このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

僕たちがやりましたネタバレ4話

 

矢波高の不良たちに捕まり絶体絶命のピンチ。

 

ちょっとした復讐心と悪戯心から、矢波高校校内で爆破事件を起こし多数の死傷者を出してしまったトビオ(窪田正孝)と遊び仲間たち。トビオたちの犯行を疑う刑事たちや、爆破事件で大怪我を追ってしまった市橋(新田真剣佑)から追われて逃亡を図っていたトビオでしたが、ついに市橋ら不良グループに捕まってしまいます。しかし一瞬の隙をついたトビオは、何とか市橋たちから逃げ切ることに成功します。また、爆破事件を一緒に起こしたトビオの友人・伊佐美(間宮祥太朗)も彼女の今宵(川栄李奈)と一緒に不良たちから逃げ切ります。

 

そんな中、トビオの携帯に幼馴染の蓮子(永野芽郁)から‟今から会えないか”といったメールが届きます。自身の身を案じてくれる蓮子に感激したトビオは、蓮子と会って話したいと強く渇望し、蓮子と落ち合うことに。しかし、待ち合わせ場所付近に到着したトビオは、蓮子が刑事の飯室(三浦翔平)たちと話しているところを目撃してしまい、慌ててその場所から姿を消します。蓮子のトビオを案じる本当の想いに気づかずに、裏切られたと絶望するトビオ。

 

その一方で、パイセン(今野浩喜)から貰った逃亡資金とトビオから盗んだお金で、マル(葉山奨之)はキャバクラを豪遊し、お金を湯水のように使っていましたが・・・

 

パイセンに忍び寄る怪しい弁護士。

 

パイセンを拘束する飯室(三浦翔平)たちは、パイセンの遊び仲間のトビオ・伊佐美・マルたちが事件の共犯者だと睨んでいます。トビオの家族のもとへ事情聴取に行ったり、パイセンに仲間がいることを聞き出そうとしますが、なかなかパイセンは口を割りません。そんな中、謎の弁護士・西塚智広(板尾創路)がパイセンの弁護をすると名乗り出ます。突然現れた見知らぬ西塚を不審に思うパイセンですが、西塚の「警察は証拠を掴んでいない。自白しなければいいだけだ」という助言に素直に従うことにします。

 

一方、伊佐美と合流したトビオは、実は爆破事件の犯人は自分たちではなく矢波高の教師・熊野なのではないかと
持ちかけます。トビオたちが仕掛けた小型爆弾を、熊野がプロパンガスの付近に設置し直したのだと主張するトビオ。それを確かめるべく、トビオと伊佐美は熊野の住んでいるアパートへの侵入を試みますが・・・

<スポンサーリンク>

 

爆弾をプロパンガスに設置した犯人は・・・

 

鍵が開いている窓から熊野のアパートに侵入したトビオたち。熊野のPCを開きログインすると、何とそこには不良生徒たちへの私怨を募らせた熊野が盗撮した、大量の矢波高校舎内の盗撮動画が・・・。その盗撮動画を調べていくうちに、トビオたちは決定的な動画を見つけてしまいます。駆けて行くパイセンの足に小型爆弾がたまたま当たり、プロパンガス付近へと飛ばされていく動画・・・。その動画を見つけた直後、熊野が飯室たちを連れてアパートに戻って来た為、トビオたちは慌ててアパートかた逃げ出します。

 

無事逃げ切ったものの、先程の動画を巡って伊佐美と口論になった為、偶然見周りをしていた警察に追いかけられる羽目に・・・。

 

市橋に呼び出された蓮子。

 

蓮子は友人とカラオケ中、「トビオが見つかった」という情報を友人の矢波高の彼氏から聞き、友人と共に河川敷の高架橋下へ向かいます。そこには矢波高の不良たちと市橋の姿が。市橋は蓮子と2人きりにしてほしいと言い、不服そうな他の仲間を退散させます。トビオたちの居場所を知らないかと執拗に聞く市橋に最初は蓮子も冷たくあしらいますが、涙ながらに無念を叫ぶ市橋を見ると、「あんたはトビオを殺すために。私はトビオに告るために」一緒にトビオを探そうと提案したのでした。

 

見知らぬホームレスに救われるトビオ。しかし・・・

 

一方トビオは、警察から逃げ切る際にズボンが脱げてしまった為、下半身はパンツ姿のままビルとビルの隙間に身を隠します。するとそこに、ホームレスらしき男が近づいていき、トビオにスボンと靴を施してくれました。更には、コンビニから素早い動作で万引きをし、歯ブラシセットも渡してくれたのでした。感激したトビオは、自らを‟ヤング”と名乗るこの男についていこうと心に決めるのですが・・・何とヤングから「ケツを出せ」と言われ、襲われてしまうはめに・・・。

また、豪遊したためにお金が底ついてしまったマルは、再びお金を盗もうと、今度は伊佐美とコンタクトをとろうとするのでした。

 

そしてとある交番には、「爆破事件の真犯人」と名乗るものが出頭してきて・・・

 

僕たちがやりましたネタバレ4話の感想

 

ゴミ箱に捨てられたドーナツを貪り食うトビオと、キャバクラで豪遊したり高級レストランで食事するマルの対比が印象的でした。トビオも大概ですが、クズさでマルに敵うものはいませんね(笑)いつかマルには天罰が落ちてほしいです。トビオはトビオで、自業自得とは言えもう散々な目に遭ってますからね(浮浪者に襲われそうになってたり(笑))

市橋と蓮子が手を組むのは意外でしたが、市橋のあの哀れな姿を見ると可哀そうにもなってきますね。何度も言いますが、トビオたちも市橋も自業自得ではあるんですけどね・・・。

さあ、来週は爆破事件の真犯人を名乗る謎の男が登場します!一体誰の差し金なんでしょうか?

パイセンの謎の家系もありますし、来週も続きが気になりますね!

 

僕たちがやりましたネタバレ4話のあらすじ

今宵(川栄李奈)のアパートに伊佐美(間宮祥太朗)と身を隠すも、市橋(新田真剣佑)と仲間たちに捕まってしまったトビオ(窪田正孝)。爆破事件で負った大ケガがもとで体の自由を奪われた市橋は、その恨みを晴らすため、仲間にトビオを襲わせようとするが、トビオは隙を突いて逃げ出す。
トピックス | 僕たちがやりました トピックス | 僕たちがやりました
そんな中、蓮子(永野芽郁)からの『今から会えない?』というメッセージに気付くトビオ。菜摘(水川あさみ)の話をヒントにつかんだ、「矢波高の教師・熊野(森田甘路)こそが爆破の真犯人だ」という疑惑を蓮子に全て話そうと、指定された待ち合わせ場所に向かうが、そこには刑事の飯室(三浦翔平)と話す蓮子の姿が…。
トピックス | 僕たちがやりました
同じ頃、トビオの金を奪って姿を消したマル(葉山奨之)は熱海に逃れていた。大金を手にしたのをいいことに夜の街で豪遊するマルは、店で知り合った女性に入れあげ、湯水のように金を使っていた…。

僕たちがやりましたはどんなドラマ?

そこそこ”で生きていた、いかにもイマドキな4人の若者たち。

ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされ、ちょっとしたイタズラ心で、復しゅうを企てる。

ところが、計画実行の日、それはとんでもない大事件に発展してしまう。

気づいた時には、向かいのヤンキー高校が火の海に!ワケが分からないまま、あっという間に爆破事件の容疑者になってしまった彼らが選んだ道は“逃げる”こと…。

こうして、現実に向き合えない若者たちの青春逃亡劇が始まる。

彼らを待っていたのは刑事や教師の追跡、 不良たちの報復、抑えきれない欲望と仲間割れ、大好きなあの子との別れ、そして罪悪感…!

そんな彼らが右往左往しながらも成長していく様を、ハラハラドキドキの展開で描いた青春逃亡サスペンス!!

僕たちがやりましたネタバレ4話の登場人物

僕たちがやりました相関図

キャスト一覧

トビオ・・・窪田正孝

蒼川蓮子・・・永野芽郁
市橋哲人・・・新田真剣佑
マル:丸山 友貴・・・葉山奨之

伊佐美翔・・・間宮祥太朗

パイセン小坂秀郎・・・今野浩喜

新里今宵・・・川栄李奈

飯室成男・・・三浦翔平

輪島宗十郎・・・古田新太

この記事を書いた人

iruka
ドラマが好きな女子です。貴族探偵とクライシス担当してます。皆さん読んで下さいね♡
僕たちがやりました
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング