このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

武井咲さんの主演ドラマ「黒革の手帖」がついにはじまりました。

横領や裏切り蹴落としを経て、銀座でトップのママとなる原口元子をどこまで武井咲が演じきれるのか?

ネットでは役不足などいろいろ言われていますが、その辺も含めてこのドラマを見ていきましょう


<スポンサーリンク>

黒革の手帖はどんなドラマ?

松本清張 没後25年となる2017年

愛と欲望が渦巻く街・銀座――。派遣社員として勤めていた銀行から1億8千万円もの大金を横領した原口元子は、その金と借名口座のリストが記された『黒革の手帖』を盾に、銀座に自身のクラブ『カルネ』をオープンさせます。
後ろ盾も何もなく、みずからの野望のためだけに突き進み、若きママとして夜の世界を生き抜いていく元子。そんな彼女を取り巻く、魑魅魍魎の“悪人”たち。それぞれの思惑と欲望が交錯する中、元子の孤高の戦いが始まっていく…。

米倉涼子さんが2004年に同じドラマの主演をやりました、奇しくも武井咲さんは同じ事務所の先輩らしいです。

当時は米倉さん演じる元子と、釈由美子さん演じる波子のバトルが話題でした。

今回の2017年版黒革の手帖は、その構図で言うと武井咲さんと仲里依紗さんとのバトルになりますね。

話は波子以外にも、次々と利用して食い物にしていきます。

舞台の銀座で人生を破滅に追いやられる関係者が数多くでます。

武井咲ちゃんの元子が楽しみですね。

<スポンサーリンク>

黒革の手帖ネタバレ1話

【元子、運命の出会いをする】

東林銀行の受付けで派遣社員として働く原口元子(武井咲)は仕事が出来、コネ入社で正行員として入行して来た新人の教育係になります。そしてその日、窓口にはトレンディエンジェルの斎藤さんが来店。カードの再発行を要求するも出来ませんと言われ、少し揉めてしまいます。
元子は昼は銀行の窓口で働く傍ら、夜は週に三回、銀座のクラブ燭台で派遣ホステスとして働いています。そしてそこで、楢林院長(奥田瑛二)と知り合いになります。
その後、母が残した借金を返すためにATMでお金を下ろす元子。しかし、バイクの二人組にひったくられてしまいます。諦めずに追いかけ、何とか奪い返した元子は、その時後に再会することになる安島(江口洋介)と運命の出会いを果たすのです。
母親が残した借金500万円を完済した元子は、家でタバコを吸いながら、引出しの中の黒革の手帖を見つめます。

【安島との再会。信じて諦めなければ夢は必ず叶う】

燭台のママ(真矢みき)に連れられて楢林とのゴルフに同行した元子。そこで上星ゼミナールの橋田理事長(高嶋政伸)と知り合い、国土交通大臣の秘書をしている安島と再会します。
プレーの最中、橋田のボールを探す為に池に入り、ボールを見つけて持って来た元子。好きな洋服を買っていいと橋田に言われますが、実はそのボールは予め用意しておいたもの。本当のボールは安島が見つけていました。後でどうやって手に入れたのか問い詰める安島。自分と似た空気を感じ取った彼は元子に、「自分の店を持ったらお祝いに駆けつける」「信じて諦めなければ夢は必ず叶う。君とは仲良くなれそうな気がするよ」と告げます。

【事件勃発。ロボットの代わりはいくらでもいる】

先日の橋田の好意により和服をねだる元子。
一方銀行では事件が勃発していました。なんと行員の誰かが先日の斎藤さんのやり取りをSNSで呟いていたのです。支店始まって以来の不祥事と騒然とする行内。犯人探しが始まります。そして、コネ入社の新人の失態だと判明するも、派遣社員である元子と丸山(仲里依紗)が支店長室に呼び出され、派遣契約を切られることになります。ネット騒動の件で責任を押し付けられ、身代わりにされてしまった二人。元子が次長(滝藤賢一)に詰め寄るも、「生意気な口聞くんじゃないよ」と一蹴されてしまいます。
「ロボットの代わりはいくらでもいる。馬鹿にすんな」とロッカールームで呟く元子。
家に帰ってから、借名口座のリストが記してある黒革の手帖をめくり、着物を眺めます。

ついに横領!このお金で買って頂きたいものがあります】

窓口に、借用口座を持つ顧客がやって来ます。そして引き継ぎノートを作ったことを口実に、次長のパソコンを盗み見る元子。今がチャンスとばかりに、一気に複数の借名口座から手続きを行い、総額一億八千万円を横領します。他行に移すために早退する元子。
一方、安島にも転機が訪れていました。秘書として仕えてきた国土交通大臣が亡くなったのです。安島はその夜長谷川(伊東四朗)に呼び出され、料亭に向かいます。そして選挙に出るように言われるのです。
その頃、銀行では支店長と次長が慌てていました。横領されたことを警察に言いたいものの、脱税の片棒を担いでいたことがばれ、国税の調査が入ると支店の問題だけではなく、東林銀行グループ全体の一大スキャンダルになってしまうからです。そのため、警察にも上にも報告せずに済ませようと画策します。
一方、元子は家で札束に頬ずりをしていました。そして、次長からの電話に出ます。「なんてことしてくれたんだ。タダで済むと思ってるのか」と迫る次長に元子は「思ってます。このお金で買って頂きたいものがあります」と言ってのけるのです。

【銀行との決着】

カフェで待つ次長の元に現れたのは着物姿の元子でした。そして元子は借名口座をお持ちのお客様のリストを書いた黒革の手帖を買ってほしいと言います。そして「検察に訴えて下さい」「本店にも報告しました?」と迫ります。世田谷北支店だけの問題ではなく、銀行全体の責任だと脅す元子。それに対し、次長は正行員に迎えると交換条件を提示し、元子は「明日、改めて支店の方へお向いします」と言うのでした。
翌日、真っ黒なコートにサングラスをかけ、颯爽と銀行に現れる元子。支店長室で、SNSに呟いたのは誰なのか。誰がやったことにしたのかと詰め寄ります。そして、「正行員にしてやると言ってるだろ」と言う次長に「お返しするつもりはありません」と言ってのけるのです。
「どうぞ訴えてください。出るとこに出てはっきりしましょ」と失うものがない分強気な元子。それに対し、失うものが大きすぎる支店長は土下座をして「半分返してくれないか」と訴えます。しかし元子はそれを断り、今後一切返金を要求しないという念書を書かせるのです。そして藤岡支店長、村井次長、弁護士の三人が念書にサインします。
そして元子は父親の借金を背負わせられ、無理矢理念書を書かせられた母の姿を思い出すのです。

【カルネ、オープン。次の獲物は…】

元子はクラブのママの所へ向かいます。そして、お店を辞めさせてもらいたいと告げるのです。銀座でクラブを始めようと思っていると言う元子。最初は止めさせようとするも、「銀座に自分の居場所を作りたいんです」と言う元子に「そこまで言うならやってみたら。銀座のルールは守ってね」と後見人になることを決めるママ。そして、銀座のクラブのルールを教えるのです。
そして、新しくカルネというクラブをオープンさせた元子。カルネはフランス語で手帖という意味。カルネを寛げる、銀座で一番居心地の良いお店にしたいと意気込みを語る元子。
初日には、安島が長谷川を連れてやって来ます。どうやら長谷川は、日本のドンと呼ばれているようです。また、楢林や橋田、それに燭台のママもオープンに駆けつけます。
そしてラスト、裏で黒革の手帖をめくる元子は、手帖に記された楢林の名前を見て、次の獲物を定めるのです。

黒革の手帖ネタバレ1話の感想

武井咲さんが、どんな元子を演じてくれるのかととても楽しみにしていました。途中で元子がタバコを吸うシーンがあり、いつもの元気はつらつとした印象とは違う、とても色っぽい雰囲気を醸し出す武井さんに、新たな一面を見ることが出来たような気がしました。でも、煙を吐くシーンは映っていなかったので、もしかして、武井さんは普段はタバコを吸わない人なのかな?と思ってみたり。それでもこんな風に魅力的に演じられているのは逆に素敵に思えました。次回はどんな一面を見せてくれるのか。そして今後、どんな風に黒革の手帖が活躍していくのか、今からとても楽しみです。

黒革の手帖ネタバレ1話のあらすじ

東林銀行世田谷北支店で派遣社員として働く原口元子(武井咲)。莫大な金を預けにくる顧客や違法な“借名口座”に金を預ける預金者、そしてコネで入行してきた大口取引先の娘と自分の人生を比較し、そのあまりの違いに現実を痛感していた。
そんな日々を送りながら、昼は派遣社員、夜は銀座のクラブ『燭台』でホステスとして働く元子。すべては母親が遺した借金を返済するためだった。
容姿もよく、夜の世界の住人にしては純粋な雰囲気の元子は、ほどなくして上客である楢林クリニックの院長・楢林謙治(奥田瑛二)の目に止まる。ある日、『燭台』のママ・叡子(真矢ミキ)に連れられ、楢林とのゴルフに出かけた元子は、そこで大手予備校・上星ゼミナールの理事長・橋田常雄(高嶋政伸)と衆議院議員秘書の安島富夫(江口洋介)と出会う。まさかこの出会いが、この後の人生を大きく変えることになるとは、知る由もない一同だったが…?

そんな折、東林銀行で、ある事件が発生する。それを契機に元子はこれまで秘密裏に進めていた“ある計画”を実行に移すことを決意して…?

黒革の手帖ネタバレ1話の登場人物

黒革の手帳2017キャスト

キャスト一覧

原口 元子
武井咲

安島富夫
江口洋介

山田波子
仲里依紗

村井 亨
滝藤賢一

牧野
和田正人

島崎すみ江
内藤理沙

橋田常雄
高嶋政伸

岩村叡子
真矢ミキ

中岡市子
高畑淳子

楢林謙治
奥田瑛二
楢林クリニック院長。

長谷川庄治
伊東四朗

この記事を書いた人

黒革の手帖
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング