このドラマの各話あらすじ、ネタバレ

前回、個性的な生徒さんたちと出会い、京子さんの朗読に惚れ込んでしまいました。

この声をきみにの4話では、妻との離婚協議になります。

このページはこの声をきみにの4話のネタバレ記事になります。

この4話の動画を無料で見る方法も解説していますよ


<スポンサーリンク>

この声をきみにネタバレ4話のあらすじ

孝(竹野内豊)は家族とよりを戻すため、長男・龍太郎が大好きな詩「くじらぐも」の朗読レッスンに打ち込む。しかし、空飛ぶクジラを非現実的だと思う孝は、詩の世界に入り込めず、悩んでしまう。そして、龍太郎たちと会う日がやって来る。心配する京子先生(麻生久美子)は、孝がいる公園に足を運ぶ。すると、同じように様子をうかがう奈緒(ミムラ)の姿を見つける。みんなが見守る中、孝の朗読が始まると、奇跡は起こった…。

「くじらぐも」作:中川李枝子/絵:柿本幸造
「山椒大夫」作:森鴎外

<スポンサーリンク>

この声をきみにネタバレ4話の登場人物

この声をきみに相関図

キャスト一覧

穂波孝…竹野内豊

江崎京子…麻生久美子

孝の家族・友人

穂波奈緒…ミムラ

穂波定男…平泉成

八坂淳子…仁科亜季子

東原正規…松岡充

朗読教室『灯火親』の人々

佐久良宗親…柴田恭兵

福島邦夫…杉本哲太

磯崎泰代…片桐はいり

柏原喜巳子…堀内敬子

稲葉実鈴…大原櫻子

河合雄一…戸塚祥太

熊川絵里…趣里

この声をきみにネタバレ4話

家族を取り戻したい孝

孝は息子と面接したときに読んであげるための〝くじらぐも″の朗読を京子と2人で練習していた。京子に「想像しながら聞いてみてください。」と言われ考えるが、孝にはそんな想像力はなかった。言い争いながらも練習する2人のやり取りを朗読教室の他のメンバーたちは微笑ましく見ていた。すると声優志望の実鈴が慌てた様子で教室内に入ってきた。「声優のオーディションを受けられることになった、この勝負にかけてみます。」と興奮気味に決意を述べた。偶然にも実鈴が受けるオーディションの日、孝は子供達との面会の日だった。孝も心の中で〝僕もこの日に懸けてみよう、家族をもう1度取り戻せるのかどうか″と思っていた。

孝が受けた衝撃

離婚調停に行く気がなかった孝だが、「くじらぐもの想像をしようとしても奈緒の声が響いて想像できない。」と言い離婚調整に出席することにした。離婚調停では調停員に〝一緒に住んでいながら4ヶ月もの間娘の喘息に気付いていなかったことや奈緒がメンタルクリニックを受診している話″を言われた。孝は驚きが隠せなかった。帰り際、疲れ切った表情の奈緒を見て孝は初めて奈緒の気持ちを想像した。

あまりにも衝撃を受けた孝は元気が出なかった。朗読教室ではメンバーたちが楽しそうにくじらぐもの朗読と想像をしていた。元気のない孝の様子に京子と福島は気付いていた。福島は1人外にいる孝に声をかけた。孝は「みんなに意見してもらって申し訳ないが、僕には朗読は向いてないような気がする、人の気持ちを想像するのが怖い。今更どうあがいてもあの時間は戻せない…。」と福島に打ち明けた。京子は黙ってその様子を見ていたがたまたま帰ろうとしていた実鈴に「向いてないとか言わないで。」と言った。福島は焦って実鈴に帰るよう促した。孝と2人きりになった京子は「朗読は声だけで世界を想像する、どうしたらこの思いを伝えられるのか、すると聞き手も想像する。朗読があれば私たちは声でつながることが出来る。」とアドバイスした。孝は京子の言葉に勇気をもらった。

運命の勝負の日

子供たちと面会をした孝はくじらぐもを読んであげることを決意した。孝は懸命に読んだ。子供たちは楽しそうに孝の朗読に聞き入っていた。そんな孝と子供たちの様子を京子は遠くで見守っていた。奈緒も遠くでその様子を見ていた。京子は〝私、何しているんだろう…″と思いながら帰っていると非通知設定から着信が来た。京子は不思議に思い出てみたがすぐに電話を切った。何かに怯えているようだった。
孝は娘のまいかからお母さんへの思いを涙ながらに告げられた。まいかは「お母さんの見方でいたい。」と強く言った。その言葉に対し孝は「お母さんの見方でいてくれよ、そうすればお母さんも心強い。」と言った。まいかは「うん。」と笑顔で答えた。
帰宅した孝は〝奈緒の心にもポッカリがあるかもしれないと、なぜ僕は1度も想像できなかったのだろう″と思い4人で写っている家族写真の前に外した結婚指輪を置いた。

京子の声の変化に違和感を感じる孝

朗読教室で実鈴は佐久良に「オーディション落ちてしまった、私はもうだめです。」と悩みを打ち明けていた。すると「1回で受かろうなんて難しい。しかし情熱がなければもうダメだ。」と言われた。実鈴は「情熱なら誰よりもある。」と言いやる気を取り戻した。
そんな中朗読教室に1本の電話が入った。佐久良に出るよう頼まれた孝は電話に出た。相手は京子だった。孝はいつもと様子が違う京子の声に違和感を感じていた。

この声をきみにネタバレ4話の感想

孝は初めて奈緒の気持ちを想像しました。想像すればするほど自分が嫌になっていく孝はついに結婚指輪を外してしまいましたね。あんなに離婚を拒んでいた孝ですが、離婚しようと決意したのでしょうか?一方京子には謎の非通知設定での着信が。怯えているような京子でしたが京子にいったい何があったのでしょう?そして京子の変化に気付いているような孝でした。孝は何か行動を起こすのでしょうか?来週がとても気になりますね!

この声をきみにの4話の見逃し配信の情報

この声をきみにの4話を見逃してしまっても、オンデマンドサービスを使えば簡単に無料でご覧いただけますよ。

U-NEXTはあの大手のUSENが運営する国内最大級のオンデマンドサイトです。

たくさんのドラマの見逃し配信をやっていて、これほどドラマを取り揃えたサイトはありません。

 

なんと!31日間無料お試しをやっています!

 

過去に放送されたドラマもありますし、映画や海外ドラマも人気作品が見放題です。
 

 
※一部の有料作品は登録時の600ポイント(600円相当)を使えます

31日間ギリギリまで利用してやめることもできます!

ちょっとした裏技です!賢い人はやっている!


→無料で「この声をきみに」の見逃し配信を見る


→無料で「この声をきみに」の見逃し配信を見る

この記事を書いた人

この声をきみに4話
この記事が気に入ったら いいね!しよう


今日は何位かな?

ドラマランキング