このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

なんと!婚約指輪が親父の結婚指輪に!!

衝撃の展開で目が離せません!


<スポンサーリンク>

愛してたって、秘密はあるネタバレ7話のあらすじ

風見(鈴木浩介)と顔を合わせた爽(川口春奈)は、「あの人、犯人!」と言って倒れてしまう。黎(福士蒼汰)は意識を取り戻した爽から、10年前に襲われた過去を打ち明けられる。爽はほとんどケガもなく解放されたのだが、その時に見た犯人が、風見だったというのだ。風見がそんなことをするとは信じられない黎。

爽から話を聞いた兄の暁人(賀来賢人)は、風見を警察に突き出すと息巻くが、爽は、風見と話がしたいと言うのだった。
黎は暁人から、10年前の事件の詳細を聞く。当時、高校生だった爽は帰宅途中、何者かに薬品を嗅がされて連れ去られた。犯人は爽を襲う際に「立花弘晃の娘か」と尋ねていたため、立花(遠藤憲一)に恨みを抱いての犯行と見られたが、結局、容疑者は特定できないまま、9月3日には事件の時効を迎えてしまう。暁人は爽の思いを汲み、風見が犯人だという証拠をつかんで彼に真相を聞くつもりだと黎に話す。

そんな中、黎は何者かから、またしても奥森(堀部圭亮)を思い起こさせる写真を突き付けられる。状況から、その写真を仕込んだのが虎太郎(白洲迅)なのではないか、と疑った黎は、写真を見せて心当たりはないかと聞いてみるが、虎太郎は知らないと答える。疑念は晴れない黎は、虎太郎を尾行する。すると、虎太郎は果凛(吉川愛)と待ち合わせしていて…。

黎を脅かしてきたのは、虎太郎と果凛なのか!?
そして、爽の事件と風見の過去に隠された真相とは…!?

愛してたって、秘密はあるネタバレ7話

風見の過去
<スポンサーリンク>

風見と顔を合わせた爽は「あの人、犯人」と言うと倒れてしまいます。
立ち去りかけた風見は戻って来ると、ストレッチャーを手配して爽を病室へ運ぶように手配します。
軽い貧血と診断され病室で休む爽は、黎に事情を話し始めます。

高校生のとき、後ろから誰かに襲われたこと。
気付いたら倉庫のような所にいて、でも怪我などはほとんどなかったこと。
大学生になる頃には夜道も1人で歩けるようになっていて、もう大丈夫だと思っていたけれど、風見の顔を見たら思い出して気分が悪くなってしまったのでした。

晶子は廊下でこの話を聞いていました。

連絡を受けて迎えに来た母親と共に、爽は帰宅しました。

何事もなかったように、しかし明らかに黎を避ける風見に、黎は何も聞くことが出来ません。
そんな風見に、晶子は「私は何があってもあなたの味方」と伝えます。

爽は兄の暁人にだけ、あの時の犯人である風見に会ったことを伝えました。
「警察に突き出す」と言う暁人に、爽は「聞きたいことがあるから風見と話がしたい」と言うのでした。

爽の事件が起きたとき、父の弘晃への怨恨の可能性が疑われました。
悪びれることなく「何百人もの被疑者を有罪にして来た。誰に恨まれていてもおかしくない」と淡々と答えた弘晃に、暁人は怒りを感じていたのです。

謎の写真

黎の捜査資料の中から、1枚の写真が落ちました。
プレゼントのような赤い包みが写っているその写真には「お父さんどーこだ?」の文字がありました。

建物の中には関係者以外入れないことから、黎は虎太郎を疑います。
虎太郎を尾行した黎は、彼が果凛と会っているところを目撃します。
2人の前へ出て行く黎に、「ついにバレたか」と言う虎太郎は、果凛に写真を渡したのは自分であること、結婚を邪魔していたことを明かしました。

爽の事件を知っていた虎太郎は、黎の理想である「加害者の味方でいたい」という考えを、爽がどんな思いで聞いているかと心を痛めていたのです。
「誰かを傷つけることでしか大切な人を守れない」と非難する虎太郎に、「そう言うやり方しか出来ない」と答える黎。
あきれた虎太郎は「最低だな」と言うと去って行きました。

爽の考え

黎が帰宅すると、爽が来ていました。
今まで何も知らずにいたこと、それなのに加害者の味方をしたいなどと言っていたことを、黎は爽に謝ります。

しかし爽は、そういう黎の考え方に救われてきたのだと言います。
連れ去られた爽は、風見の悲痛な鳴き声で目が覚めたのでした。
どうして泣いているのか?ずっと気になっていた爽は、自分を殺そうとした人の気持ちを考えるなんて自分はおかしいのかと思ってきました。
しかし、黎の考えを聞いて、爽は救われました。

事件の真相

黎、暁人、爽の3人は、風見に会いに行きました。

事件が起こったとき、風見は容疑者として取り調べを受けていたのです。
しかし確実なアリバイがあったために無罪となりました。
(爽は犯人の顔を見ているのに、面通しとかしなかったんですかね?)
暁人は風見のアリバイを証明した相手から、アリバイは風見に頼まれておこなったでっちあげであるという証言をとっていたのです。

観念した風見は真相を話し始めます。

風見の父は外科医で、真面目で優しい患者さん思いの医師でしたが、ある日突然地検の特捜部に逮捕されました。
前園への贈賄を疑われたのです。
証拠は信憑性のない内部告発のみでしたが、担当検事は風見の父親が犯人だと決めつけて脅し続けました。
その検事こそが弘晃でした。
300日以上も拘留された風見の父親は、執行猶予付で外へ出られた時には、末期の膵臓がんで手遅れになっていたのです。
犯罪者のレッテルを貼られたまま亡くなった父親は、弘晃に殺されたも同然だと風見は考え、同じ苦しみを味あわせたいと爽を誘拐したのです。
しかし風見は、爽を殺すことが出来ませんでした。

「バカなことをしてしまった」と、風見は爽に土下座して謝罪しました。

翌日、風見は退職届を置いて自首しに行こうとします。
しかしそのとき電話がなって・・・。

プレゼントの中身

暁人から「風見と連絡が取れない」と聞いて、黎は病院へ向かいます。
部屋に風見の姿はなく、ロッカーには鍵がささったままになっていました。
そのロッカーを開けると、写真と同じ赤い包みの箱が入っていました。

中を開けた黎は、驚愕します。

そこへ暁人もやってきました。

箱の中には、頭蓋骨・黄色いバラ・凶器のトロフィー・皓介の結婚指輪が入っていました。

愛してたって、秘密はあるネタバレ7話の感想

ようやく話が少し進展しましたね!
爽の写真の秘密、風見の事件、爽の後をつけていた人物が風見であったことが判明しました。
しかし肝心の黎を脅していた人物についてはわからないままです。
果凛、虎太郎、風見は、黎の殺人のことは知らなそうですよね。
こうなるとますます怪しいのが晶子犯人説ですが、どうなんでしょうか。
1番関係なさそうな岡江久美子とか?山本未来とか?
爽の母親は公式サイトによると、児童養護育ちと言う思わせぶりな設定になっているので、この辺がなにか絡んで来るのかもしれませんね。

爽の秘密は3週引っ張ったわりには「へぇ・・・」みたいな感じでしたね。
爽が悪いわけでもないし、秘密にしてたからって果凛に責められるようなことではないですよね。

虎太郎は爽のことが好きで、心配する気持ちからの行動でしたが、残念ながら爽と黎の間には虎太郎の入り込む隙はなさそうですね。
残念!

来週はいよいよ黎が爽に真実を打ち明けそうですね。
今までの流れからだと、結局打ち明けないとか、また翌週に持ち越しとかになりそうですが。
爽なら黎の過去を受け入れてくれる気もしますが・・・。

愛してたって、秘密はあるはどんなドラマ?

企画原案が秋元康です。

主人公は弁護士の卵、彼女の弁護士を目指し結婚の約束をする。

しかし、主人公の黎は中学生の頃に母親を守るために父親を殺害した過去がある。

母親と一緒に父の遺体は庭に埋めている。

それから11年がたって、婚約した黎にメールが届いた。

それは父親のことを知っている人物からの内容だった。

黎は犯罪者としてつかまるのか?

逃げ切るのか?

愛する人が犯罪者だった場合、受け入れることができるのか?

愛してたって、秘密はあるネタバレ7話の登場人物

愛してたって、秘密はあるの相関図

キャスト一覧

奥森 黎 … 福士蒼汰

立花 爽 … 川口春奈

風見忠行 … 鈴木浩介

立花暁人 … 賀来賢人

安達虎太郎 … 白洲 迅

山田隆也 … 柄本時生

浦西果凛 … 吉川愛

一ノ瀬義男 … 矢柴俊博

井上大吾 … 佐伯大地

香坂いずみ … 山本未來

奥森皓介 … 堀部圭亮

立花 茜 … 岡江久美子

立花弘晃 … 遠藤憲一

奥森晶子 … 鈴木保奈美

この記事を書いた人

koyamaster
ラブコメ、サスペンスどんなドラマも大好きです。 ネタバレ、あらすじ書いてます。読んでね!
愛してたって、秘密はある
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング