このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

愛してたって、秘密はあるネタバレ9話のあらすじ

晶子(鈴木保奈美)が、11年前に奥森(堀部圭亮)を殺したのは自分だと自首した。彼女は取調べで夫の暴力に耐えかねて殺害したと供述、裏付けのための捜査が自宅で行われることに。晶子は黎(福士蒼汰)に「黎の人生を守れて幸せ」と言う。黎は葛藤しながらも、警察の事情聴取では晶子に合わせて嘘をつく。

黎は立花(遠藤憲一)に、晶子が自首して近いうちに逮捕されることを知らせる。立花は黎に、爽(川口春奈)と別れるようにと命じる。黎も、その覚悟はできていた。

爽は黎を呼び出し、自分がサインした婚姻届を渡す。そんな爽に、別れを告げる黎。さらに彼は、父を殺したのは晶子だったと嘘を重ねてしまう。まもなく、晶子が死体遺棄容疑で逮捕される。逃走中の風見(鈴木浩介)は晶子の逮捕をニュースで知り、ある決意を抱いて…。

黎の告白にショックを受ける爽だったが、彼への気持ちは揺るがなかった。母が逮捕され辛い状況の黎を心配し、連絡を取ろうとするものの、黎からは拒絶される。

そんな折、法律事務所に出勤した爽は、デスクの上に見覚えのない封筒を見つける。その中には、奥森が遺した日記のコピーが入っていた。その日記を読んで衝撃的な事実を知った爽は、立花が黎との結婚を反対した本当の理由を察する。彼女は、虎太郎(白洲迅)にその封筒を黎に渡してほしいと頼んだ後、奥森の日記に書かれていたことを立花に突きつける。
実は、その封筒を爽のデスクに置いたのは、意外な人物で…。

愛してたって、秘密はあるネタバレ9話

晶子の逮捕
<スポンサーリンク>

奥森皓介を殺したのは自分だと出頭した晶子は、警察で事情を話しました。
11年前から夫に手をあげられるようになり、暴力は日に日にエスカレートしていったこと。
このままでは殺されると思ったけれど、そのあとのことはよく覚えていないと。
気付いたらトロフィーを持っていて、夫が倒れていた。
息子を1人には出来ない、夫のせいで人生を台無しにしたくないという思いから出頭はしなかったけれど、骨が届いてもう逃げられないと思って出頭したと晶子は話しました。

裏付け捜査をしなければ逮捕は出来ないと、刑事に送られて晶子は一旦帰宅します。
「いざとなったらこうすると決めていた。今がその時」と黎に話すと、黎は「本当は俺がやったって言って来る」と出て行こうとしますが、晶子は止めます。
「黎が自首するのを止めたときから、母さんはずっと間違ってる。でも、後悔はしていない。黎が歩くべきだった道をちゃんと歩いてくれているから。黎を守れて幸せ」
そう話す晶子に、黎は警察へ行くことを思いとどまりました。

翌日やってきた刑事に、黎も事情を聞かれます。
晶子の供述にあわせて嘘をつく黎は「なんとなく気付いていたけれど、実際に暴力をふるわれているところは見たことない。事件の日は1人で花火大会へ行っていた」と話しました。

爽は婚姻届を用意して黎を待っていました。
しかし、爽と別れる決意をした黎は「ずっと嘘をついていた。父さんが殺されたことを本当は知っていた。母さんが殺したんだ。今までありがとう」と言うと、部屋を出て行きました。
走り去り、泣き崩れる黎。

翌日、逮捕状を持って警察がやってきました。
「母さんは自分の身を守っただけ。誰が何と言おうと誇りに思ってる。ちゃんとごはん食べてね」
晶子は黎にそう言うと、微笑んで出て行きました。

黎の家には記者が押し寄せます。
その時「これは不法侵入だ。訴えられたくなければ出て行け」と言う声が。
虎太郎でした。
黎は爽と別れたことを話します。
虎太郎は過去に黎を責めたことを謝り、「堂々としていればいい。修習にも来い」と黎を励まします。

その後、果凛と会った虎太郎。
2人は果凛に戸籍謄本、虎太郎に婚約指輪を送ったのは誰なのだろうと話します。

そしてその夜、黎は1人家でトゥーランドットを聴いていました…。

奥森皓介の日記

晶子が庭で燃やした、皓介の日記のコピーを持っている人物がいました。
それは、香坂弁護士でした。
日記のコピーを封筒に入れた香坂は、それを爽のデスクの上に置きます。

翌日出勤した爽は、封筒を見つけます。
全て読んだ爽は、神奈川地検へ向かいました。
黎に渡してほしいと虎太郎に封筒を渡すと、爽は弘晃に会いに行きました。

「パパが黎との結婚に反対する理由がやっとわかった」と言う爽。
「黎のお父さんの日記を読んだ。書いてあったことが本当だって思えない。思いたくない。パパの言うことを信じるから教えて」と言います。

贈収賄の件で、皓介も弘晃の取り調べを受けていました。
当時の神奈川地検で、前園の逮捕は重要課題となっていたのです。
風見の父親と同じように皓介も厳しい取り調べを受け、その苦痛を日記に書き綴っていました。
でたらめな調書に署名を求められ、拷問を受け続けていること。
そのストレスから晶子に暴力を振るってしまったこと。
そしてそれを後悔して苦しんでいること。
最後のページには「今年こそ家族で花火大会へ行きたい」と書かれていました。

「風見を起訴するために、奥森の証言が必要だった。前園を逮捕するためには手段を選ばない方針だった」と弘晃は話しました。

日記に書かれていたことが真実だったと知って、爽はショックを受けます。
「パパがそんな取り調べをしていなければ、黎の家族は幸せだった。うちだって…」
そう言う爽に、「検事として歩いてきた道に後悔はない。でも、父親としては違う姿を見せたかった」と弘晃は言いました。

その頃、黎は屋上で日記を読んでいました。
向き合えば自分が壊れてしまうと思って考えようとしてこなかったという黎は、父親は殺されて当然の悪人ではなかった。追いつめられて罪に手をそめてしまった1人の弱い人間だったのだと知ります。
「僕はただの人殺しだ…」とうなだれる黎。

そこへ爽がやってきます。
「パパのせいでごめんなさい」と頭を下げる爽に、「君と一緒に生きて行けるなら、1000でも2000でも嘘をつくつもりだった」とつぶやく黎。

「母さんじゃないよ。父さん、俺が殺した」

黎は、そう言いました。

風見の復讐

弘晃が帰宅すると、家の前にナイフを持った風見が立っていました。

「冤罪だと知っていたのか?」と聞く風見に、弘晃は「クロでもシロでもどっちでもよかった」と答えます。

怒り狂った風見はナイフを手に弘晃の元へ走り出しました。
そこへ、突然飛び出して来る暁人。
弘晃はとっさに暁人をかばい、風見に刺されて倒れました。

物音を聞きつけた茜も出てきて、意識のない弘晃に必死に呼びかけます。
暁人は救急車を呼びました。

愛してたって、秘密はあるネタバレ9話の感想

…暁人はどこに潜んでいたのでしょうね?
って、そこじゃないか。

最終回を前に一気に加速してきました!
弁護士の香坂先生も絡んで来ましたね。
香坂先生の「許せない人」って誰なのでしょうか?
腕時計は誰にあげるものだったのかな?

皓介のDVは、弘晃の厳しい取り調べのストレスから始まったものでした。
だからって暴力をふるって良いことにはなりませんが、悲しい真実ですね。

黎は殺人のショックで二重人格になってしまい、
「もう一人の黎」が事件の真犯人ということでいいのでしょうか?

予告では「もう一人の黎」が大暴れしていましたが、
福士蒼太さんのサイコパスなぶっとんだ演技も楽しみですね!

ただ予告であれだけ見せてしまっているので、
もう一波乱欲しいところですが。

しっかりと伏線が回収され、納得の最終回になるといいですね。

愛してたって、秘密はあるはどんなドラマ?

企画原案が秋元康です。

主人公は弁護士の卵、彼女の弁護士を目指し結婚の約束をする。

しかし、主人公の黎は中学生の頃に母親を守るために父親を殺害した過去がある。

母親と一緒に父の遺体は庭に埋めている。

それから11年がたって、婚約した黎にメールが届いた。

それは父親のことを知っている人物からの内容だった。

黎は犯罪者としてつかまるのか?

逃げ切るのか?

愛する人が犯罪者だった場合、受け入れることができるのか?

愛してたって、秘密はあるネタバレ9話の登場人物

愛してたって、秘密はあるの相関図

キャスト一覧

奥森 黎 … 福士蒼汰

立花 爽 … 川口春奈

風見忠行 … 鈴木浩介

立花暁人 … 賀来賢人

安達虎太郎 … 白洲 迅

山田隆也 … 柄本時生

浦西果凛 … 吉川愛

一ノ瀬義男 … 矢柴俊博

井上大吾 … 佐伯大地

香坂いずみ … 山本未來

奥森皓介 … 堀部圭亮

立花 茜 … 岡江久美子

立花弘晃 … 遠藤憲一

奥森晶子 … 鈴木保奈美

この記事を書いた人

koyamaster
ラブコメ、サスペンスどんなドラマも大好きです。 ネタバレ、あらすじ書いてます。読んでね!
愛してたって、秘密はある9話
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング