このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

 

パイセンとプーケットに行こうとして

捕まるパイセン!気になるつづきです。

以下、ネタバレのあらすじ3話です。


<スポンサーリンク>

僕たちがやりましたはどんなドラマ?

そこそこ”で生きていた、いかにもイマドキな4人の若者たち。

ある日、通っている学校の向かいにあるヤンキー高校の不良たちに、仲間をボコボコにされ、ちょっとしたイタズラ心で、復しゅうを企てる。

ところが、計画実行の日、それはとんでもない大事件に発展してしまう。

気づいた時には、向かいのヤンキー高校が火の海に!ワケが分からないまま、あっという間に爆破事件の容疑者になってしまった彼らが選んだ道は“逃げる”こと…。

こうして、現実に向き合えない若者たちの青春逃亡劇が始まる。

彼らを待っていたのは刑事や教師の追跡、 不良たちの報復、抑えきれない欲望と仲間割れ、大好きなあの子との別れ、そして罪悪感…!

そんな彼らが右往左往しながらも成長していく様を、ハラハラドキドキの展開で描いた青春逃亡サスペンス!!

僕たちがやりましたネタバレ3話のあらすじ

罪の発覚を恐れてパイセンとマルと共に海外逃亡を図ろうとするも、目の前でパイセン(今野浩喜)が警察に逮捕され、空港から逃げ出したトビオ(窪田正孝)。だが、自分も捕まるのではないかとおびえ、学校にも行けず家にも帰れない。
まもなく、空港に現れなかったマル(葉山奨之)からトビオに電話が入る。最初から2人との約束をすっぽかすつもりだったと、許しを請うマルを呼び出したトビオは、一緒に逃げようと提案。さらに、どうせ捕まるのなら、“死ぬまでにやりたいこと”をすべて書き出し、パイセンにもらった金で実現しようと持ちかける。
同じ頃、パイセンは警察で飯室(三浦翔平)の取り調べを受けていた。飯室は矢波(やば)高の教師・熊野(森田甘路)の証言などから、共犯者がいると確信。パイセンを厳しく問い詰めるが…。病院では、爆発で重傷を負った市橋(新田真剣佑)がリハビリに励んでいた。犯人とにらむトビオらへの復讐(ふくしゅう)を誓う市橋は「あいつらを、早く見つけてこい」と仲間に命じて…。

一方、「やりたいこと」の一つ目を実行するため、夜の歓楽街に繰り出すトビオとマル。2人は、初めての世界に大興奮!しかし翌朝、トビオをがく然とさせるまさかの事態が起こり…。

その夜、トビオはある目的で凡下高に忍び込むが、担任の菜摘(水川あさみ)に見つかってしまう。蓮子(永野芽郁)がトビオのことを心配している、と聞かされて動揺するトビオ。そんななか、菜摘が「爆破事件と関係しているのかも…」と、事件前夜の熊野の不審な行動を話し始める。

<スポンサーリンク>

僕たちがやりましたネタバレ3話

 

パイセンが逮捕!トビオの逃亡生活が始まる!

 

ちょっとした復讐心から矢波高校の校舎を爆破し、多数の死傷者を出してしまったトビオ(窪田正孝)・マル(葉山奨之)・伊佐美(間宮祥太朗)・パイセン(今野浩喜)。爆発前日の深夜に矢波高に侵入して爆弾を設置した際に、矢波高の教師・熊野に目撃されてしまったパイセンは、警察にマークされる存在になってしまいます。危機感から海外逃亡を試みたトビオとマルとパイセンでしたが、出発当日マルは消息不明、パイセンは何と空港で刑事の飯室(三浦翔平)らに捕まってしまいます。パイセンが捕まる瞬間を目撃したトビオはすぐに空港を飛び出し、当てもなくしばらく街を彷徨いますが・・・街頭ニュースでパイセンが容疑者として身柄を拘束されたことを知ります。警察の取調室では、パイセンはのらりくらりと尋問を交わし、爆破事件と関係について素知らぬ態度を貫きます。

一方、カラオケルームで一人で頭を悩ますトビオの携帯に非通知設定の電話が。警察からの電話かもしれないと疑いつつも電話に出ると、電話の相手は逃亡直前に姿を消したマルでした。約束をすっぽかしたマルに対して憤るトビオに、「急に怖くなって行けなかった」「パイセンとトビオが海外に行けば自分は自由になれると思った」と泣きながら釈明するマル。マルを許すことにしたトビオは、今後のことについて話し合うためにマルをこのカラオケルームに誘います。

 

逃亡生活をやめ、現実逃避を選んだトビオ。

 

身を隠す為にわざわざ女装してカラオケルームにやってきたマル。そんなマルを見てひたすら爆笑するトビオでしたが、落ち着いたところでさっそく今後の計画について切り出します。みじめな逃亡生活はもう止めて、パイセンから口止め料としてもらったお金(トビオとマルで合わせて500万円)で今やりたいことを全部やろう!と提案するトビオに、マルもノリノリで賛成します。さっそくやりたいことをあみだくじ形式に書き出した二人がまず最初に選んだ「やりたいこと」は・・・【sex】

 

目的のためにキャバクラにやってきたトビオたちでしたが、トビオは最初こそはセクシーなキャバ嬢に興奮したものの、次第に現実逃避をしている自分に虚しさを感じ始めます。こんな馬鹿らしい現実逃避にマルを巻き込んでしまったことに罪悪感を感じたトビオでしたが、一方でマルはキャバ嬢に執拗なセクハラを迫った為、二人はお店から追い出されてしまいました。

その頃警察では、今回の爆破事件はパイセン単独犯ではなく他に仲間がいたという線が濃厚になっており・・・

 

奪われたトビオの200万円。マルの裏切り。

 

キャバクラ店を追い出されたトビオとマルはネットカフェに泊まることになりましたが、朝方トビオが店員に起こされると、マルの姿が見当たりません。机の上に「ごめん」と書かれた1万円札を見つけたトビオは、マルがトビオの分の逃亡資金・200万円を盗んで姿をくらましたことに気づきます。ネットカフェを飛び出しマルを探し回るトビオでしたが、深夜になったところで凡下高の自分たちがいつもたまり場にしている部室に忍び込みます。トビオは万が一のためにパイセンからもらった残り100万円を部室の中に隠していたのでした。

しかしそこで、見回りをしていた担任教師の立花菜摘(水川あさみ)と遭遇。ここ数日間学校を休んでいるトビオを心配する菜摘は、パイセンが容疑者として警察に拘束されていることを話題に上げ、実はパイセンを深夜に目撃したという矢波高教師・熊野が怪しいのではないかと口にします。どうやら熊野は矢波高の不良たちに目をつけられ、暴力を振るわれたこともあったようで・・・

 

今宵と遭遇するトビオ。そのまま今宵の自宅へ。

 

自分の家に帰れずさ迷い歩いていたトビオは、伊佐美の彼女・新里今宵(川栄李奈)と偶然出会います。この数日間、伊佐美と連絡がとれないことを疑問に感じた今宵は、冗談交じりに爆破事件の犯人はトビオたち四人ではないかと茶化しますが、本気で疑ってはいない様子。そのまま今宵の家へトビオを招待し手料理まで振舞ってくれますが、今宵と同じベッドの中で良い感じになったところで、何と伊佐美が今宵の家へ姿を現します。しかしトビオはまるで空気のように扱われ、トビオの目の前でお互い激しく身体を求め合う二人。次の日の朝、今まで一体どうしていたんだとトビオが伊佐美に尋ねると、恐怖と罪悪感から一度自殺しようとして首を吊ってしまったと告白する伊佐美。驚くトビオに更に伊佐美は、自殺が失敗してしまった後に急激に「ヤりたくなってしまった」と笑います。

 

そして、今宵の家で爆破事件についてのニュースを見ていたところ、トビオたちに身に覚えのない場所(プロパンガスが設置してあった付近)に爆弾が仕掛けられていたという新事実が判明。真犯人は別にいるのではないかとトビオと伊佐美は安堵しますが・・・

 

矢波高の不良に見つかってしまったトビオ。

 

爆破事件の復讐の為にトビオたちを探していた矢波高の市橋(新田真剣佑)たちに見つかってしまい、トビオは逃亡を図ります。しかし市橋の仲間の一人に見つかり殴られたトビオは地面に伏してしまします。そして市橋がゆっくりとトビオに近づき、トビオは絶体絶命のピンチへ・・・。

 

僕たちがやりましたネタバレ3話の感想

 

今回の見どころは、個人的にはマルのクズさです(笑)。自身の保身の為に、トビオたちとの海外逃亡も直前になって反故したり、キャバクラ嬢に執拗にセクハラしたり、トビオのお金も盗んだりで、可愛いベビーフェイスをしているわりには清々しいクズっぷりです。トビオが部室に隠していた残り100万円も結局マルに盗まれてしまいましたし、徹底的に彼はゲス役を全うします(笑)

マルと比較すると、伊佐美やパイセンがまだまともに見えるから不思議です;

さて、来週は絶体絶命のピンチからトビオがどう逃げ切れるかが気になりますね。果たして爆弾事件の真犯人は本当に存在するのか?市橋との確執はどうなるのか?来週も待ち遠しいです!

 

僕たちがやりましたネタバレ3話の登場人物

僕たちがやりました相関図

キャスト一覧

トビオ・・・窪田正孝

蒼川蓮子・・・永野芽郁
市橋哲人・・・新田真剣佑
マル:丸山 友貴・・・葉山奨之

伊佐美翔・・・間宮祥太朗

パイセン小坂秀郎・・・今野浩喜

新里今宵・・・川栄李奈

飯室成男・・・三浦翔平

輪島宗十郎・・・古田新太

この記事を書いた人

iruka
ドラマが好きな女子です。貴族探偵とクライシス担当してます。皆さん読んで下さいね♡
僕たちがやりました3話
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング