<スポンサーリンク>

警視庁いきもの係5話の予告動画

警視庁いきもの係動画5話のあらすじ

須藤(渡部篤郎)は、過去の記憶があいまいなことを圭子(橋本環奈)に指摘されショックを受ける。やがては、警察中の人間の知るところとなり、そうなれば刑事を続けることは難しいだろうと悲観し、辞職を決意する。
そんな折、石松(三浦翔平)から、圭子が殺人事件の第一発見者になっていると連絡が入った。現場に駆け付けた須藤に圭子は、知人の五反田(鈴之助)からリスザルのことで相談を受け、様子を見に五反田のマンションに寄ったところ、五反田の恋人の名子(渡辺瞳子)が死んでいるのを見つけた、と証言。鉄アレイで後頭部を殴打されたのが死因だった。
現場を捜査した日塔(長谷川朝晴)は、暑い部屋の温度を下げようとリモコンを探し、床に落ちていたものを拾う。すると、そこに血痕が付いていた。

捜査の結果、鉄アレイから五反田の指紋が出たこと、五反田と名子は別れ話でもめていたことから五反田が容疑者となった。
翌日、動植物管理係、通称「いきもの係」に日塔から、五反田の部屋でリスザルが大暴れしていると報告が入る。須藤と圭子が到着すると、サルと格闘した警官が数名ヘトヘトになっていた。四十万(横山だいすけ)は、サルに噛まれ病院へ向かったという。サルは興奮して部屋を飛び回っていたが、圭子がつかまえてあやすと、落ち着きを取り戻す。さらに、圭子がエサは何がいいかと聞くと、鳴いて答えた。圭子は、サルのケージの扉のストッパーがゆるんでいたことが気にかかる。

<スポンサーリンク>

警視庁いきもの係の再放送情報は?

5話の再放送の情報は公式ホームページにも発表されていませんでした。

インターネットは便利なもので、最近はオンデマンドサービスというものがあります!

動画のネット配信をしているサービスがあります。

無料トライアルを使って見逃してしまったドラマを見る方法があります。

5話をどうしても無料で今すぐ見たい方はこちら!

↓↓↓

警視庁いきもの係の動画(8月5日放送)を無料で見る方法

警視庁いきもの係は1話300円と有料です。

しかし!ある方法で無料で見ることができます。

その方法は・・・・

フジテレビオンデマンドです!

会員登録すると無料で見れます。

→無料で警視庁いきもの係の見逃し動画を見る

只今、初月!無料お試しキャンペーンをしてます!

プラミアム会員対象のドラマなので会員登録するだけで

1ヶ月間無料で見ることができます。

無料期間内にやめてもOKです。

他のドラマも

・貴族探偵

・クライシス

見逃しても見ることができますので

少し、ズルいですが是非、無料期間ギリギリまで利用しましょう!

他には、旧作ではもうすぐ映画で公開される

・昼顔

あと、すべらない話などのバラエティ番組も。

→無料で警視庁いきもの係の見逃し動画を見る

韓流ドラマがありえないほどあります

 

さすがフジテレビ!韓流ドラマがかなり充実しています。

全て見放題です。廃人になるまでキュンキュンすることができますよ!

1ヶ月間、思う存分たのしんでください!

→作品一覧を見る

他にも!!

テラスハウスハワイ編が4話先行して見れます!

テラスハウスハワイ編
フジテレビオンデマンドのプライム会員になると

テラスハウスのハワイ編も無料で見ることができます!

しかも、テレビより4話も先行して配信しているため

1ヶ月先の内容まで見れてしまいます!

フジテレビとNetflixが共同で制作しているテラスハウスの世界発信として

ハワイ編がスタートしています。

youや徳井、山ちゃん達の毒舌も健在です。

→フジテレビオンデマンドをチェック!

警視庁いきもの係の動画5話の放送日と時間

5話の放送日は、8月5日の日曜日 夜9時です。

警視庁いきもの係の動画(8月5日放送)の視聴者のアンケート

警視庁いきもの係の5話 の調査をしました!

5話で視聴者は何を思って見ているのか?
20代 男性
りす猿が興奮して部屋を飛び回って圭子がつかまえてあやすと落ち着きを取りもどして圭子がエサは何がいいかと聞くと鳴いて答えて圭子は猿のケージの扉のストッパーがゆるんでいたことが気にかかった所

30代 男性
リスザルと五反田の行動を推理する須藤と女性警官のドタバタがおもしろいです、

20代 女性
リスザルと事件の真相について だいすけお兄さんがみたいので毎週みてます

50代 女性
須藤さんの記憶のあいまいさが警察を辞職する決意に、というのがどういうことなのか、またリスざるのストッパーが緩んでいたというところが事件のカギになると思います。

警視庁いきもの係の動画(8月5日放送)の感想

須藤刑事(渡部篤郎氏)の記憶障害の事が皆の知る所となり、辞職に心が揺れるのは無理からぬ話であります。

そもそも頭を撃たれる事自体そうあるモノではないし、軽々に判った風の発言は出来ない領域です。

そんな時、元部下の石松刑事(三浦翔平氏)から連絡があり現同僚の薄圭子(橋本環奈氏)が殺人事件の第一発見者になっているとの事で、現場に駆け付けると「以前リスザルの相談をされていて、様子を見に来たらこの惨状と遭遇した」という。

どうもいきもの係には事件を呼び寄せる人がいるらしく、幾ら警察関係のお仕事とはいえ、そうそう出くわす事はないのですから。

警察官達が手を焼いていたリスザルの扱いも薄氏に掛かればお手の物ですっかり大人しくなる辺り、人を見る目があるという事でしょうか。

警視庁いきもの係 ドラマ批評

毎回様々な動物を通じ事件を解決に導く、薄氏の他人では見落とすであろう微かな違和感に気付ける感覚は、まさに「野生のカン」であり須藤氏の持つ「刑事の勘」に充分匹敵しています。

この二つが合わさって一つの事件が解決されて行くのが、このドラマの醍醐味であり薄氏のどこかズレて見える発言を須藤氏がうまく拾って手掛かりにしてしまう応変さが光ります。

どこか不思議な薄氏の発言もその愛らしキャラでうまく丸め込まれてしまいますが、それも彼女だからこその成せる技であります。

この記事を書いた人

KingY
テレビ好きによるテレビ好きのためのサイトです。このサイトのオーナー。 ネタバレのライターさんと共にサイトを運営しています。
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング