由の生き方を見ていて感じた。普通の女の子だった未芙由が、今後生きていくためにどんな手段を使っていくのが、どのように変貌していくのか今後が楽しみになるような1話だった。家族や友達も謎や闇をそれぞれ抱えていそうで、飽きが来ないと思う。キャスト全員演技も上手だから、見ている私も感情移入しやすいため1時間あっという間…。早く続きが見たい

ウツボカズラの夢の1話の見逃し配信の情報

ウツボカズラの夢の1話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

ウツボカズラの夢のあらすじ1話

長野県中野市。18歳の斉藤未芙由(志田未来)は母・幸恵(芳本美代子)の病室にいた。幸恵は重病を患い、もう間もなく命を終えようとしていた。母の病気が分かったのは高校3年になってからだった。この一年、大半を母の看病と家事に費やし、気付くと卒業後の進路も無い。
「大丈夫。まっすぐに生きていれば、絶対に誰かが助けてくれる」
母の言葉に疑問と、かすかな反発を感じる未芙由。母は分かっていなかったのだ。自分が死んだあと、夫の幸司(春田純一)が愛人のはるか(玄理)を家に引き入れることを。そして、その愛人と父によって、未芙由が家を追い出されてしまうことも……

8か月後――
未芙由は東京の高級住宅地にある一軒の家の前にたどり着く。そこは母の従妹、鹿島田尚子(大塚寧々)の家だった。
目の前にあったのは、未芙由を圧倒するような大きな二世帯住宅だった。2つあるインターホンの片方を押すと、「どなたですか?」と無愛想な老女の声が聞こえてくる。未芙由はなんとかセールスでも勧誘でもないことを信じて貰い、出てきた鹿島田久子(松原智恵子)に尚子から貰った手紙を見せる。そこには尚子の字で「あなたのお母さんにはお世話になったから、良かったらうちにいらっしゃい」と書かれてあった。
だが、久子から出てきた言葉は意外なものだった。
「わたしは何も聞いていません」
開かれたドアが固く閉ざされてしまう。

1時間後……やっと尚子が友人の福本仁美(国生さゆり)を連れて帰って来る。
ようやく家に入れてもらえる未芙由。鹿島田家は二世帯住宅で、久子は尚子の夫の母親だという。尚子は明るく優しかった。だが、この家で暮らしてゆくつもりだった未芙由は次に放った尚子の言葉に愕然とする。
「で、どのくらいいると思ってればいい? 一ヶ月?」

まっすぐに生きていても助けなんか絶対に来ない――
未芙由は、わずかな荷物と全財産の3万円を見る。鹿島田家のある高級住宅街で3万円で買える土地はたかだか片足分だ。せめて両足で立ちたい……
未芙由の中で何かが変わり始める。
そんなある日、未芙由は尚子の夫・雄太郎(羽場裕一)が部屋に愛人へのプレゼントを隠していたことに気付き……

ウツボカズラの夢ネタバレ1話の登場人物


※タップして拡大

キャスト一覧

斉藤 未芙由
志田未来
幸司と幸恵の娘。幸恵の死後家を追い出された少女。

鹿島田 尚子
大塚寧々
幸恵の従妹。

福本 仁美
国生さゆり
尚子の友人。

吉岡 啓介
松本利夫
NPO法人代表。尚子のボランティア仲間。

斉藤 はるか
玄理
幸司の後妻。元不倫相手で幸恵の死後再婚する。

斉藤 幸司
春田純一
未芙由の父。

鹿島田 隆平
上杉柊平
美緒の兄。

鶴岡 杏子
真木恵未
雄太郎と愛人関係。

鹿島田 美緒
川島鈴遥
隆平の妹。知也とは幼馴染。

福本 知也
前田旺志郎
仁美の息子。

斉藤 幸恵
芳本美代子
未芙由の亡くなった母。

鹿島田 雄太郎
羽場裕一
尚子の夫。

鹿島田 久子
松原智恵子
雄太郎の母。

この記事を書いた人

ウツボカズラの夢1話
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング