このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

引用元:兄に愛されすぎて困ってます公式サイト

始まりました~!!

エロかわ×ラブコメストーリーの仕掛け人「神谷里奈」原作

兄に愛されすぎて困ってます

イケメンズ+妹Loveの兄に愛されまくる

せとかの血の繋がっていない、ヤンキー系ツンデレお兄

妹への溺愛ぶりはハンパない

お王子様系の先輩・ホスト系スウィートBOY

恋愛はゲームの一つ・・・けど、せとかには本気モードか?

兄系イケメンズフェスティバルの開幕です!!!

兄に愛されすぎて困ってますのドラマスタート

海をバックにキラキラ夕日を浴びて、はるか登場~!

細マッチョの腹筋、割れてます。

さすが、EXILEの新企画発案で結成された新ユニットGENERATIONのメンバーとして活躍している

だけのことはありますね。

はるかこと、今人気急少々の片岡涼太くん。

はるかが、海をバックに半裸で華麗にリフティングを決めている頃、

高校では、せとかが12回めの告白に・・・。

せとかの12回めの告白

クラスメイトの友達に見守られる中(下駄箱の陰に隠れている友達よ、丸見えですが?)

剣道部の鈴木くんに12回めの告白に挑みますが・・・・。

場所は体育館前の扉。

扉が開いていて、中では剣道部が打ち合いの練習をしています。

スローがかかって、カーテンが開かれ、せとかが片思い中の鈴木くん登場~。

鈴木くん・・・、道着に竹刀を持って、切れ長の目のなかなかのイケメンです。

せとかは、友達と一緒に下駄箱に隠れていたものの、

友達の手拍子の中、友達に押し出され・・・告白か!?

その扉の前で、せとかと鈴木くんが向かい合い、

せとか「鈴木くん・・・好きです!」(やっぱ告った!)

鈴木くん「ムリ」(即答!)

スパーン!

剣道部の面が決まった音がキレのいい音が響き・・・。

「せとか・・・」「ダメか・・・」「残念・・・」「12連敗か・・・」

という、下駄箱の陰から見守っていた友達のため息にかぶって、

せとか、ガックリ肩を落とし・・・。

せとか「クッソ~!!!なんで私はモテないんだ~!」

雄叫びと共に、構内の石段を駆け下りるせとかでした・・・。

<スポンサーリンク>

せとか帰宅、兄のはるか登場

またまたキラキラ夕陽をバックに、家の庭でリフティングをしているはるかのところに、

せとかが学校から帰ってきました。

はるか「おかえり」

せとか「ただいま。

ちょっと・・・、おにい~!(目を手で覆ってくるっと背を向け)」

はるか「なんだよ」

せとか「服、着てよ!」

せとか、はるかにTシャツを投げつける。

はるか「いいだろ?あっついんだから」

はるか、ほいっとせとかにボールを蹴る。

そのパスを受けてせとかが蹴り返す。

この蹴り合いが意外に上手い!

せとか「風邪ひくよ」

はるか「ぜんぜん、ヨユウ~」

ハックション!(はるかのくしゃみ)

せとか「ほらみろ、バ~カ!」

はるか「うっせ、バ~カ」

せとか、家の中に入る。

はるか、せとかを目線で追い、なにげに笑顔(いいお顔です)

いや~、お二人とも、セリフも演技も息が合ってますね~。

2階に上がり、部屋に入り、窓を開け、

せとか「また振られた・・・」

一人ごちるせとか。

私は今までの人生、男の人に振られたことしかない。

せとかの撃沈した17年間の黒歴史に、思いをはせるせとか・・・。

「彼女いるんだ」「ごめん」「付き合えない」「王手!」(?)「ムリだよ」「付き合えない」・・・

はるか「おまえ、また振られたんだって?

おまえには彼氏なんて、100年早いってことだよ」

と、勝手にせとかの部屋に入ってきて、のたまうはるかに、

せとか「100年後・・・?私、死んでんじゃん・・・」(いや、そこじゃないでしょ!)

なに気に天然のせとかちゃんでした。

場面変わって次の日の朝、高校

構内を歩いているせとかに、千秋の弟国光(ナニゲに登場多いです)が近寄ってきて

国光「おまえ、また振られたんだって?」

せとか「なんで知ってんの?」

国光「しかも、相手、剣道部の鈴木だろ?

いや~、トレンド入りした話題だからな」

せとか「死にたい!」

国光「あっ!はるかさん!」

イケメンはるか、トレードマークのヘッドホンを首にかけ、目つき鋭く登場~!

はるかの堂々とした歩きに、「おはようございます!」と周りの男子生徒はひれ伏し・・・。

国光「はるかさん、カッケ~・・・」(これ、国光の口癖らしいです。この後も多数続きます)

はるかが歩くとこ、男子生徒は腰90度に曲げ「おはようございます!」の挨拶、

女子は「キャ~!」と色めき立ち・・・。

せとか「お兄がイケメン・・・?」(気づいてないのはあなただけよ、せとかちゃん。

はるかさんはイケメンです)

12回目も振られ、クラスの友達に囲まれながら、

「何か部活に新しく入って、余生をどう楽しく生きようか・・・」(またそこ?)

思い悩むせとかに、応援していたクラスメイト達はすでにトレンドから外れ、

自分のことに楽しんでいました(切り替わり、はやっ!)

そして、せとかとみゆうのお昼休み・・・。

みゆうは、

「せとかが告白する男は、実はみんなせとかに気があることを言っていたりする・・・、

ここまで振られ続けるのは、何かヘンじゃない?」

と気付き、せとかに話をもちかけます。

そこでせとかは、部活中の鈴木くんを捕まえ、振られた理由を聞くことにします。

せとか「教えてくれないかな?私が振られた理由・・・」

鈴木「そんなこと言われても・・・」

せとか「・・・・このままじゃ、私、彼氏、一生できなそうな気がするんだよね。

そんな人生、辛すぎるし、なんとかしたいの!」

鈴木「・・・そうかもな」

せとか「え?」

鈴木「・・・このままじゃ、一生彼氏、できないかも」

せとか「私・・・なんか・・・自分でも気づいていないダメなところというか・・・、

ものすごい欠陥があるんでしょうか!?」

鈴木「お兄さんだよ」

せとか「え?」

鈴木「正直、今も橘のこと、結構いいと思ってる。

・・・けど、あのお兄さんがいると思うと、もう近づけないよ」

せとか「お兄が・・・鈴木くんに・・・何かしたの?」

鈴木「・・・脅されたんだ。『妹に近づいたら許さない』って・・・」

せとか「・・・(ガ~ン!)・・・信じらんない!・・・」

構内を駆け出すせとかでした。(鈴木くん、白状させられた上、置き去りか?)

海沿いの小さな波止場で

せとかは、はるかを捕まえて、

「お兄、鈴木くんのこと、脅したんだって?」

と詰め寄ります。

せとかは、鈴木くんと別れてから、今まで振られた人のところを周り、

みんなに『はるかに脅されて振った』ことを確かめたのでした。

せとか「私の恋愛、お兄にずっと妨されてたんだね・・・

ひどいよ・・・

私に意地悪するの、そんなに楽しい?」

はるか「・・・・ああ」

せとか、はるかの頬にビンタ一発!

はるか「・・・最低!」

はるか、走り去ろうとするせとかの手を思わず掴んで、

はるか「おい!」

せとか「・・・・お兄なんて、大っ嫌い・・・。

・・・もう除魔しないで!」

せとかちゃんは目に涙を溜めて言うのでした。

泣きながら走り去るせとか。

その後姿を切なそうに目で追うはるか・・・。

キュンキュンきますね~!
こういう場面、ラブコメの王道ですよね。
目に涙を溜める場面や、天然なところや、焦ったり、困ったり、
いや~、太鳳ちゃん、演技上手いっス!
私が相手だったら、あの目を見ただけで落ちちゃいます。
涼太くんの演技も負けていないですよ。
せとかが、実は、自分が裏で相手を脅していたという真相を、
せとかが知ったとわかった時の表情は、
切なすぎて、こっちが射抜かれてしまいました(私がキュン死してどうする?)

せとか&はるかの家

小さな頃は、はるかが優しかったことを、一人部屋で思い出すせとか。

せとか「・・・リベンジしてやる!」

勢い良く、2階の自分の部屋の窓を開け、

せとか「お兄の、バッキャロ~!!」

ピーン・・・夜空に、音をたてて流れ星が落ちていく中、

1階リビングでは、はるかが、せとかの雄叫びを、食事をしながら聞いているのでした・・・。

朝の校内 告白再び

せとかは、鈴木くんが登校してくるのを、大きな木の下で待っています。

鈴木くん発見!

せとか「鈴木くん・・・おはよう」

鈴木「おう・・・」

せとか「お兄のこと、もう気にしなくていいから」

鈴木「え?」

せとか「絶対邪魔させない。

だから、告白の返事、もう一回考えな直してもらえないかな?」

鈴木「・・・・・」(考え中のもよう・・)

プレイボーイ鈴木

ところが・・・、

ここで場面が移り、みゆうと国光の会話が・・・。

みゆう「え?鈴木、彼女いんの?」

国光「おう、なんか、中学校の頃の彼女と、まだ続いてるらしいんだよ。

みゆう「え?でもちょっと前には、3年の先輩と付き合ってるってうわさ、あったよね?」

国光「え?そうだっけ?」

オイオイ鈴木くん、3股かい?

みゆう「まあ、せとか、男見る目、ないからなあ。

歴代好きになった男もどうかと思うんだよね」

国光「だよな。小学校から一緒のオレを好きになんねえんだからな」

みゆう「それ、フツーっしょ」

国光「おいオマエ、そこ、ノッてくれてもいいところでしょ。

僕ね、小学校の頃から、そんなモテないわけじゃ・・・」

そこで、みゆうと国光ははるかを見かけます。

みゆう「あ、はるかさん」

国光「はるかさん・・・、カッケ~・・・」(また出た、ハイ、2度め~)

はるかさん、実は、2階外廊下踊り場から、

鈴木くんとせとかちゃんの二人を、尋常じゃない目つきで睨んでます。

その下では、鈴木くんが異様にキョロキョロし始め・・・。

さては、はるかさんの姿を探してる?

上だよ、上!あ~気がついないな~。

はるかさん拳が、怒りで震えてるよ~。

せとか「・・・(鈴木くん、何か探してる?)」

鈴木「・・・(はるかさん、いない?)」

せとか「・・・(どうしちゃったんだろ?私も探してあげようか?)」

鈴木「・・・(はるかさん、どうやらいないみたい、やった!)」

鈴木くん、ニッコリ(いや、ニヤリ?)

2階外廊下から、せとかと鈴木くんを見ているはるかの拳は、ますます力が入り・・・。

鈴木くん、せとかの手を掴み、大きな木の下の陰に連れて行きます。

鈴木「オレも好きだよ、橘のこと」

おお?いいのか?中学の時の彼女と、年上の彼女、どした?

鈴木「橘・・・」

せとか「鈴木くん・・・」

おや?いい雰囲気・・・、初回ですが、いきますか?いっちゃますか?

鈴木くん、せとかの手を取り、引き寄せて・・・。

2階からそれを見ていたはるか、足が床を蹴って、身体がシュバッと宙に舞い・・・。

キッター!!!
2階からの、スパイダーマンなみの飛び降り!
流石に、ホントだったら、怪我免れないでしょ!?
というのも、ドラマではありなんですよねっ!

はるかの姿に気がつく、せとかと鈴木くん。

すごい形相で自分の方に来るはるかの姿を見て、

鈴木くん、慌ててせとかの後ろに隠れ(オイオイ、きみ、それは情けないよ)

はるか「おい!汚ねえ手で、オレの妹に触るんじゃねえ!」(出た!妹溺愛お兄)

鈴木くん「橘・・・どうしよう・・・橘・・・」

せとか「お兄、やめてよ!」

はるか「おまえ!せとかとマジで付き合う覚悟、できたのか!?」

鈴木「え?」

はるか「他の女たち切って、せとかとだけ付き合うのかって聞いてんだよ!」

おや?はるかさん、鈴木くんの他の女のこと、わかってた?

鈴木「僕は!付き合うなんて一言も言ってません!」

な、情けな・・・。

せとか「・・・・(はい?)」

はるか、鈴木くんの胸ぐらを掴む。

はるか「おま・・・、今、なにしようとしてた?」(お兄は、かなりお怒りです)

鈴木「た、橘さんから誘ってきたからっ!」

なんてヤツ!サイッテー!

はるか「・・・ざっっけんな!!!」

トーゼンですが、鈴木くんは、はるかさんに殴られました・・・。

いい気味じゃ!

鈴木「痛っい・・・痛い・・・」

はるか「2度とせとかに近づくな!」

鈴木「顔はやめて・・・」

な、なんだと?どんだけの顔じゃ!?

はるか「こいつ泣かしていいのはオレだけなんだ!」

せとか「・・・・(お兄・・)」

それを見ていた国光、

国光「はるかさん、カッケ~」(はい、3度め)

せとか「・・・もしかして、お兄、もしかして、今までもそうだったの?

・・・私もうっすら気づいてた・・・」

そう、せとかちゃんは男見る目が自分にはないことに、気づき始めていたんですね。

せとかちゃんが痛い目をみないように、先回りをして、悪い虫を追い払っていたんですね。

さすが!妹Loveのお兄!

せとか、はるかの背中を、後ろからギュッと抱きしめ・・・。

せとか「ありがと・・・」

はるか「・・・勘違いすんなよ。

オマエ泣かせるの、ガキの頃からの、オレの趣味なんだよ。

他のヤツにその楽しみ、取られるわけにいかないんだよ」

はるかさん、素直じゃないですね~、ツンデレですね~、そこがまたいいんですが・・・。
その後、せとかのおごりで、せとかとはるかは流行りのドーナツ屋に行くのでした。
お?はるかさん、せとかちゃんに腕を引っ張られて密かに嬉しそうです。

ですが、そこで・・・

はるかと、はぐれた、せとかが、逃げてきた子犬ショコラを偶然捕まえ、

子犬の飼い主、千秋と出会うのでした。

千秋「・・・お礼にキミの願いを叶えます」

ナイトの片足立膝座りをして、せとかの手の甲にキスをする、ホスト系スウィートBOY千秋。

 

その頃、黒い服でキメて、空港内をバックを片手で引きながら歩いている高嶺の姿が・・・。

来週も、ザワザワと波乱の予感がいたします。

 

次回予告

せとかは、偶然知り合った千秋に一目惚れし、デートの約束をしてしまいます。

「女性は全員お姫様として扱う」千秋に、はるかは反対するが、

そんなはるかの気持ちをよそに、せとかは千秋とデートをしに行ってしまうのでした。

そんな中、せとかの初恋の相手が、留学から帰ってきて・・・。

<スポンサーリンク>

この記事を書いた人

kakitsubata
ドラマ好きなkakitsubataと申します。ドラマのネタバレあらすじを書いています。 がんばっている俳優さんを応援するのが好きです。撮影現場のオモシロ話しや、いろいろな角度から、ドラマを盛り上げる記事も載せたりしています。大好きなドラマのお仕事ができて、毎日が楽しいです♪
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング