このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

原田泰造の主演ドラマが秋のドラマとしてBSプレミアム日曜夜10時からスタート

人生が四面楚歌となった主人公の武は自分の人生から逃げてやり直すことを決心した男の物語。

 

見逃した方は、無料で全力失踪を見る方法も解説してます。


<スポンサーリンク>

全力失踪はどんなドラマ?

妻からも、娘からも蔑まれ

会社からも戦力外通告。

手を出した不動産投資もうまくいかず

逆にローンを払えず闇金に手を出す。

人生が四面楚歌となった主人公の武は自分の人生から逃げて

キレイさっぱり人生をやり直すことを決心。

ある老婆から教わった方法で人生をやり直すことに。

全力失踪ネタバレ1話のあらすじ

契約社員の磯山武(原田泰造)は、無期契約を打診され、正社員への道を絶たれてしまう。家では妻の聖子(緒川たまき)に上から目線で指図され、娘・ななみ(鈴木梨央)からは軽蔑される毎日。一発逆転を狙い妻に内緒で始めた不動産投資は、購入物件に入居者がつかず、負債の穴埋めに借りた闇金の利子は膨らむいっぽう。そんなある日、ひよんなことで家から閉め出された磯山は、不思議な老女(江波杏子)と遭い、奇想天外な大変身をとげる!?

<スポンサーリンク>

全力失踪ネタバレ1話

どこにも居場所がない男

東京都赤羽区で暮らす磯山武(原田泰三)は、妻の聖子(緒川たまき)と娘のななみ(鈴木梨央)と三人暮らし。仕事で遅くに帰って来て倒れるように寝ていても、朝から非難ばかりされ肩身の狭い生活を送っていました。妻の聖子は教育ママで、娘の中学受験に向けて学校より塾を優先。塾の宿題をさせる為に、学校は休ませます。そんなに高い塾に無理して通わせなくてもと言う武に聖子はお金を払っているのは自分と言います。妻にも娘にも無視をされ、家の中に自分の居場所を見出せない武。
武は現在の会社城西フーズに契約社員として勤め始めて5年。営業成績は断トツで悪く、たまに話題を振られるものの挨拶しても返してもらえずにいました。
一方聖子は旅行代理店で契約社員として勤務。部長から接待に参加するよう誘われますが、今日は娘の誕生日だからと断ります。

利用され、全てが上手くいかない武

外回り中に妹のえり子から父親の件で今から老人ホームまで来て欲しいと電話がかかってくる武。仕事中ですが、老人ホームに向かいます。不動産投資はどうなっているのかと訊ねるえり子。現在父が入っている4人部屋が問題だらけだから、せめて2人部屋に移してあげたいというのでした。「でも、認知症だからな」と渋る武。月々3万5千円ほど上がると言うえり子に、武は出せないと言います。そして、不動産投資は聖子に内緒でしていることがえり子にバレてしまうのでした。途中、不動産屋から電話があり、父には会わずに向かう武。
購入したマンションの借り手が見つかったという電話でしたが、走って行ってみるとたった今キャンセルになったと言われてしまいます。マンションのローンを返済する為によそからも借金をしているという武ですが、あと1万家賃を下げればねーと、言われてしまいます。それでは赤字な武。
その後、営業先の居酒屋に向かう武。鶏肉の発注を受けるも国産ではないなら3割引にするように言われます。さらには、休んだバイトの代わりに掃除をさせられる武。すると今度はスーパーの店長から電話が。仕入れたカニクリームコロッケが全く売れないため返品したいと言うのです。それを踏まえて2割引で案内したと主張する武ですが、跳ね除けられてしまいます。
自分で持ち帰る武。途中の公園でうっかり眠ってしまいます。ボールをぶつけられ起きた武は、時計を見て大慌て。急いで取り置いてもらった娘の誕生日プレゼントの時計を取りに行きます。
会社に戻った武は、カニクリームコロッケは自腹だと言われます。さらに人事から正社員にする話は無くなったと言われ、代わりに無期雇用契約になると言われてしまうのでした。同僚からも心ない言葉でからかわれる武。
そして、沢山の荷物を抱えて疲れて帰るも、娘は先にケーキを食べており、渡した誕生日プレゼントもこれは違うと言われてしまいます。友達とお揃いじゃなきゃ意味がないと言う娘。そして、今から走ってお店まで行って換えてきてと妻と2人で言ってくるのでした。逆らえない武は走って時計屋まで向かいますが、欲しかった時計は売り切れてしまったとのこと。代わりに7万5千円もする時計を勧められます。
その帰り道、今度はローンの支払いのためにお金を借りている会社から電話が。十一の利子を払っていない、借金は全部で300万を超えていると言われます。そして、利子分は貸しておきますから、今すぐ会社に来るようにと言われてしまうのでした。
言われるがまま、利子分として10万円を借りてしまう武。マンションを買うのに2千万もローンを組んでしまっているのでした。すっかり闇金にも目をつけられてしまった武。
その頃家では、聖子がななみに厳しく勉強するように言っていました。お父さんみたいになっちゃうわよと脅す聖子。それに対し所詮2人の子だしと言うななみ。ななみは気が散るから部屋で勉強すると言ってその場を立ち去ります。

偶然の再会、運命の出会い

一方、武はどうしようもない現状に途方に暮れていると、偶然同級生の栗林と再会。車に乗れよと言われて言われるがまま会員制のバーに連れて行かれます。そこで、大学卒業後の事をざっくり話す2人。転職を繰り返した武に対し、栗林は年商20億稼いでいると言います。そして、今のお前は何なのと聞かれ、答えに窮してしまうのでした。つまんない人生送ってきたんだなと言われてしまう武。栗林は知り合いに声をかけられ、一旦席を外します。
カウンターに座っていた老女(江波杏子)に呼ばれる武。死相が出ていると言われてしまいます。そして、どうしても無理だと思った時に開けるようにと封筒を渡されます。すぐに開けてはダメだとも。
家に帰ると既に鍵が閉められていました。そして、武が作ったボトルシップがゴミ袋に入れられて庭に。すると電話をしている聖子が二階から降りてきました。武が庭にいることに気付かずに話し続ける聖子。聖子は武のことをATMどころか貯金箱にもならないと言い、離婚は子供がいるからしないけれど、一生かけて償ってもらうか今すぐ死んでもらわないと割に合わないと言い捨てるのでした。
結局家に入れず、老人ホームに行った武。眠る父に向かって、母と結婚して幸せだったかと訊ねます。そして、自分は家族のために一生懸命やって来たと思っていたと言います。家族のみんなが幸せなら自分が我慢すれば良いだけのことだと。もう同じレールの上は歩けないとも。俺は人生を乗っ取られたままでいなきゃいけないのか、という武。そして何のために生きているんだと言い残して老人ホームを出ます。
ベンチで1人、今日1日を振り返る武。今日1日で言われたことや起きたことがフラッシュバックします。そして、どうしても今の自分に耐えきれなくなった時に開けなさいと渡された封筒を開けてしまうのでした。すると中には1冊のノートが。それを読む武の表情はみるみる変わっていきます。
翌朝、ゴミ出しをする聖子。玄関にプレゼントの時計が置いてあるのを見つけます。
一方、武は会社に堂々の遅刻。そして、暴れまわり言いたいことを全て言い切ってすっきりし、退職するのでした。昨日開けたノートのことを思い出す武。そこには完全失踪の手引きが記されていました。そして、7年失踪したままだと、失踪宣告の申し立てをすることが出来るというのでした。
まずは金沢へ旅立とうとする武。そんな武を後ろから見つめる1人の女性が…。

 

全力失踪ネタバレ1話の感想

こんな風に家族に疎まれて会社でも馬鹿にされて、それでも家族のためと思って我慢して生きていくくらいなら、さっさと自分のために好きなことをする人生を歩いた方がいい!と武を応援したくなりました。もちろん武自身にも問題があるし、勝手に相談もなく借金をされるのは困りものですが…。これからそんな武が失踪しながらどう変わっていくのか、とても楽しみです。

全力失踪の1話の見逃し配信の情報

全力失踪の1話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

→無料で全力失踪を見る(U-NEXTへ)
全力失踪

全力失踪ネタバレ1話の登場人物

全力失踪の相関図

キャスト一覧

磯山武…原田泰造

磯山聖子…緒川たまき

磯山ななみ…鈴木梨央

芹沢圭介…勝村政信

高峰俊雄…手塚とおる

磯山紘一…辻萬長

謎の老女…江波杏子

この記事を書いた人

この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング