このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

愛してたって、秘密はあるはどんなドラマ?

企画原案が秋元康です。

主人公は弁護士の卵、彼女は弁護士を目指し結婚の約束をする。

しかし、主人公の黎は中学生の頃に母親を守るために父親を殺害した過去がある。

母親と一緒に父の遺体は庭に埋めている。

それから11年がたって、婚約した黎にメールが届いた。

それは父親のことを知っている人物からの内容だった。

黎は犯罪者としてつかまるのか?

逃げ切るのか?

愛する人が犯罪者だった場合、受け入れることができるのか?

愛してたって、秘密はあるネタバレ1話

逆プロポーズ

弁護士を目指す司法修習生の黎(福士蒼汰)は、交際中の同期の司法修習生・爽(川口春奈)に逆プロポーズをされました。
「秘密ってある?」
爽はそう言うと、ゲームをしようと提案します。
ピスタチオの殻を1つ割るたびに、秘密を1つ打ち明けていこうと。
殻を割りながら、たわいのない「秘密」を打ち明けて行く2人ですが、爽はふと思い詰めた表情を浮かべると「今まで黙っててごめん。なかなか言い出せなくて…」と切り出します。
黎は「無理に言わなくていい」と、爽の話を遮りました。

黎には、絶対に言えない秘密があったのです。

黎の秘密

—11年前。

黎は母親を殴る父親の姿を目撃します。
父親は止めに入った黎のことも殴り、更に黎をかばった母親を殴りつけます。
黎は母親を守るため、父親を殴り殺してしまいました。

正気に戻った黎は、110番に電話をしようとしますが、母親はそれを止めると、
「母さんを救ってくれてありがとう。今度は母さんが必ず黎を守る」と言うのでした。

2人は庭を掘って父親の遺体を埋め、車を崖から突き落としました。
「父親は失踪したことにしよう」と言う母親。

それから11年の歳月が流れ、黎はあれは夢だったのではないかと錯覚しつつも、
穏やかな日常こそが夢で、夢はいつかさめるのかと不安を感じていました。

爽の秘密

兄に結婚を報告する爽。
爽の兄は「あの親父の息子なんて無理。知ったら逃げ出すんじゃないか」と言います。
爽の父親・立花弘晃(遠藤憲一)は有名な検事正で、それこそが黎に秘密にしていることでした。

結婚の挨拶をするために爽の家へ行く黎は、初めてそのことを聞かされます。
黎の家庭の事情や出身校などをまるで取り調べのように厳しく追及する弘晃に、
弁護士になりたいと自分の夢を語る黎ですが、検事の弘晃は「話にならない」と言うのでした。
「目の前で爽が殺されたら、犯人の味方をするのか?」と問われ、何も言い返せない黎。

父親のことを隠して来たことを爽はあやまりますが、黎は「ビックリしたけれど、こんなことで嫌にはならない」と言って爽を安心させるのでした。
「やっと最後のピスタチオが割れた」と言って笑う爽。

謎のメール

爽の部屋で、昔の写真を見ながら出会った頃を思い出す黎。

母親を守るためとは言え父親を殺害してしまった黎は、どんな罪にも事情はあり、やむにやまれない事情で犯罪者になった人を守りたいと、弁護士を目指していました。

友達も作らず、誰かと笑い合うことからも遠ざかっていた黎の心を開いてくれたのが爽でした。

改めて、爽にプロポーズをする黎。

すると、黎の携帯が鳴ります。
届いたメールには「庭のお父さんには彼女を紹介しないの?」と書かれていました。

驚いた黎が慌てて帰宅すると、父親を埋めた場所に花束が置かれていました。

その日、死んだはずの父親が家にいて、首を絞められる夢を見ていた黎は、母親の悲鳴で目を覚ましました。
庭でうずくまっている母親。

庭が、掘り起こされていました。

そこには父親の遺体も、一緒に埋めたはずの凶器もありませんでした。

愛してたって、秘密はあるネタバレ1話の感想

いや〜恐かったですね〜!
テンポも良く、ドキドキしながらあっという間の時間でした!

様々な役柄をこなす遠藤憲一さんですが、やっぱり強面の役がピッタリですよね。
エリートで、仕事にも家族にも厳しく、娘の恋人は被疑者のようなものと言ってしまう遠藤さん。
爽がなかなか言い出せなかったのもわかりますよね。

福士蒼汰さんの演技には賛否両論あるようですが、今回の役にはぴったりだなと思いました。
でも、殺人を犯しながら弁護士の道を進むって…。
いくら罪を犯した人の気持ちがわかるからと言って、全ての罪がそうとは限らないし、なにより自分の過去と否が応でも向き合わなくてはならない職業を選ばなくてもと思ってしまいました。

そもそもすぐに出頭していれば、正当防衛になっていたかもしれないのに。
隠してしまったことで、余計に辛い人生になってしまったのではないでしょうか。
「なかったこと」にできる強さやしたたかさを、黎は母親ほどもっていないように思います。
「なっかたこと」には出来ませんしね。

爽役の川口春奈さんは、すっかり綺麗な大人の女性になりましたね!
こんなに可愛い女性を奥さんにできるなら、父親が遠藤憲一さんでも我慢ですね(笑)
今後は色々ありそうなので、黎とのラブラブシーンは今回の回想シーンだけになりそうでちょっと残念です。
黎の過去を知って、爽はどうするのでしょうか?
2人が幸せになる道はあるのか…?

黎にメールを送った犯人は誰なのでしょうか?
・娘である爽を心配する父親の弘晃
・実は爽のことが好きらしい、共通の友人の虎太郎
・黎のことが好きな元家庭教師の女子高生の果凛
・ジャーナリストである爽の兄の暁人

今のところ、この辺が怪しいのかな?と思いますが、今後の展開が楽しみです!

愛してたって、秘密はあるネタバレ1話のあらすじ

弁護士を目指す司法修習生の黎(福士蒼汰)は、同期の司法修習生・爽(川口春奈)と交際中。黎は爽からプロポーズされ、二人は結婚を決意する。幸せな将来に向けて順風満帆な人生を送っているように見える黎。しかし、彼には誰にも言えない秘密があった。

11年前、中学生だった黎は、父の皓介(堀部圭亮)が母の晶子(鈴木保奈美)に激しい暴力を振るっているところを目撃。晶子の命の危機を感じた黎は、とっさに皓介を殴り殺してしまう。黎と晶子は皓介の遺体を自宅の庭に埋めて、黎の罪を隠す。以来、黎の心には常にこの日の出来事が重くのしかかっていた。

黎は、友人の司法修習生・虎太郎(白洲迅)とともに神奈川地検で検察修習中。自分が人を殺してしまったことから、「罪にはそれぞれ理由がある」という信念を持つ黎は、どんな被疑者にも真剣に向き合って事件の真相を探っていく。

そんなある日、結婚の報告をするため爽の実家を訪れた黎は、彼女がずっと隠してきた秘密を知ることとなる。爽の父親は、黎が検察修習をしている神奈川地検の検事正・立花弘晃(遠藤憲一)だったのだ。立花はどんな凶悪犯も落としてきた評判のコワモテ検事。「娘の恋人は被疑者みたいなもんだ」と、取調べのように立花に詰問された黎は、「父親は4年前に病死した」と思わず嘘をついてしまう。

そんな中、黎のもとに不気味なメールが届く。差出人は不明だが、黎が父を殺したこと、父の遺体を庭に埋めたことを知っているようで…。誰かが自分の秘密を知っている…その事実におびえる黎。しかし、不可解な出来事はメールだけに留まらず、次々と黎の身に降りかかってきて…。

<スポンサーリンク>

愛してたって、秘密はあるネタバレ1話の登場人物

愛してたって、秘密はあるの相関図

キャスト一覧

奥森 黎 … 福士蒼汰

立花 爽 … 川口春奈

風見忠行 … 鈴木浩介

立花暁人 … 賀来賢人

安達虎太郎 … 白洲 迅

山田隆也 … 柄本時生

浦西果凛 … 吉川愛

一ノ瀬義男 … 矢柴俊博

井上大吾 … 佐伯大地

香坂いずみ … 山本未來

奥森皓介 … 堀部圭亮

立花 茜 … 岡江久美子

立花弘晃 … 遠藤憲一

奥森晶子 … 鈴木保奈美

この記事を書いた人

koyamaster
ラブコメ、サスペンスどんなドラマも大好きです。 ネタバレ、あらすじ書いてます。読んでね!
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング