このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

「兄に愛されすぎて困ってます(兄こま)」ドラマのネタバレ第2話、やってまいりました!
全話コンプリートしますよ!もう私、3人のイケメンズに会いたくて、太鳳ちゃんのボケっぷりが見たくて、
テレビの前に座り、エサを待ってるワンコのごとく、10分前からスタンバイ状態です!

<スポンサーリンク>

さてさて・・・前回、どういう終わり方をしたかというと・・・。
そうです!
ドーナツを兄(仮)・はるかと食べに来て、せとかがはるかとはぐれてしまっている間に、
せとかが、王子様系イケメン・千秋にひざまづかれ、
「キミの願いを叶えます・・・」
と千秋に、手にナイトキスをされたところからです。

胸に片手を当て、お辞儀をする千秋。
そこへ、当然のごとく、妹Loveのはるかが割って入りました。
はるか「オレの妹に何か?」
ドヤ顔のはるか、
千秋「・・・・(ふーん・・・、ところでオマエ誰?)」
自信満々の笑みの千秋。
さあ、第2話はどうなるか・・・?
兄に愛されすぎて困ってますは見逃し配信(無料)を見る方法

ホスト系・第2の王子、登場!!「せとか・・・可愛い名前だね」

千秋「僕は、セントリヲリュース学院3年の美丘千秋といいます」
はるか「オレはコイツの兄の橘はるかだ」
千秋「きみは?」
せとか「橘せとかです」
千秋「せとか・・・、可愛い名前だね、きみにピッタリだ」
素直にうれしそうなせとか、明らかにムカついてるはるか。
せとか「そんな・・・」
はるか「おい、帰るぞ」
さっさと歩いていってしまうはるか、
「え~?」と何度も千秋を振り返りながら、はるかの後を追うせとか。

家までの帰り道、海沿いを歩く、せとかとはるか。
せとか「はあ・・・、これって、運命の出会いなんじゃ・・・」
はるか「やっすい運命だな」
せとか「セントリヲリュースって、偏差値も授業料も高いところだよね?
しかもイケメンで優しい!
非の打ち所、ゼロ!」
はるか「逆だ!
女慣れし過ぎ、チャラついてる、全体的にウソくさい。
犬に言わすとか飼い主失格、いいとこゼロだ」(そこまで言う?)
せとか「え~?今のどこがダメなのか、ぜんぜんわかんなかったんだけど。
エスコート上手、華やかなオーラ、キラキラした世界観、
あと、ちょっとスキも見せてくれてる!」
はるか「オマエはバカか?」
せとか「今までのことは感謝してる。
私が好きになる人は、泣かされる確実な酷い人ばっかだけど、
お兄が先回りして、傷つかないように阻止してくれてた。
でも、今回は大丈夫!」
はるか「ああ?どこがだよ?ゼッテー泣かされんぞ」
せとか「そんなことない・・・てゆーか、泣かされてもいい!」
はるか「はあ?」
せとか「むしろ、泣きたい!」
はるか「オマエ泣かせてもいいのは、オレだけだっつってんだろ!?」
せとか「泣きたいくらい、恋したい・・・」
はるか「・・オマエ、『恋はいい』とか言ってたよな・・・」
せとか「しょうがないじゃない?出会っちゃったんだから~」
せとかのスマハがバックの中で振動します。
せとか「千秋さん・・」
はるか「ええ!?いつの間に連絡先・・・」
はるかが、せとかのスマホを覗くと・・・。
千秋からのライン「お願いリクエスト絶賛受付中!君との出会いに乾杯」(ナ、ナチュラルにキザ・・・)
せとか「千秋さん・・・」
はるか、せとかからスマホをひったくり・・・。
せとか「あ、お兄!ちょと返して!お兄ったら、返して!」
はるか「なにが『君との出会いに乾杯』だ」

場面は、ヨットハーバーを歩く千秋の姿に変わります。
周りに、「イケメン!」「私、あの犬になりたい!」(千秋くんは、犬の散歩中です)
とはしゃく女子高生達や、色めき立つオバチャン達の姿が・・・。
そこに、千秋くんのスマホがズボンの中で振動します。
せとかからのライン「一日、私の彼氏になってもらえますか?」(おお~、そうきましたか)
千秋「・・・おもしろい・・・」(およ?王子様らしからぬ発言・・・実はダークプリンスか?)

誰でもいいのかよ・・・。
「男は、好きなヤツじゃなくたって、こんなこと、いくらでもできんだよ」

<スポンサーリンク>

場面変わって、せとか&はるか自宅です。
はるかはキッチンで料理をしています。
作ってるのはサラダか?
手慣れた手つきのはるかくん、シェフはるか、キマってます!
キッチン続きのリビングのソファで、せとかが千秋からのラインを待っています。
せとかの様子が、イチイチ気になるはるかくん。
せとか「・・・ズーズーしかったかな~?ストレース過ぎ?んん~・・・」
そこでせとかが握っているスマホの、ピヨピヨという着信の音。
せとか「きた!」
はるか「・・・(なに!?)」
千秋からのライン「いいよ、僕と彼カノごっこしよ」
せとか「やっったあ~!!」
せとかの後ろから、スマホを覗いているはるかくん。
はるか「彼カノごっこ!?」
せとか「ちょ・・・見ないでよ!」
はるか「変態プレイか?」(キャッ!)
呆れるはるかくん。
はるか「ハア~・・・、そういうのがしたいんだ、オマエは。相手なんて誰でもいいから」
せとか「違うよ!千秋さんだからにキマってるでしょ?」
はるか「どうだか」
せとか「リアルに千秋さんの彼女になれないのはわかってる。
けど、一日だけども・・・ごっこだけでもいいからしてみたい・・・。
あんなステキな人の彼女体験・・・」
はるか「あいつのどこがステキなんだっけ?」
せとか「優しくて、スマートにお姫様扱いしてくれて、甘い言葉とか自然に言ってくれて・・・。
キラキラ・・・ふわふわ・・・キュンキュン・・・さしてくれる感じ?」
はるか「へ~・・・」
せとか「なによ」
はるかの前に立ち、はるかを睨むせとか。
はるか、ふいにエプロンの紐を解き、エプロンをソファに投げつけて・・・。
せとか「え?」
はるか、せとかを抱き上げ、お姫様抱っこして、せとかの部屋まで連れて行きます。
うおっっ!こっちがキュン死しそう・・・。
せとか「ちょ・・・ちょっと・・・お兄?・・・」
土屋太鳳ちゃんを軽々と抱っこする片岡涼太くん、さすがEXILEで鍛えているだけありますね~。
歩く足取りもふらついていません!

場面は、せとかの部屋です。
せとか「ちょっと・・・お兄・・・下ろしてよ」
せとかを大切そそうにベットに降ろす、片膝立ちのはるかくん。
ここらから、せとかとはるかの映像がスローになり、画面がモヤります。
せとかのドキドキという鼓動が響き、はるかがせとかの顔を片手で撫で・・・。
動揺して、目が泳ぐせとかに、はるかがにっこりとして、
はるか「・・・着きましたよ、プリンセス」(ブッ!)
せとか、うっとりして力が抜け、スマホを落とし・・・。
はるか「・・・やっぱ、誰でもいんじゃないか」
せとか「・・・へ?」
はるか「バカせとか!」
せとか「ばか?」
はるか「男は好きなヤツじゃなくたって、こんなこと、いくらだってできるんだよ。
エロいことするためだったらな」
はるかの言葉に戸惑うせとか。
はるか「だまされてんじゃネエよ」
せとか「だまされてないし・・・」
部屋を出ていくはるか。
せとか「バカお兄!!」
はるか「・・・ったく・・・」
階段を下りながらつぶやくはるかくんでした。

明くる朝、学校前で親友千雪を会ったせとか。
千雪「・・・なんか、(せとかが)可愛い・・・」
せとか「・・・わかる?」
千雪「え?なに?・・・・もしかして、もう次、見つけたの?」
せとか「見つけたっていうか・・・出会っちゃった~♪」
千雪「なになに?詳しく・・・」

違う校内では、登校しているはるかを国光が見つけ、
国光「あ!はるかさん!」
はるか「・・おまえ・・・・セントリヲリュースの美丘千秋ってヤロー、知ってるか?」
国光「え・・美丘って・・・」
はるか「知ってんのか?」

(ここから、千雪&せとかと、国光&はるかの、場面が交互に)
千雪「うっそ・・・それ、うちのアニキじゃん」
せとか「え?・・・あ、そうだ!名字、いっしょ!」
千雪「アニキかよ~・・・」
せとか「偶然出会った人が、親友の兄なんて、やっぱりこれ、運命としか・・・」
千雪「せとか・・・アニキだけはやめときな。あれは、フツーの人間じゃないから」
せとか「うん、フツーじゃない。カッコイイもん!」
千雪「え~?・・・」

国光「『うちのアニキは、女を見たら声をかけないと失礼だと思ってる!』って、
千雪、言ってました」
はるか「やっぱり・・・」
国光「・・・千雪のアニキがどうかしたんすか?」
はるか「べつに・・・」
国光「そうすか・・・。
あ、そうだ、うちのアニキが『はるかさんによろしく』って伝言す」
はるか「え?・・・・高嶺、帰ってきたのか?」
国光「先週、帰ってきたんすよ」

場面変わって、某病院内一室です。
芹川高嶺がパリッと白衣をまとい、病院内を歩いています。
「ねえねえねえねえねえ、誰?あの人」「院長先生の息子さん、留学先から帰ってきたのよ」
「ってことは次期院長?」
というナース達の噂話しが・・・。
ナースが高嶺に「おはようございます!」と挨拶するのを、
高嶺がにこやかに「おはようございます」と返すが、ナースが見えないところではしたり顔。
こちらもダークな陰が・・・。

はるか「あいつに言っといけ!せとかには近づくなって」
国光「・・・はい!」
国光のところから去っていくはるかくんですが、
怒りながら歩いているはるかくんも、歩き方がキマっていて、カッコイイです・・・。

はるかくんの回想です。
防波堤で、小学生のせとかが、小学生の高嶺に、プレゼントを差し出して告白してます。
せとか「好きです!」
高嶺「・・・・いらない・・・」
高嶺くんはせとかの元から去っていきます。
それを防波堤の下から、苦々しく見ているはるか・・・。

追跡!せとかと千秋を追え!
「他の男の話、やめて。目の前に僕がいるんだから」

場面は学校帰りです。
校内階段を、うきうきと舞いながらせとかちゃんが下りていきます。
その近くで、はるかが階段を下りながらせとかを見ています。
はるか「あいつ、どんだけ浮かれてんだか・・・」
階段を下りきったところで、千雪が近づいてきて、はるかを物陰に引っ張り込み、
千雪「はるかさん!ダメですよ!隠れないと」
はるか「は?なんだよ」
千雪、はるかに双眼鏡とサングラスとトレンチコートを渡して、
千雪「せとかの跡をつけようとしてるんですよね?」
はるか「オレは、べつに、そんな・・・」
と言いながら、しっかりサングラスをかけるはるかくん。
千雪「行きましょ!はい、これ着て!」
千雪、はるかにトレンチコートを着せ、
はるか「お、おお・・・」
かくして、千雪とはるかは、放課後にデートするせとかと千秋を尾行するのでした。

場所は水族館前です。
せとかが花びら占いをして待っていると、
キラキラ輝きながら千秋くん登場~!
千秋「おまたせ」
ワンターンして華麗にキメました(そこまでするか?しかし、これはラブコメだし、アリ?)
しかも足元ローファーでなくブーツ・・・。
学生服にブーツとは、これいかに?セントリヲリュースではアリなのか?(でも似合ってる・・・)
せとか「今日は、よろしくおねがいします!」
千秋「こちらこそ」
千秋、片手を胸に当ててお辞儀。
はるか「出た~・・・千秋ポーズ」(近くで変装して(るつもり)せとかを尾行して見ている)
いきなり千秋の柱ドン、ドキッ!とせとかの心臓の音。
千秋「今日はキミの彼氏になれて、嬉しいよ」
せとか「とんでもないです!」
せとかの手を取り、歩き出す千秋。
はるか「・・・ち・・くしょ~・・・」
千秋「・・・せとかって呼んでいい?」
せとか、満面の笑みで
せとか「はい!」
それを見ていたはるかが怒って、椅子から立ち上がる。
それを千雪が止め、
千雪「決定的な現場を押さえましょう!
でないと、『なにが悪いの?』で、おしまいです。
アニキ、そういう人なんで」
はるか、千雪の手をギュ~(アイツら、こうしてじゃんかよ!?)と握り、
はるか「あれでも、決定的じゃないってのかよ!?」
千雪「はい、ぜんぜん。あれで妊娠するわけじゃないし」
はるか、怒りMAXで、思わずサングラスを取り、
はるか「・・・・っんだと?・・・」
千雪「・・・・すいません・・・」

入場券を買う時・・・。
せとかがお金を出そうとすると、その手を千秋が止め、
千秋「今日はいいから」
せとか「でも・・・」
千秋「彼女は遠慮しないの」
せとか「いえ、ごっこなんで・・・お金はちゃんと・・・」
千秋、せとかの顔に頬を寄せて(ちかっ!)

千秋「僕に時間を売ったと思って」
千秋、チケットを買って、館内に入る時、せとかの腰に手を回して・・・。
ドキン!
もの陰から見ているはるか、思いっきり指を差すが、千雪に却下されて下ろされる。
せとかN「ナチュラルに腰抱き!?ヤバい!心臓が飛び出そう!」

館内で・・・。
大きな水槽を見ながら、
せとか「すっご~い・・・」
千秋「・・・ほら、あれ見て」
千秋くん、ナチュラルに肩抱きです。
せとかN「「デート、最高!世の中の女の子は、いつもこんな楽しいことをしてたのか。
私、人生の大部分をソンしてた・・・」
はるかくん、イライラしながら上段から千秋を睨みつけています。
千雪「こわっ・・・・」
はるかくん達と少し離れたところに、せとか達を見ているキレイめの女子高生が・・・
千雪「あれ?・・・」
はるか「知り合いか?」
千雪「・・・・アニキの元カノです・・・・偶然かな?」
はるか、写真を取ろうと振り返り、千雪がはるかを掴んで、急いで一緒に隠れます。
はるかと千雪の顔が近くに・・・。
ドキン!(千雪の心臓の音)
せとか「・・・(あれ?)」
千秋「どうした?せとか」
せとか「あ・・いえ・・・なんか、お兄に似た人がいて・・・」
千秋「お兄さん?」
せとか「でも、気のせいだったみたいです。
うちのお兄、過保護というか、過干渉で・・・」
せとかの唇に、人差し指を添える千秋。
千秋「他の男の話、やめて。目の前に僕がいるんだから」
せとかにグッと顔を近づけ(キ、キスか!?)
千秋「・・・ね?・・・行こ」
せとか「は、はい」
せとかN「ヤバい!千秋さんにとっては、ただのごっこなのに・・・」
はるか、ムカついてるが、何か諦めたように去ろうとします、が、
少し離れたところで、千秋の元カノが、ガラが悪そうな男数名と話をしているのを見て・・・。
元カノ「・・・打合せ通りやって・・・ソン時報酬渡すから・・・ちゃんとやってよ」
はるかと千雪は、元カノと男達が出て行くあとを、少し離れて着いていきます。

恋愛はゲーム?
「僕は、僕を好きな子には興味がない」

場面変わって、水族館内、外です。
広い公園内を、せとかと千秋が歩いています。
千秋「せとかの彼氏でいられるのも、あと少しか・・・寂しいな・・・」
せとか「私はもっと寂しいです」
千秋「可愛いな、せとかは・・・ホントの彼女にしちゃいたい。
僕ならキミを、死ぬほど甘やかしてあげる」(ヒエ~!・・これで落ちない女はいなでしょ?)
ドキン!
千秋「・・・なんてね」
せとか「あの・・・・やっぱりムリですかね?」
千秋「ん?」
せとか「私が本当の彼女になるのは・・・」
千秋くん、目を伏せて困った顔をします。
男「おい!」
千秋「なに?君たち?」
男「テメー、オレの女に手出しただろ?」
千秋「・・・女?」
ガラの悪い男数名が、千秋とせとかに近寄ってくる。
男「とぼけてんじゃねえぞ!」
男、千秋の腹に膝蹴りをして、千秋が倒れてしまいます。
せとか「・・・誰か・・・」
せとかがひ人を呼びに行こうとすると、男達に阻まれます。
男「オイオイオイ、どこに行くのかな~?」
せとか「どいてよ!」
男「気のつえ~女だな」
男、せとかの顎を上げる。
せとか「・・・・お兄・・・(助けて!)」
せとかの顎を掴んだ男が、一撃で倒れて・・・。
はるかさん、登場です!
そこからの喧嘩のシーンは、もう!もう!カッコイイ!の一言です。
喧嘩する姿もキマってる!!
片岡涼太くん、なんでこう、一つ一つのポーズがキマるんでしょ!
男「なんなんだよ!?テメー」
はるか「カンケーねえだろ・・・、オレはこいつのアニキだ」
男「ばかじゃねえの?」
はるか「妹を泣かせるヤツは許さねえ!」
男「笑わせんな!コラあ!」
殴るも、後ろ蹴りも、飛び膝蹴りも、全てきまり、男達はヘロヘロに・・・。
はるか「せとか、泣かせていいのは、オレだけなんだよ!」
ガラが悪い男達退散・・・。
千秋「・・・みさ?・・・」
それを見ていた元カノが、慌てて逃げ出し、男達を後ろから小突きます。
千秋「もしかして、アイツが?」
千雪「そうだよ!
アニキは女の子を落とすまでチョ~がんばるけど、手に入ったらポイ捨て。
みささん、アニキと付き合うため、彼氏と別れたんだよ。
いつものことだけど、可哀想過ぎ」
千秋「・・・だって、恋愛ってそれが楽しんじゃん」
千雪「アニキがどうなろうと自業自得だけどさ、せとかまで巻き込まないでよ」
千秋「女の子っていつもそうだよな。
すぐ自分の悪いとこ忘れて、男ばっかり非難する。
まあ、それが愚かでかわいいとこなんだけど・・・。
こういうことされると、シラケちゃうよな。
せとか・・・ゲームはおしまい」
せとか「え?」
千秋「僕にとって、恋愛はゲームなんだ、難攻不落の女の子を落とすゲーム。
だから、さっきの返事だけど・・・・ごめん。
僕は・・・・僕を好きな子には、興味がない」
はるか「・・・・・おい、せとかに謝れ。
オレの妹は、自己満足のゲームに付き合えるほど、ヒマじゃないんだよ!」

帰り道、せとかとはるかは海沿いを歩いています。
せとか、いろいろなことがあり、元気がありません。
それをはるかくんが心配そうに見つめています。
せとか「・・・13連敗・・・私って、なんでこうなんだろう?
好きって思うと、いろいろなことが見えなくなっちゃう・・・」
はるか「・・・・今日は、焼肉にすっか。親父も今日は早いって言ってたしなあ。
オマエ食わないんだったら、オレがオマエの分を・・・」
せとか「食べる!食って食って食いまくってやる!」
はるか「なんだ、結局、色気より食い気かよ」
せとかとはるか、笑顔で家路を急ぎます。

その後、家の庭で、お父さんと3人でバーベキュー。
肉や野菜を焼いているのはもちろんはるかくんで、お父さんとせとかは食べるの専門。
せとかといる時のはるかくんは、ホント、いい笑顔です。
このあたりを見ると、ポーズ、仕草、立ち居振る舞い、どれをとっても、
土屋太鳳ちゃん、片岡涼太くん、ホントに演技が上手です!
それに加えて、草川拓弥くん、それ以外にドラマを支えている俳優の皆さん、
息もピッタリ合っていて、効果音もバッチリだし、ホントに次回も楽しみです!

せとかを高級車で迎いに来たのは・・・。
「せとか・・・乗って・・・」

さてさて・・・。
最後のシーンでは、高校に入っていく黄色いスポーツカー。
校舎に横付けして、誰かを待っているような・・・。
そこにせとかが通りかかると・・・。
「せとか・・・乗って・・・」
と、車からおりてきたのは、セレブ系のまたまたお王子様・・・・。
そう、留学していて戻ってきた、せとかの初恋の人、芹川高嶺くんだったのです!
ワイルドなはるかくんとも、ホスト系の千秋とも、また違う感じ。
クールで、こちらもブラックオーラを抱えていらっしゃる?

せとか「高嶺さん・・・」
車に乗り、緊張でうつむくせとかに、不敵な笑いを浮かべる高嶺。
そこにはるかが通りかかり、せとかと高嶺を見かけて・・・。

さて、来週の兄こまもどうなることやら?乞うご期待でございます!

チェック!兄こまのロケ地はどこ?

ドラマ「兄に愛されすぎて困ってます(兄こま)」では、全話キレイで近代的なな高校校舎、
高嶺の勤めている病院、はるかとせとかがよく一緒に通る海沿い・・・と、
どこもステキな風景ばかりで、ロケ地が大変興味がわくところで、
ここで目撃情報を元に、ロケ地をネタバレしてみました!
せとかやはるかが通う高校→「実践女子大学日野キャンパス」
ドラマ「ごくせん第1シリーズ・ドラマ「GTO」などでも使われました

高嶺が務める病院→栃木県足利市「新小山市民病院」

せとかとはるかがよく通る海沿い→千葉県沿い

です。
個人的には、せとか&はるかの住んでる家って憧れます。
庭が広くて、バーベキューができて、はるかがよくサッカーの練習してて・・・。
バックに海がキレイで、ロケーション抜群!
行ってみたいけど、あれ、セットで、このドラマのために作った家なんだろうな~・・・。

次回予告
次回の兄こまは学校帰りに車で向かえにきた高嶺は、せとかを乗せて、車で学校から走り去ります。
それを自転車であとを追うはるか・・・。
高嶺はせとかをカフェに誘い、それを見たという千秋から、ある話を聞いたはるかは、
怒りでいっぱいになり・・・。

新宿アルタ「兄こま」劇場が登場!
4月20日から5月14日まで、オリジナルグッズ&フードも販売しています。
3Dシアターで「兄こま」スペシャル映像も上映!
場所は新宿アルタ7F 営業時間11時から19時30分
是非、遊びに行ってみて下さい!

 

この記事を書いた人

kakitsubata
ドラマ好きなkakitsubataと申します。ドラマのネタバレあらすじを書いています。 がんばっている俳優さんを応援するのが好きです。撮影現場のオモシロ話しや、いろいろな角度から、ドラマを盛り上げる記事も載せたりしています。大好きなドラマのお仕事ができて、毎日が楽しいです♪
兄に愛されすぎて困ってます2話
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング