このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

伊藤くんAtoEネタバレ最終回(8話)の登場人物

伊藤くんAtoEネタバレ最終回(8話)のあらすじ

 実希(夏帆)とクズケン(中村倫也)が一緒にいるホテルに押しかけてくる伊藤。聡子(池田エライザ)と寝たことを実希にぶちまけ、部屋は修羅場と化す。一方、“伊藤”の正体が、莉桜主催のドラマ研究会の生徒・伊藤誠二郎(岡田将生)であることが発覚し驚く莉桜(木村文乃)。さらに伊藤が自分の体験をもとに書いた『伊藤くん A to E』という企画を田村(田中 圭)が採用したと知り、ショックを受ける。かつて公私ともに一緒だった田村と、さらには自分自身の過去の栄光と改めて対峙する莉桜。軽蔑してきた相談者たちの誰もが自分自身と似ていることに気づいた時、莉桜もまた新たな一歩を踏み出すのだった……

<スポンサーリンク>

伊藤くんAtoEネタバレ最終回(8話)

実希の恋の行方は…

田村(田中圭)からの電話で、伊藤が莉桜(木村文乃)のシナリオクラスの生徒の伊藤(岡田将生)だということが発覚。そして、テレビ局でアルバイトをしている伊藤は、伊藤の周りの女性達について描いたシナリオを提出してきたと言います。そこには莉桜の知らない五人目の女性についても記述があると。
実希(夏帆)を訪ねてホテルにやって来た伊藤は、クズケン(中村倫也)と一緒にいる実希を見て、自分のことを好きと言ったのは嘘かと問い詰めます。伊藤に振られたと言う実希に、別れようとは言っていない、と話をすり替えていく伊藤。そんな伊藤に対し、自分に自信がないだけだと迫るクズケン。童貞と言われ、怒る伊藤。あんたには経験と想像力がないから人を平気で傷付けるとクズケンに言われた伊藤ですが、童貞という言葉に反応し過ぎてパニックになり、実希に親友の聡子(池田エライザ)と寝たことを言ってしまいます。それを聞いて呆然とする実希と伊藤に掴みかかるクズケン。伊藤は自分の存在があたかも二人の女性を翻弄し傷つけてしまったと言わんばかりに自分に酔いしれて、実希を傷つけていることにも気付かずに最低な言葉を並べていきます。しかし実希は至って冷静に状況を判断。聡子を自分から誘ったと言う伊藤に、本当は聡子から誘ったのではと訊ねます。それを言われ意地になり自分が誘ったと言い続ける伊藤。そんな伊藤を見て実希は、苦々しい顔をして、聡子ちゃんは誰のことも好きにならない、と断言するのでした。そして突然、伊藤に自分たちは別れてなかったのかと確認し、今クズケンと一緒にいるのも伊藤に処女が重いと言われて誰でも良いから捨てたかったのだと話します。それを聞いて、信じられないと言う伊藤。そして、クズケンがずっと実希のことを好きだったことをバラしてしまいます。何か馬鹿馬鹿しくなって来た、お幸せにと部屋から出て行く伊藤。
部屋に残されたクズケンと実希。クズケンは、実希の誰でも良いからという言葉にショックを受けたと話します。自分に好意がない事は知っていたけれど、人として信用しているから選んでくれたのだと思っていたと。ごめんと謝り、もう一回しようと言う実希に、もう寝ると言うクズケン。そして、実希に「お前さ、残酷だよ」と言うのでした。
一人トボトボと帰る実希。自分は子供で、自分の事しか考えておらず、嫉妬してくれるんじゃないかという希望を最後まで捨てられなかった、その為にクズケンを傷付けた、聡子を羨ましいと思う反面軽蔑もしていたと莉桜に話します。
その後、聡子の勤めているケーキ屋を訪ねた実希。二人の間にしばらく沈黙が流れますが、ようやく口を開いた実希はチェリータルトを二つ注文するのでした。

莉桜の決意

訪ねてきた田村に、伊藤と自分の企画のどちらを取るのか確認する莉桜。田村は、今回は伊藤の企画を会議に出すと言います。伊藤の方がリアリティーがあって面白いと。最初から自分に書かせる気なんてなかったのではと怒鳴る莉桜。そして、自分と結婚する気だってなかったくせにと過去の話を持ち出します。それを聞いて、自分は矢崎莉桜のファンだと言う田村。そして、自分は莉桜と最高に面白いドラマが作りたいから結婚しなかったのだと言います。何年待たせるのかと訊ねる田村に、自分に書かせるよう頼む莉桜。何でもすると言う莉桜に、他にすることあるでしょと田村は部屋を出ていきます。
6年前、脚本家としての覚悟の証としてバスタブに入れないようガムテープで蓋を固定した莉桜。この時はまだ田村と付き合っていました。私は書く、と宣言しながらガムテープを触る莉桜。そんな当時のことを思い出しながら、6年経った今、全く書けていない莉桜は苦々しい表情を浮かべていました。もう一人の自分に、今いる場所をおろそかにしてはだめなのではと指摘され、ムキになる莉桜。そして、莉桜が軽蔑してた四人の女たちはみんな莉桜そっくりだと言う分身は、莉桜だけが取り残されたままだと続けます。バスタブの中で覚悟が腐ってるんじゃないかと言う分身に、どいてと言った莉桜は、ガムテープを剥がして蓋を開けます。使われていないバスタブを撫でる莉桜は、綺麗と言いながら堰を切ったように泣き始めるのでした。
一人砂浜に立つ莉桜。携帯が鳴り、電話に出るとそれは田村からの電話でした。伊藤の企画も莉桜の企画も通らなかったと言う田村。そんな田村に諦めないで書くと宣言する莉桜は、次は視聴率30%を目指そうと言います。夢みたいな数字だと言う田村は、何%でも良い、一緒に作ろうと優しく話し掛けます。それを聞いた莉桜は、憑き物が落ちたようににっこり微笑むのでした。
前に進む為に、書くことを辞めなかった莉桜。ある夜インターホンが鳴り出てみると、そこには「伊藤くん A to E」の脚本を持った伊藤が立っていました。

 

伊藤くんAtoEネタバレ最終回(8話)の感想

最後まで痛すぎてヤバいキャラクターだった伊藤くん。あんなにイケメンな岡田将生さんが演じているのに…。やっぱり人は外見だけではないよなとしみじみ。痛いを通り越して気持ち悪さすら覚える伊藤くん。こんな男を好きになる女性なんて本当にいるのか?とつっこまずにはいられませんが、最後まで気になって見てしまう魅力的なストーリーでした。映画も楽しみです!

伊藤くんAtoEの最終回(8話)の見逃し配信の情報

伊藤くんAtoEの最終回(8話)を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

伊藤くんAtoEはどんなドラマ?

映画公開に先駆け、【E】「毒女」矢崎莉桜(木村文乃)のもとへ訪れる【A】【B】【C】【D】4人の女性の“伊藤くん”との恋愛相談を、最終回(8話)毎に描いていくTVドラマが全最終回(8話)で放送決定!

映画だけでは描き切れない、【A~D】の女性たちと“伊藤くん”の切なく痛い恋模様を赤裸々に映し出します!廣木隆一監督が映画に引き続きドラマ総監督を務めて仕掛ける、予測不能な震撼恋愛ミステリー!ご期待ください!

1・最終回(8話)【A】「ぞんざいに扱われる女」島原智美(佐々木希)

3・最終回(8話)【B】「自分の殻に閉じこもる女」野瀬修子(志田未来)

5・最終回(8話)【C】「愛されたい女」相田聡子(池田エライザ)

7・最終回(8話)【D】「高学歴の鉄壁女」神保実希(夏帆)

4人のタイプの違った女性の物語が前編後編と2部構成で展開するドラマです。

つまり、全最終回(8話)になります。

映画は来春公開予定なので、ドラマが終わってからだいぶ期間は空きますね。

最終回(8話)は佐々木希さんが攻めた役どころで、伊藤くんからぞんざいに扱われている女性の役です。

その後編となります。伊藤くんからぞんざいに扱われている女性は果たして幸せになれるのか?

見逃したくない!伊藤くんAtoEのキャスト

Aの女:「ぞんざいに扱われる女」
佐々木希
伊藤に粗末に扱われ続ける才色兼備の高級カバン販売員 島原智美
佐々木希がセクシーな役どころを演じています。

Bの女:自分の殻に閉じこもる女」
志田未来
伊藤からストーカーまがいの好意を持たれる、バイトに身の入らないフリーター 野瀬修子

Cの女:「愛されたい女」
池田エライザ
親友が想いを寄せる伊藤を寝取る、男を切らしたことのないタルト店の店員 相田聡子

Dの女:「高学歴の鉄壁女」
夏帆
処女は重いと伊藤にふられ自暴自棄に初体験を済ませようとする大学生 神保実希

Eの女:「毒女」
木村文乃
女たちの伊藤にまつわる恋愛相談をネタに新作ドラマで再起を図る、売れなくなった崖っぷちアラサ―脚本家 矢崎莉桜

この記事を書いた人

伊藤くんAtoE最終回8話
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング