このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

僕たちがやりましたネタバレ9話のあらすじ

市橋(新田真剣佑)が自ら命を絶ち、がく然とするトビオ(窪田正孝)。飯室(三浦翔平)は、爆破事件で人生が一変し、生きることに不自由を覚えるようになった市橋が、自由を求めて自殺を選んだのではないかと指摘。結局、事件の真相を市橋に隠し通したままのトビオに「こんなこと言ってもわからないか。君は今“自由”だもんね」と追い打ちをかける。
トピックス | 僕たちがやりました
市橋への罪悪感があふれ出したトビオは「俺が殺した」と錯乱状態に。その姿に蓮子(永野芽郁)は、トビオがただならぬ秘密を抱えていることを察する。
同じ頃、父・輪島(古田新太)に愛されていないことを思い知らされたパイセン(今野浩喜)は、輪島への復しゅうに失敗した菜摘(水川あさみ)に「後は俺に任せて」とある決意を告げ…。
一方、飯室の言葉が頭から離れないトビオは、本当の“自由”を手に入れるための道は自首しかないと考え、決意を固める。
翌日、学校に集まった伊佐美(間宮祥太朗)、マル(葉山奨之)、パイセンも時を同じくして、それぞれの思いから自首する覚悟を決めていた。しかし警察に出頭しても、また輪島にもみ消されてしまうと考えた4人は、パイセンの全財産を注ぎ込み“世の中がひっくり返る最高の自首”をしようと計画。
それぞれの逃亡生活を送ってきた4人が、再び心を一つにする。そこでトビオが思いついた作戦とは…。
トピックス | 僕たちがやりました
決行の日を前に、蓮子をデートに誘うトビオ。すべてを打ち明けようとするも言い出せず、言葉少ないトビオに蓮子は胸騒ぎを覚えるが…。

<スポンサーリンク>

僕たちがやりましたの見逃し配信の情報

僕たちがやりましたネタバレ9話

 

突然の親友の自殺をきっかけに、自首を決意するトビオ。

 

トビオ(窪田正孝)たちが起こした爆弾事件のせいで一生不自由な身体になってしまい、更には唯一の身寄りである祖母の死、失恋を重ねた市橋(新田真剣佑)は、遂に自殺を選択してしまいます。市橋が病院の屋上から飛び降り自殺を図った光景を目前としたトビオは、刑事の飯室(三浦翔平)から静かに己の行いの罪深さを責められます。一生障害が身体に残ってしまった市橋は生きていることに不自由さを感じ、死ぬことによって自由を選択したのだと・・・。

市橋の自殺により、見て見ぬふりをしていた自責の念が再びトビオ前に鮮明に姿を現します。そしてトビオは遂に無理に幸せになることを諦め、本当の「自由」を手に入れる為に自首する選択を決意したのでした。

 

各々の覚悟を胸に、再び終結した4人。

 

自首する決意を告白するために、仲間の伊佐美(間宮祥太朗)・マル(葉山奨之)・パイセン(今野浩喜)を部室に呼び出そうとしたトビオでしたが、すでに3人もトビオと同じく自首の決意を固めていました。マルはこの4人でずっと楽しくつるんでいたかったという友情から、伊佐美は彼女の今宵(川栄李奈)が妊娠し、自分が爆弾事件の犯人だという理由からフラれてしまったのをきっかけに、そしてパイセンは事件をもみ消した父親・輪島(古田新太)に一矢報いて己の存在を知らしめる為に・・・各々の自首の動機を告白した4人は、具体的にどう自首するかを考え始めます。

普通に警察に自首したのでは、またしても輪島にもみ消されてしまうことを危惧したパイセンは、世間に向けて大々的に自首を告白することを提案します。もし自首が成功すれば、トビオたち未成年には社会的抹殺が、そしてパイセンには死刑が下ることを再確認する4人でしたが、それでも自首する決意を更に強固にするのでした・・・。

 

「自首」に向けての準備が始まる。

 

世間に向けて真実を大々的に暴露する為に、トビオたちは様々な計画を立てながら準備を始めます。トビオたちの思惑を知った担任の菜摘(水川あさみ)は、輪島に逆らうとただでは済まないと反対しますが、命がけで自首するというトビオたちの決意に説得を断念します。一方、自首への準備を進めながらも、残された最後の日常を噛みしめるように蓮子(永野芽郁)とのささやかな時間を大切にするトビオ。そして計画遂行前夜に、トビオたち4人は最後の日常を各々好きなように過ごします。伊佐美は今宵に会いに今宵のアパートへ、マルは大好きなキャバ嬢・うららのお店へ、パイセンは気掛かりだった菜摘の元へ・・・。そしてトビオはデートの別れ際、蓮子に突然の別れを切り出すのでした。

 

計画当日、果たして「自首」は成功するのか?

 

いよいよ計画がスタートし、トビオたちは裏に1万円札を貼りつけた大量のチラシを人通りが多い街中で豪快に配って走り回ります。チラシに記載されたQRコードにアクセスすることで、事前にトビオたちが撮影した爆弾事件の真相を詳細に語る動画に飛ぶようになっていました。チラシを受け取った人々からの動画へのアクセス数が急速に伸び、トビオたちの狙い通り多くの人々からの注目を浴び始めます。そして更にはちょうど野外ライブをしていたライブ会場に乱入しステージ場に上がり、自分たちが行った爆弾事件の真相を必死に叫ぶトビオたち。

しかしその時、覆面を被った男たちが突然ステージに上がり込み、次々とトビオたちに襲い掛かってきたのでした。

 

僕たちがやりましたネタバレ9話の感想

 

ようやく自首を決意したトビオたちは、皆成長して少し大人になったような気がしました。それにしても今宵のお腹にいる子供の名前を「明日男(トゥモロー)」にしようとした伊佐美は本物の馬鹿ですね(笑)

父親からもらったお金に頼って生きてきたパイセンがようやく自立しようとしてたり、トビオが蓮子に対して深い愛情を抱いたり・・・皆良い方向に成長しているだけに、自首しなければいけない展開は少し辛いです。

次回はなにやらトビオたちの命が危ないような場面が多くありそうで、ハラハラしそうですね!最終回でどんなふうにトビオたちの「自首」に決着が着くか楽しみです。

 

僕たちがやりましたはどんなドラマ?

そこそこ”で生きていた、いかにもイマドキな4人の若者たち。

ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされ、ちょっとしたイタズラ心で、復しゅうを企てる。

ところが、計画実行の日、それはとんでもない大事件に発展してしまう。

気づいた時には、向かいのヤンキー高校が火の海に!ワケが分からないまま、あっという間に爆破事件の容疑者になってしまった彼らが選んだ道は“逃げる”こと…。

こうして、現実に向き合えない若者たちの青春逃亡劇が始まる。

彼らを待っていたのは刑事や教師の追跡、 不良たちの報復、抑えきれない欲望と仲間割れ、大好きなあの子との別れ、そして罪悪感…!

そんな彼らが右往左往しながらも成長していく様を、ハラハラドキドキの展開で描いた青春逃亡サスペンス!!

僕たちがやりましたネタバレ9話の登場人物

僕たちがやりました相関図

キャスト一覧

トビオ・・・窪田正孝

蒼川蓮子・・・永野芽郁
市橋哲人・・・新田真剣佑
マル:丸山 友貴・・・葉山奨之

伊佐美翔・・・間宮祥太朗

パイセン小坂秀郎・・・今野浩喜

新里今宵・・・川栄李奈

飯室成男・・・三浦翔平

輪島宗十郎・・・古田新太

この記事を書いた人

iruka
ドラマが好きな女子です。貴族探偵とクライシス担当してます。皆さん読んで下さいね♡
僕たちがやりました
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング