このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

NHKドラマ10で9月15日から竹野内豊さんが主演で朗読教室のドラマがはじまりました。

8日スタートだったのですが、地震の報道で途中まで放送したのですが延期になりました。

脚本家は、大森美香さんです。連ドラの朝が来たで有名な方ですね。

ドラマ10は少しおとななドラマになりますので、期待したいです。

この1話の動画を無料で見る方法も解説していますよ


<スポンサーリンク>

この声をきみにはどんなドラマ?

大学で数学を教える穂波 孝(竹野内 豊)は、偏屈でさえない46歳。話すことが苦手で、学生からの人気もない。愛想を尽かした妻・奈緒(ミムラ)は子供と出て行ってしまう。ある日、学部長から「話し方教室」へ行くよう命じられた孝は、講師の江崎京子(麻生久美子)と出会う。「こんな偉そうな女に教われるか」という孝に、「つまらない男」と言い放つ京子。彼女の上司・佐久良(柴田恭兵)が仲裁に入るものの、険悪な雰囲気でふたりは別れる。しかし数日後、思わぬ場所で再会する。それは、町はずれの小さな朗読教室だった

つまらない男の話ですが、竹野内豊さんが演じるとつまらない男に見えないのですが

みんなから、つまらない男と思われている自分を克服するために朗読教室に通うことになります。

もう46歳までつまらない男できたんだから、もうそのまま生きていけばいいと思いますが

変わらないと人生がひらけない、にっちもさっちもいかない状況なのでしょうか?

ミムラさん演じる嫁に逃げられるようですが、嫁と子供に帰ってきてもらうために?それとも学生たちに高評価を得るために?

男一人で自分で自分の人生を46歳にして再び切り開いていくパワーはそうとう大変な気がしますが

このドラマを見てパワーをもらいたいですね。

ひそかに、朗読教室が流行っているらしいのですが?

本当でしょうか?近所に朗読教室なんて見たこともありません。

見たこともありませんから、どんな授業なのか?気になりますね。

そして、そこに集まる人はどんなキャラの人たちなのか?

おじいさんのイメージがありますが、流行っているということは若い男女もくるのでしょうか?

今までにない、感じもしますが、話の骨組みはシャルウィーダンスのような展開じゃないかな?

この声をきみに9月15日放送の1話

穂波孝(竹野内豊)は、偏屈な数学科の准教授。話すことが苦手で、学生からの人気もない。愛想を尽かした妻・奈緒(ミムラ)は、子供と一緒に出て行ってしまう。高校生向けの公開授業では、サービス精神のかけらもない講義をして、孝は話し方教室へ行くように命じられる。そこで講師の江波京子(麻生久美子)と思わぬことで口論になり、京子の上司・佐久良(柴田恭兵)になだめられる。数日後、孝は京子と意外な場所で再会する…。

1話の朗読作品
「生きる」作・谷川俊太郎
「くじらぐも」作・中川李枝子 絵・柿本幸造
「恋のわらべ唄」作・寺山修司

<スポンサーリンク>

この声をきみにの1話の見逃し配信の情報

9月15日に放送された、この声をきみにの1話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

この声をきみにネタバレ1話の登場人物

この声をきみに相関図

キャスト一覧

穂波孝…竹野内豊

江崎京子…麻生久美子

孝の家族・友人

穂波奈緒…ミムラ

穂波定男…平泉成

八坂淳子…仁科亜季子

東原正規…松岡充

朗読教室『灯火親』の人々

佐久良宗親…柴田恭兵

福島邦夫…杉本哲太

磯崎泰代…片桐はいり

柏原喜巳子…堀内敬子

稲葉実鈴…大原櫻子

河合雄一…戸塚祥太

熊川絵里…趣里

この記事を書いた人

KingY
テレビ好きによるテレビ好きのためのサイトです。このサイトのオーナー。 ネタバレのライターさんと共にサイトを運営しています。
この声を君に1話
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング