このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

<スポンサーリンク>

衝突する美沙と千尋

池に捨てた婚約指輪を探していて溺れた千尋を、たまたま通りかかった橋本が助けて人工呼吸で救助。
病院から連絡をもらって駆け付けた美沙は、溺れた理由を聞いて呆れてしまいます。
「本当にやり直せると思ってるの!?」と尋ねる美沙に対して、「土下座までしてくれた。彼女とは別れるって言ったし、誠実に謝ってくれた。」と答える千尋ですが、「一度許したらまた同じことになる。ちょろい女だと思われる。千尋は優しいけど甘い!」と、心配するあまり強く責め立てる美沙。
千尋も「バカかもしれないけど、誰も好きになれないよりマシ。美沙なんて傷つくのが怖くて何もできない臆病者じゃない!」と言ってしまい、これには美沙も何も言い返すことができません。

恋愛や仕事に対して全く感じ方の違う2人なので、なかなかわかり合うのが難しいですし、相手のためを思うからこその言い合いですよね。

恋愛に一歩踏み出せない美沙

千尋に「臆病者」と言われ、何も言い返すことのできなかった美沙。
社長を諦めて女として生きるシミュレーションをしてみますが、ハッピーエンドを思い描けません。

そんな中、仕事でもトラブルが発生、美沙の担当するゲームのキャラクターにパクリ疑惑が発生します。
キャラクターをデザインした部下は「参考にした」ことを認めます。
相手は過去に訴訟の経歴もある会社、別のアポを蹴って対応する美沙に、佳介社長は「1人で頑張り過ぎ。頼ってほしい。」と声をかけます。
デキル女のポジションを手放したくない美沙は、佳介社長には頼らず問題を解決しようと相手会社に謝罪に向かいますが、先方の和久井社長に「問題は解決済み」と言われるのでした。古くからの知り合いであった両社長が既に話を付けていたのです。
会社に戻って佳介社長に頭を下げる美沙ですが、「私が対処できないと思って手を出したのか?」と納得いかない様子。
社長を目指していた美沙は、佳介の手を借りるのが何よりも嫌なのでしょうね。
また、佳介のことを親しげに話す和久井社長との関係性も少し気になるようです。

問題は解決したものの釈然としない美沙が1人バーで飲んでいると、もちろん佳介社長が登場。
和久井社長との関係を「誤解されたくない。君には知っておいてほしい。」と、高校の同級生であること、学生時代に付き合っていたことを話します。
店を去る美沙。追いかける佳介社長。
「恋愛より仕事の方が100万倍大事。恋愛なんて0.1%。」と言い放ちましたが、「それでいい」と。
「もう落ちてるんじゃない?」と言って抱きしめる佳介社長なのでした。
この自分に自信のある感じ、一途さ、包容力、魅力を感じますが、何か裏があると思うと素直にキュンキュンできませんね〜。
何があるのか早く解明されてほしいです。

第1話で美沙のファッションも参考になると書きましたが、雑誌のandGIRLがスタイリング協力しているようです。
今回のノーカラージャケットのパンツスタイルや白系のワントーンコーデも素敵でした!

千尋の葛藤

仁が浮気した理由はSEXが下手だからと浮気相手に言われた千尋は、雑誌の特集を読んだり、ぬいぐるみ相手に練習(?)をします。けなげ…。
浮気相手に言われたことなんて気にしなければ良いのに、コンプレックスでもあるのでしょうね。

ある日、ランチをする仁と千尋。
指輪をしていない理由を聞かれるも、捨ててしまったと言い出せない千尋は、汚れてクリーニングに出したと嘘をつきます。
「仕事に行きづらければ、俺が養うから辞めてもいいよ」と、一見男気あふれるセリフを放つ仁ですが…
はぁ〜!?!?誰のせいだと思ってるんだよ!!!!お前が毎日顔を合わせる後輩と浮気したからだろ!?!?(しかも継続中)と、世間の女性は叫んだことでしょうね。
仁君がサイテーすぎて、言い返せない千尋にもイラッとしてしまいますが、土村芳さんはうまく演じてるな〜と思いました。

偶然、自分を助けてくれた橋本と再会する千尋。駆け寄って転ぶ→抱きとめるのお決まりパターンの再会となりました。
後日お礼がしたいと食事に誘います。
婚約者に浮気されて捨ててしまった指輪を探していて溺れたことを打ち明けると、「浮気の代償にもっと高い指輪を買ってもらえ」という橋本。ですが千尋は「そんなの申し訳ない」と。
「あんたバカか」と言う橋本に美沙を重ね合わせた千尋は「また相談に乗ってほしい」と言って別れます。
が、その直後、再び仁の浮気を目撃!!
走り去る千尋、追いかける橋本。
カフェで声を上げて泣く千尋に、橋本は周りの目を気にしつつも優しく声をかけます。
「わたしSEXがへたなのぉ〜」と泣きわめく千尋に、「男をふぬけにするSEXがある」と言うのでした。
千尋と仁、千尋と橋本、それぞれどうなっていくのでしょうか?

今週の柿谷君

仕事もできるし一途だけれど裏がありそうな佳介。
婚約者の千尋を大事に思いつつ浮気をやめない仁。
「女はセフレで充分」と言い切る橋本。

恋がヘタでも生きてます 2話の感想

どうにも魅力的な男性がいないこのドラマにおいて、密かに注目しているのが、美沙の部下・柿谷真吾です!
第1話では人に弱みを見せないと言う美沙に、「俺じゃ頼りにならないってことですか…見せてくださいよ、弱いとこ」なんてキュンとするセリフを。
出番は少ない柿谷君ですが、いつもそっと美沙を支えています。憧れなのか、恋心なのか?
今回も落ち込む美沙を「たまたまチケットが当たった」とコンサートに誘っていました。
美沙は全く意識していないようですが、次回2人のデートシーンがあるのか楽しみです!

この記事を書いた人

koyamaster
ラブコメ、サスペンスどんなドラマも大好きです。 ネタバレ、あらすじ書いてます。読んでね!
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング