<スポンサーリンク>

セシルのもくろみ5話の予告動画


セシルのもくろみ動画5話のあらすじ

 

奈央(真木よう子)は、2016年11月号をもって『ヴァニティ』を卒業することになった。

読者モデル担当の洵子(板谷由夏)は、葵(佐藤江梨子)と萌子(藤澤恵麻)の間で起きたトラブルの責任を鑑み、読者モデルの企画自体を考え直すことになった、と卒業の経緯を奈央と江里(伊藤歩)に説明する。

それを受けて江里は、きちんと奈央を卒業させてやりたいと、『ミヤジ改造計画』最終回の企画書を洵子に提出する。企画の練り直しを経て洵子がOKを出したのは、奈央の1日寺修行。

しかも、あくまでも仕上がり次第という条件付きだ。江里は、さっそく奈央とカメラマンの山上(金子ノブアキ)を連れてとある寺を訪れる。

同じころ、晴海書房のスタジオでは、由華子(吉瀬美智子)が撮影のスタンバイをしていた。そこで由華子は、雅美(小野ゆり子)から、新たに専属モデルとなったレイナ(芦名星)を紹介される。レイナは由華子の大ファンなのだという。

レイナが去った後、由華子は、読者モデルの企画をやめるのは本当なのかと洵子に尋ねた。洵子は、それを認め、ヴァニティも変わっていかなければいけない、と答える。

奈央は、江里とともに山登りや寺での作務、写仏など、ひとつひとつに集中して取り組む。そんな奈央の姿を見ていた江里は…。

<スポンサーリンク>

セシルのもくろみの再放送情報は?

5話の再放送の情報は公式ホームページにも発表されていませんでした。

インターネットは便利なもので、最近はオンデマンドサービスというものがあります!

動画のネット配信をしているサービスがあります。

無料トライアルを使って見逃してしまったドラマを見る方法があります。

5話をどうしても無料で今すぐ見たい方はこちら!

↓↓↓

セシルのもくろみの動画(8月9日放送)を無料で見る方法

フジテレビオンデマンド(FOD)で見ることができます。

プラミアム会員は1ヶ月無料でお試しキャンペーン中なので

今、セシルのもくろみを見るならフジテレビオンデマンド(FOD)です。

→無料でセシルのもくろみを見る

他にもこんなにドラマを見ることができますよ!無料です!

小栗旬のクライシスも無料です

そして、韓流ドラマが大量にあります。見放題でお楽しみできます。

1か月間無料でご覧いただけますよ!

セシルのもくろみの動画5話の放送日と時間

5話の放送日は、8月9日の火曜日 夜10時です。

セシルのもくろみの動画(8月9日放送)の視聴者のアンケート

セシルのもくろみの5話 の調査をしました!

5話で視聴者は何を思って見ているのか?

30代 女性
卒業の企画が寺修行かぁとちょっと意外。例えば有名デザイナーの華々しいパーティ取材とかそういうのかなって普通は思えるから。モデルの世界と寺修行がどうやってリンクするのかな。

40代 女性
奈央の修行の成果が編集者にどう評価されるのか、雑誌がどうなっていくのか。 最終的に別の雑誌が出版されて、奈央がその専属モデルになるのではないでしょうか?

60代 男性
奈央は江里とともに山登りや寺での作務写仏などひとつひとつに集中して取り組んだところ。

40代 女性
レイナの存在が気になります。吉瀬さんのファンと言っているけど大丈夫かしら?奈央の頑張りぶりを見たいです。

セシルのもくろみの動画(8月9日放送)の感想

“奈央の読者モデルとしての企画は、相撲部屋やエクササイズもそうですが、面白いのが多いです。ヴァニティ卒業の企画も、お寺での修行ということで、元気な奈央が見られそうです。個人的にお寺には興味があるので、どんな修行が見られるのか、楽しみです。

企画は、面白そうですが、卒業はなんとかなくなってくれないかな、と思います。

自分を飾らず、一生懸命な奈央を見ていると、こちらも元気になれます。ですので、奈央のいいところは残したまま、モデルとして成功する姿が見たいです。

ヴァニティは変わらなければいけないという洵子が、どんなことを考えているのか、気になります。編集長との意見の相違もあるのではと想像しています。

それぞれの女性達が上に行くための戦いから、今後も目が離せません。”

セシルのもくろみ ドラマ批評

“読者モデルの企画を見直すことになったために、クビの危機となってしまった奈央を助けるのは、ハマユカかなと思います。そこから、奈央がメキメキとモデルとしての力を伸ばしていって、ハマユカとライバル同士になっていってくれるのが、楽しみです。

その前に、もうひとりのヴァニティ専属モデルのレイナとの闘いもあるのかな、と期待しています。

女の戦いにも興味がありますが、出演者の方のファッションも気になっています。同じものは無理でも、似たようなアイテムを取り入れたいといつも思っています。”

この記事を書いた人

セシルのもくろみ
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング