このドラマの各話あらすじ、ネタバレ


<スポンサーリンク>

あいの結婚相談所ネタバレ5話

あいの結婚相談所ネタバレ5話のあらすじ

 イケメン僧侶の磯山(石黒英雄)が相談にやってきた。磯山は僧侶とは言うものの、寺に属しておらず、仕事があるときだけ葬儀などに派遣される“マンション僧侶”。そんな磯山が藍野(山崎育三郎)に示した条件は…!?

藍野がお見合い相手に選んだのは、別の婚活サイトに登録中の亜美(中村静香)。しかし、亜美は次から次へと“恋愛弱者”の男性たちを手玉にとり金品を巻き上げる“婚活荒らし”だった。亜美にかかれば、磯山も “新たな獲物”。心の中で「(僧侶なら)稼いでいるはず」とほくそ笑む。

亜美に不審を抱いたシスター・エリザベス(高梨臨)は、真壁(中尾暢樹)、麻理子(山賀琴子)と亜美を調査。2日で5人もの男性から誕生日などと偽ってプレゼントを受けとるなど、“婚活荒らし”亜美の素顔を藍野に暴露する。

しかし藍野は平然そのもの。そこへ“縁切り屋”の麗美(中村アン)が、藍野から依頼を受けていた調査の報告にやってくる。シスターを部屋から追い出し、藍野に色っぽく迫る麗美。覗き見るシスターは苛立ちを募らせるが…!?
その間にも亜美と磯山の関係は急速に進展。亜美の本性は暴かれるのか?そして最後に待つとんでもない大どんでん返しとは!?

何人もの男性とお付き合いをし、プレゼントを貰い貢がせる女性・派遣社員の御子柴 亜美。亜美はブランド物ばかり持っています。
ある日、セクシーでイケメンな僧侶の磯山が毛婚相談所へ相談にやってきます。こんなにイケメンならば出会いがあるのではと思う藍野ですが、磯山はどこかのお寺に所属しているわけではなく、仕事がある時だけお寺に派遣される、いわゆる「マンション僧侶」と呼ばれるものなのでした。普段はマンションで暮らし、仕事のある時だけお寺へ出向くので、そう呼ばれており、非常にリーズナブルな僧侶なのです。磯山の相手として亜美が選ばれるのでした。亜美に磯山のプロフィールを見せると、お坊さんはお金持ちが多くて土地も意外と持っていると思い、食いつく亜美。

シスターは真面目な磯山さんに亜美は合わないし、なんか怪しいと思い、真壁や橘と共に亜美の行動を追うのでした。行動を追っていると一日で5人もの男性と会っていたり、誕生日でもないのにプレゼントを貰っていたり、男性関係がとても怪しいのです。

シスターはこの事を藍野に報告しますがあまり取り合ってもらえず、そんな時に再び麗美が現れ、麗美は亜美や磯山について情報を藍野に与えるのでした。麗美は藍野に対して、亜美は今まで婚約寸前で破棄している事、おそらく金品を買ってもらうだけ買ってもらい、男性と別れている事を報告するのでした。別れさせるのならばいつでもするという麗美に対し、藍野は考えておくと言います。
一方、磯山と連絡を取り合う亜美。どうしても相談したい事があるので規約違反になるけれど、一度直接会いませんかと提案する亜美に、磯山はオッケーするのです。

磯山と亜美は直接会い、プレゼントを沢山買ってもらう亜美。亜美はこんなにたくさん悪いですと言いますが、初デートの記念ですからと言う磯山。
亜美は父の容態が悪く、入院費を滞納していて、今月中には払わなければいけないとわざと嘘をつきます。そんな亜美に「僕に何か出来る事はありませんか?これもご縁ですし、僕たちもしかしたら将来夫婦になるかもしれないんですよ。いくら必要なんですか」と尋ねる磯山。お金をすぐに下しに行き、困ったときはお互い様と言い、亜美に30万ものお金を渡す磯山。
結婚相談所では亜美が男性に貢がせた物を改めて全部見て、カリスマセレブとしてTwitterをしている「シンデレラみーこ」という事が分かります。

麗美が務めるR情報サービスに向かう藍野とシスター。そこには騙されて亜美に貢がされていた男性たちが集まっていたのです。「シンデレラみーこ」のTwitterを見せながら、亜美はセレブなカリスマを演出する為に男性を騙し、金品を巻き上げていたという事を藍野は話します。そんな男性たちに1つ提案をする藍野。

磯山は声が聞きたくなりいきなり亜美に連絡をしますが、亜美は「私達もう会えないかもしれない。少しでも父の傍にいたいんです」とまた嘘をつきます。磯山は「なにか別の理由があるのでは、なにか苦しんでいるのでは。お力になります」と、亜美に言います。亜美は翌日会う事を提案し、二人は再び会う約束をします。

待ち合わせ場所には藍野もいて、藍野は「他も同じような手口で?お付き合いの中で金品を要求し男性を騙して、一定期間を過ぎると突然別れを切り出している」と亜美に言い、また、「Twitterにのっている画像と、男性に貢がせた物が全く同じなのは単なる偶然でしょうか?」と尋ねる藍野。
それでも貢がせていないし、知らないという亜美。そこへ広場には亜美に貢いだ男性たちが勢ぞろいして現れます。藍野は男性たちに集団訴訟を提案していて、今まで貢いだ物を全額取り返すと亜美に伝えます。
男性たちに責められ困ってしまう亜美の元へ、磯山が現れ、「支払った金額は自分が全額返します。どうか許していだたけませんか」と言うのでした。藍野は「それなら告訴を取り下げてもいいのでは?」と男性たちに尋ねると、それならばと皆納得するのでした。

磯山は来てほしい所があると、亜美のおじいさんのお寺へ連れていかれ、磯山の身につけている紋章と同じである事に亜美は気づきます。磯山自身、このお寺で修行していた事があり、その時に亜美の事も何度か見かけた事があることを話します。亜美はそれは人違いであり、結婚したいと思っておらず、モテない男性から金を巻き上げるしか考えてないからとはっきり言います。

亜美は当時付き合っていた男性との妊娠が分かり、婚約をしたが、仕事がハードで体に負担がかかり流産してしまった事、その後婚約を破棄された事を話します。その子供のお墓がこのお寺にあり、亜美は何度かお墓参りにきていたのです。
それからずっと男の人が信用できず、どうでもよく思っていた亜美。今まで男性の事を騙していて集団訴訟にまで発展しそうであったが、亜美の事が好きなので亜美に寄り添っていくと決めた磯山。そんな真剣な思いに亜美は結婚を宜しくお願いしますと答えるのでした。

こんなにも男性から金品を巻き上げている女性が主人公だったので、どうなるんだろうと展開が楽しみで、つい見入ってしまいました。特に貢いでいた男性が勢ぞろいしたり、男性不信があるから貢がせるという行動になってしまったという部分は意外性があり、面白かったです。
また、藍野と結婚相談所のスタッフ全員で歌い踊っている様子も愉快で楽しいものでした。
麗美と都築にはいったい以前何があったのか、藍野と麗美の関係はどうなっていくのか、再び麗美が結婚相談所の邪魔をしてくる事はあるのか、まだまだ見どころが満載です!

あいの結婚相談所の見逃し配信

あいの結婚相談所はどんなドラマ?

成約率が100%でその代わりに、高額な報酬200万円を要求する結婚相談所。

はたして、これは詐欺なのか?まっとうな結婚相談所なのか?

所長役にミュージカル界のプリンス山崎育三郎。

シスター役に高梨臨が演じます。

毎回、おかしなミュージカル風になって山崎育三郎の魅力が炸裂しているドラマです。

あいの結婚相談所ネタバレ5話の登場人物

あいの結婚相談所 相関図

あいの結婚相談所のキャスト

藍野真伍(あいの・しんご)………山崎育三郎

シスター・エリザベス/猪田花子(いのだ・はなこ)………高梨臨

都築賢一郎(つづき・けんいちろう)………鹿賀丈史

土師野郁江(はしの・いくえ)………前田美波里

真壁男夢(まかべ・あだむ)………中尾暢樹

橘シャーロット麻理子(たちばな・しゃーろっと・まりこ)………山賀琴子

金城麗美(きんじょう・れみ)………中村アン

この記事を書いた人

あいの結婚相談所
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング